日本の武器兵器

このブログは引っ越しました:http://japaneseweapons.blog.fc2.com/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

防衛研究所、理論部長の室岡 鉄夫氏のお話とそれで考える
ことだ。

今日の防衛懇話会座談会は会長の今井 均氏も出て、盛況であった。
室岡氏は現代韓国論で著名な方で、標記の題目に関して1時間
スライドを用い3つの要素から話された。
1、は北の現状と施策の定義からだ。
北は並進主義で経済と核とミサイルを同時に行う。
後者に関してはすでに勝利宣言をしている。
更に非対称な戦略だ。
複葉輸送機による特殊部隊の侵攻などがその例だ。
イメージ 1
アントノフ2 1947型
2、南の軍事は政権の北より施策で、休戦ラインあたりの警備が
手薄になりつつある。ミサイルは弱い面もあったが、サードなどの
配備で中国の反感をかった。韓国の潜在的脅威は、北のみならず
中国、日本まであり、在韓米軍はずっと後方に下がった。
また平和的統一は南の主題でもある。ようするに絞られてない。

3、北の非核化は米朝会談はあろうが、簡単な目標ではない。
米朝会談、米のトランプさんは少し楽観的かもしれない。

以下、お話から感じたことであるが、南の政権が北に気持ち悪い
ほど向いている現在だが、北は何も変わってない。
この結末がどうなるかは分からないが、南が近代的な思考や
論理を確立し、国際的な外交関係を強固にしなければ必ずや
北に併合され、日本の隣国,朝鮮半島全体は世襲制の核武装国になる。

開く コメント(3)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事