日本の武器兵器

日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。

全体表示

[ リスト ]

防衛懇話会に防衛省から女性課長が来て題目の内容を説明した。
今まで人事の話は聞いたことはない。女性の講師は初めてだ。
港区から6名参加した。「防衛力を支える人的基盤について」
イメージ 1
いわゆる戦闘能力とか練度のような兵士的独自の要素を除くと
以下の三つのことがあげられる。
1、女性の登用、現在は6%だが9%が目的だ。潜水艦のみ女性は
進出してない。
2、採用が年々難しくなる。景気が良いと応募が少ない。
なんと国家公務員の約半分弱が自衛隊員だ。
3、定年が早い兵士層の再就職問題。非常に難しいそうだ。

質問した。
日本はいつも書くが資格の国、社会だ。就職をする、仕事をするは
資格があるかないかで決まると言っても良い。自衛隊員は資格を
持つような仕事が多いが、他省との関係で資格になってない人たち
が沢山いて損をしているのではないか。省としての方針や対策は何か?

メディクは昨年、福岡で観た訓練のように医療派遣の現場には
必でしかも熟練しているが、厚生省の資格にはなってない。
可哀そうではないか。

安部さんに言うなら、「待て来年早々にはみんな必要になる」と答える
かもしれない。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

>メディクは昨年、福岡で観た訓練のように医療派遣の現場には
必でしかも熟練しているが、厚生省の資格にはなってない。
以下、略。

現在、官公庁で自前の医療従事者を養成しているのは、法務省矯正局=刑務所や拘置所と自衛隊のみです。矯正局は八王子医療刑務所准看護師養成所を設け、刑務官から、選抜された看護要員を養成していますが、医官などは招聘です。

しかし、自衛隊はその任務上、自己完結性を要求され、医官や看護要員を自前で養成しています。唯、医官は別ですが、看護要員は、自衛隊法の改正等から、防衛医大内に看護学科学生を設け、それまでの中央病院と防衛医大内の高等看護学院を統合しています。

即ち、看護要員の養成と言っても、任用後は曹長で、その後は幹部自衛官(技官任用の場合は、医療職技官)と言う訳です。ですから、2士からの叩き上げと言う訳では…。

2017/12/6(水) 午後 9:04 [ th3**3 ] 返信する

顔アイコン

この点、民間の診療所や病院の方が柔軟性があるかも知れません。
何故なら、全く医療資格を有さないものの、看護助手として、入職。働きながら、准看護師養成所に通い、准看資格を取得。その後、正看護師への道を歩む事が可能ですから。

但し、是はしんどい道で、幾ら、職場の支援があるとは言え、それなりの覚悟と決意が必要です。小生もそれなりの道を乗り越えましたが、同期には、高卒どころか、中卒後、決意と覚悟の上、この世界に足を踏み入れた年若き女性が居ました。

年若き同年代の方々は散々遊んでいる中、看護助手としての厳しい職責と学業を両立させながら、試験に合格し、准看資格を得ました。そして、現在、公立病院に勤務されていますから。

2017/12/6(水) 午後 9:05 [ th3**3 ] 返信する

顔アイコン

> th3**3さん
情報ありがとうございました。是非、世のため高度な
医療技術を身につけてください。平和日本、災害、有事、
何が起こるか予測もつかないが、パニックになることは確か。

2017/12/7(木) 午前 9:04 [ japaneseweapons ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事