日本の武器兵器

日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。

全体表示

[ リスト ]

新入学、新入社員の季節となった。
昨日は午前、栃木に射撃に行き、ホローポイントとフルメタルの2種
のライフル弾を打ち分けてみた。
11月に100mくらいの距離で、2回うち漏らしたからだ。

実験は100m標的を2枚左右にはり、5発づつ打ち分けて行く
方式で、各々15発。30発が限度だ。
弾痕も2種の弾丸ではまったく違う。ホローはスポンと抜けている。
メタルはぎざぎざが付く。

命中度も違う。
フルメタルでは全部6点以内、上位10発で89点。
ホローは手詰めしてもらったものだが、3発がボルトが落ちにく
かった。ヘッドスペースに不自然さが残る。この3発は〇を外れ
点数は10発70点だが、75%以上が右だ。薬量が多いのか?

これは専門家に聞いてみないとわからないが、100mさきで猪の
首を狙えば、鼻先を通過する感じになったわけだ。

昨年はメタルで82点だったから、古文書にあるように80歳まで
点数は上がるというのはまんざら嘘ではない。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事