ジビエ料理&ハンティングのシェフブログ

ジビエ料理専門店「アレコ・レーノ」のシェフブログ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1350ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


ヴィンテージが
ぶどうの収穫年を表すことは

今ではほぼほぼ常識として定着した感が
ありますね

つまりこれは2014年に収穫したぶどうの
表示です


イメージ 1



ワインには長期熟成してから飲んだ方が
美味しいという考え方と

新しいうちに飲んだほうが良いとする
考え方など

人によってその楽しみ方は
じつにさまざま

しかもどちらも間違いでは
ありません


偉大なグランヴァンの多くは長期熟成に重きが置かれる
傾向にありますが

それとてぶどうの出来次第では
同じ銘柄のモノを同じ年数寝かせたからとて

同じ味になることは絶対に
ありません


しかもフランスワインの多くは
アッサンブラージュ


その配合比はヴィンテージごとに
異なりますし

あくまでも上出来なワインどうしの
ブレンドですから


厳密にはヴィンテージごとに品質が違って
あたりまえですね

その味わいを偉大なエチケットの名を
汚さぬよう

例年ほぼほぼ変わりなく仕立て上げるのが
醸造家の役目であり

醸造所の責任とも
申せましょう


しかしながらそんな
うんちくよりも

自分の好みのワインを見つけて
とにかく飲む

これがワインの一番楽しい
飲み方ですね

価格だとか銘柄なんてものは
まったく気にせず

とにかく自分の好みのものを
好きなだけ飲むことです


先にアップした2014年のワインは
こちらです

イメージ 2



これなどはもっと寝かせないと
もったいないという方もおられますが

それはあくまでも飲み慣れた方の
発想ですね


誰しもまずはこの銘柄の若いワインの味を知るところから
始めないと

「寝かせる」という域には進めない
わけです

いや
もっと極端に言えば

この銘柄に使われている生のぶどうを口に入れるところから
始めないと

この銘柄の味を
すべて知り尽くしたコトにはなりませんね

しかもそのぶどうの出来はその年によって違う
わけですし

実際にこのエチケットが
付けられる為には

別々に仕込まれた複数の品種の上出来なワインを
混ぜ合わせるわけですから

本来であれば別々に仕込まれたその上出来なワインすらも
口に含ませなければ

この銘柄のなんたるかを知り得たコトには
ならないのです


こう考えるとたかだかぶどうの汁ですが
とんでもなく深く

そしてとんでもなくハードルの高いうんちく性を秘めていると言って
言い過ぎではないでしょう


しかも飲むワインの素性が明らかであれば
あるほど

その味わいの真実性は
担保されます

イメージ 3
[ちなみにエチケットが汚れているのは 注いだ後に垂れたから(笑)]


こちらは同じ時間に開けた
米国産のシャルドネ

イメージ 4



フランスのグランヴァンにまったくもって引けを取らない
そのクオリティには

いささか驚かされます

カリフォルニアやチリは近年その
品質が

恐ろしいまで上質なものに
なりました

いやコストパフォーマンスに於いても
品質に於いても

もはやヨーロッパを凌駕していると言っても
過言ではないでしょう



いささか拍子抜けするような若々しさの中にも
リッチなアロマがあり

時間と共にメープルのような香りを紡ぎ出す
ムートンの気品ある若さ

イメージ 5




'16年のキスラーは
まずは飲んでみるべし

イメージ 6



その奥深く高貴な
味わいは

醸造家の情熱を居ながらにして
日本で味わえる

至福の時間を過ごせるコト
間違いなし

イメージ 7



もしもワインを楽しむコツなるものが
あるならば

それはややこしく理屈っぽいうんちくを
知るよりも

ピンもキリもまずは飲み倒すのが
一番

なんたってワインは単なる
農産物


言い換えればワインの
うんちくなんてものは

農家のおっさんがジャガイモの講釈を
延々と語るようなもので

そんな話はおなじ価値観を共有した者どうしにしか
分かり合えないものなのでございます


ビールも日本酒も
そうですが

飲んで楽しく
酔うごとにほがらかな時間を過ごせる

それがアルコールとの付き合いの
一番と申せましょう(^◇^)





この記事に

開く コメント(3)[NEW]


<北海道地震>「セイコーマート」95%が営業できた理由は

毎日新聞 9/17(月) 9:08配信

    北海道胆振地方を震源とする最大震度7の地震で道全域が停電し多くの商業施設が休業した6日、道内に1100店舗(8月末現在)あるコンビニエンスストア「セイコーマート」(札幌市)は95%以上の店舗が営業を続け、被災直後の道民の生活を支えた。運営会社セコマによると、停電に備えた端末や対応マニュアルがあり、これまでの災害で見直しを重ねてきたことが生かされた。【日下部元美】

 セコマの説明では、地震後に営業を停止したのは約50店。未明の地震で街灯や信号機が消え真っ暗になる中、営業していた店のレジには市民が長蛇の列を作り、パンや電池、飲料などを買い求めていた。

 コンビニチェーン店は停電でレジが使えず、休業したところが多かった。一方でセコマによると、同社は停電の際は車を使って最低限の電源を確保することがマニュアル化されている。更に、近くに車が置けない場合やガソリンがない場合を想定し、電気や通信回線が使えなくても使える小型会計端末を全店舗に配布していた。

 停電などに備えたマニュアルは、道内の暴風雪被害や東日本大震災、2016年の台風被害などのたびに見直しを重ねてきた。

 また、特徴である店舗内で調理した弁当などの商品を提供する「ホットシェフ」で、おにぎりなどを提供している店舗もあった。多くの店舗にガス釜があり、停電中も炊飯が可能だったという。

 これらの動きに、ネット上では「神対応」「さすが道民のセコマ」と称賛する投稿が相次いだ。

 人口密度が低く少子高齢化も著しい道内は、商店街の衰退やスーパー撤退が進み身近にあるコンビニ店が重要なライフラインとなっている地域が少なくない。

 セコマは道や道内各地の自治体との間で、災害時に食糧や応急生活物資を供給する協定を結んでおり、今回も地震直後からパンや飲料水、菓子類などを提供した。

 一方で地震により札幌市の物流センターの設備が一時損傷。食品製造工場の稼働が一時停止し、店内の商品棚がほぼ空っぽになったこともあった。

 11日までに通常の納品量に戻り店内の様子も通常に近づいたが、棚の一部には空いたスペースも見られる。同社は「商品の量は回復してきているので、買いだめなどの心配をしないよう協力してほしい」と呼びかけている。



イメージ 1





すばらしい
素晴らしい企業理念だぞ

セイコーマート


この記事に

開く コメント(5)[NEW]


昨日のブログにとある
お方から

このような内緒コメントを
頂戴致しました


シェフ、お手数ですが別記事を起こしていただけないでしょうか
プロ(建築の方)の考え方を参考にしたいです


つまり液状化現象が起こった場合に傾くような家を
なに故に作ったのか?という疑問のようです


全国的にも春日部村の住民にも
あまり知られておりませんが

春日部村のエリアはかなりの
範囲に渡り

地震の際に液状化現象が起こる予想が
されております



それもほとんどのエリアが
危険度「かなり高い」「高」指定という素晴らしさ(^_^;)


ウチは村役場に極めて近い場所に
あるので

認定危険度は

「高」


つまり北海道地震で起こったようなレベルの
液状化現象が起こる可能性が

極めて高いことを
意味します


イメージ 1
(写真は産経ニュース 2018.9.10 23:14配信の 札幌市清田区)


そこで耐震性というものが
重要になるのでございますが

このような軟弱地層帯で構造物の耐震性を
高めるためには

岩盤層や固い支持地盤まで届く
基礎杭を打ち込む事がベストとなります


イメージ 2
(ネットからお借りした写真)




しかしこの杭工事
金額的に馬鹿にならない数字が必要となります


では耐震性の目的は
何でしょう


第一が
倒壊による人命保全

そしてその次が
建物や家財を含む財産保全ですね


つまり家が崩れて下敷きになることを防ぐことが
一番で

あわよくば家も壊れないで済むという
コトでしょう


しかし自分の家は傾かないまでも
周囲の地盤がどうなるのかは誰にも予測が付きません

それをまざまざと見せつけられたのが
今回の北海道地震ですね

イメージ 3
(写真は産経comより 札幌市清田区)


残念なコトにわたしの居住するエリアは
このような局地的な液状化ではなく

村内全域がこのような事態になることが
予想されているわけです


言わば自宅が杭の上に
残ったとしても

周囲は自宅敷地も道路も
ぐちゃぐちゃ

都市ガスの管や給排水管が
破断する可能性も大でしょうし

過大な液状化をもたらす強震が
建物を襲った場合

いかに耐震性を高めた木造家屋でも
柱や壁の接合面の歪みやひずみは避けられません

また周囲の地盤復旧が自治体や国の力で
なされたとしても

自宅にまつわる部分の点検や修繕は
個人の負担です


わが家は今から16年前に
新築したのですが

わたしはそのときに
自分なりの計算式でモノを考えました


それは


建物自体の耐震性は必須なので
それは取り入れる

しかし基礎杭は打たないで
ベタの直接基礎とする



加えて地震による倒壊のリスクは
瓦屋根だと高くなる

そこで頭を重くする瓦屋根を
排除し

頭の軽いトタン葺きを
採用

瓦は
断熱性が高いのですが

現代は断熱材の発達により
あえて瓦を断熱材として採用する理由は見当たりませんし

トタン屋根のほうが
低コストです


しかも屋根が軽い分
地震時の建物の振れ幅を低く抑えられます


かつ天井材が直撃するのを
避けるため

自宅空間の全てには
天井裏を隠すための天井なるものを採用しておりません


見上げればそこは断熱材で仕切られた
いきなり屋根というわけです

高断熱材を使用することにより
雨の音もほぼしません


イメージ 4


なので自宅の天井高は
3,320mm

これにより頭上から崩れてぐしゃっとなるコトが
低く抑えられているのでございます

唯一のデメリットは
空間容積が大きいために

エアコンは家庭用に用意されている最大容量のものが
必要になりますので

機材を購入する初期費用は
どうしても高額になってしまいます


しかしながら小さな容量のモノを冷暖房共
最大出力で使うより

高出力のモノを中程度で使用
し続けるほうが

機材は長持ちするという
相殺面も生まれます


いつ起こるか分からない
地震ですが

すでに建物は建築時から
16年が経過


はたしてあと何年後におそろしいほどの
強震に見舞われるのかは想像も付きませんが

わたしはその時点で多大な修繕費用をかけて
古くなった家を改修するよりも

手っ取り早く新築し直したほうが早いと
判断したわけです

いや私の余生を考えると建て直しなどせず
更地にし

こじんまりとしたマンション暮らしも
選択肢として出てくるコトも考えたのでございます


つまり時と場合によってはこの住まいと
土地を放棄し

余生を考えた住まいのあり方を
模索しなければなりません



早い話が
建物の使い捨てですね


当然この考え方は若い方には
当てはまりませんし

わたし自身の価値観によるものに
他なりません

そもそも液状化の惨状次第では
このような危険エリアから去る可能性も大であり

もともと春日部村への移民である
わたしは

自身の居住地を地方に移すことを
あまり重要で深刻なこととも考えておりません

これが飛騨高山や京の町家のように
ご先祖さまから受け継いだ家ならばまだしも

この場やこの地に固執する理由は
ひとつもないのです


だからと言って全てを投げやりに考えているわけでは
ありませんよ

店を利用したりわたしに仕事を依頼して下さる方々には
心の奥底から感謝しておりますし


防災用品にしても
他者の助けになれるよう

食材の備蓄はもとより
都市ガスの採用を止めてLPガスにしているのも

インフラの個人的
確保です


トイレ用品や緊急用保温シートなども
複数用意してありますし

冬場の災害を想定し
ある程度暖を取れる装備や

液状化が収まったときに泥の上を歩くガタスキーのような道具も
準備しています

おそらく車は車体の半分くらいまで埋まるでしょうから
使い物にならないコトが予想されます

排ガスの逃げ場を確保して
せいぜいが電源車として利用出来れば良いほうでしょうね


また営業する店舗も同じエリアに
存在しますから

店舗は平屋造りで屋根も
軽いトタン張り


かつ鉄骨のトラス梁を
採用し

倒壊や揺れの影響を最大限減少する工夫を
施してあります

また客席に面している窓ガラスは
自動車のフロントガラス同様

特注の
強化ガラスにしてあります

おそらくはありえないコトでしょうが
最悪でも逃げ遅れた人に

生ガラスの鋭利な破片が襲いかかることが
無いようになっています

おそらくファミレスを含む他の店舗で
こんな部分にまで配慮して建てられている一般店舗は

かなり少ないのでは
無いでしょうか

なんたって窓ガラス一枚
35万ですからね(^_^;)


店舗は平屋のうえに
かなり厚いベタ基礎を採用していますので

いかに液状化とは言え
瞬時に傾くことは考えづらいでしょうから

客が来店中であっても
避難誘導は安全に行えると予想しています

しかしそれ以上のことが起こった
場合は

調理業界の専門用語で
想定外
ということで

後は野となれ山となれって
感じでしょう(・.・;)



危険をある程度予測し
建物を使い捨てる

これは車が古くなって直すにはもったいないほどの金がかかる場合に
買い替えるのと同じ発想ですし

いくら修繕したと言っても
一度歪んだ建物が釘の一本まで新築時と同じ強度に戻ることは

考えづらいですね

ならば思いきって「廃」の
決断を下す


このような考え方も世の中にはあるという
じじい宅の一例にございました



この記事に

開く コメント(4)[NEW]


地震や台風

あちこちで大変な災害が
発生していますが

いざ自分の身にと
考えると・・


イメージ 1


そこで防災グッズ
ですが

各家庭によってその価値観や必要性の判断は
かなり違うのでしょうね


そこで北海道の地震を機に
わが家の防災用品を再点検してみました

自家発電機
灯油ストーブ
10㍑ステンレスガソリン缶
20㍑ステンレス灯油缶
カートリッジガス式キャンプ用コンロ
キャンプ用ステレンレス食器具セット
LPガス用圧力調整器
LPガス用ゴムホース
救命胴衣
スクーバタンク
電池式ランタン×2
ソーラー式懐中電灯兼ランタン×2
ハイパワーマグライト×3
ヘッドライト
緊急用寝袋タイプ保温シート5名分
トランジスタラジオ
DC携帯充電器
車載用AC100Vインバーター
飲料水用25㍑ポリタンク
飲料水用20㍑ポリタンク
厚口ブルーシート
ナイロンロープ
スタティックロープ
ハーネス類
完全防臭型携帯用簡易トイレ1ヶ月分
糞尿凝固剤150回分
45Lサイズビニール袋100枚
軍手
40度対応シュラフ
シュラフ用エアーマット
ナイフ
マルチツール
ホイッスル
折り畳み式スコップ
使い捨てからだふきタオル1ヶ月分
1,5㍑清涼水2ダース

点検の結果
揃えておかねばならないものなのに

6点ほどの漏れを
確認(^_^;)


いずれもドラッグストアやネットにて購入出来るもの
ばかりですが

いつ起こるか分からない
災害ですから

備えあるべきであり
使わないでムダになるならそれもまた幸いですね


しかしこれらを用意しては
あっても

家が全壊したり燃えてしまったりすると
はたして・・




春日部村全域はどちらかと言うと
危険度のかなり高い液状化災害発生エリア


今回の札幌は清田区で起こったような
ひどい現象が

相当な範囲で起こると
予想されます


わたしの家屋も例外なく傾くコトは
必至


なぜならば自分で設計した家なので
そのことが前提として考えられているからです


なぜ災害で傾くことを前提に建てているのかについては
説明が長くなるので

リクエストがあれば
別記事として起こしますが


とにかくわたしの自宅は
傾いてもいいやというのが前提で建てられているのでございます

この記事に

開く コメント(7)[NEW]


警察官が実弾入り拳銃落とす 住民が拾い届ける

テレ朝news 9/15(土) 5:50配信

和歌山県警の警察官が走行中の車両の窓から実弾の入った拳銃を落としました。拳銃は近くに住む男性が拾得物として届けました。

 14日午後8時前、和歌山市で、和歌山県警の20代の男性巡査が車両で走行中に脇道から出てきた車を制止するために窓から上半身を乗り出して拳銃1丁を路上に落としました。警察官50人で付近を探していましたが、近くに住む男性が拳銃を拾ったと届け出ました。拳銃を落とした巡査は、自民党総裁選の遊説を終えて移動する安倍総理大臣の車列を警備していました。拳銃は自動式で実弾が装填されていました。



イメージ 1



きっと脇のホルスターから
落ちたんでしょうね

この警官
もう出世の見込みはないかも


この記事に

開く コメント(5)[NEW]

全1350ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事