日本の武器兵器

日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。

全体表示

[ リスト ]

今度はガイドがいない。
一昨日は以前、タケちゃんが案内してくれた、山を下った辺りを
観たが、まるでイノシシが来ていた様相は見られなかった。

昨日、反対側もっと高度の高いところに行くとすこし雪は残って
いたが、あちらこちら掘り返しがあり、地元で箱罠すら設置して
あった。
つまり反対側から来ていたのだ。
日没が5時35分なので、銃を車の中に片付け、弾丸は箱に入れ、
家に半ごろ戻ってきたら、道路反対側の松の木の下に動くものが
双眼鏡でみたらまぎれもないイノシシだ。距離100m。
60kgはあろう。しきり掘ったり歩いたしていた。

車がら銃を出し、弾を出し、装填していたら、いなくなった。
残念だが、装填してまま車のなかに銃を置いておくのは
危険だ。わずかの差であったが、アドレナリンが出た。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事