全体表示

[ リスト ]

TARI TARI〜12話感想〜

「重ねたり 響いたり」
 
白祭が中止になっても、自分達でやろうと決意した合唱部。
 
張り切る大智に「かっこいい〜」
 
そんな中、大智は紗羽に写真をとらせてほしいと頼む。
 
上からのアングルでとる大智。
紗羽カワユスw
しかし、浜田に渡したのはテキトーにとったものだった。
 
ウィーンの作った小道具があやまってトラックが持っていってしまう。
 
一方、来夏は生徒会で白祭の中止の中止を提案するが、
受け入れてもらえず。
 
そして、別の日和奏は母親が眠る墓へ。
すると教頭の姿があった。
母と作った歌を聴いてほしいと教頭に聞いてもらう。
 
母親に曲ができたことを報告する和奏。
「お母さん、約束の歌できたよ…」
「ちょっと遅くなっちゃったけど、お母さん…それと友達と作ったんだよ。」
「この歌が全部繋げてくれた私の宝物だよ・・・お母さん」
 
ウィーンは小道具作りを。
大智は服作りを教えてもらうことに。
 
きびしい状況下でも練習を続ける合唱部。
諦めないでぇ〜!
 
そして前日、雨が降っていた。
つーか、来夏雨女だったのね…
 
果たして合唱部の面々は無事、歌うことができるのか?
 
いよいよ合唱部が歌う時が来ましたね。
予告を見るとまた壁があるみたいですが、それでも、立ち向かって歌うと思います。
紗羽の父ちゃんもあんだけポスターを貼っていたんだから、成功すると思いますw
 
学校がなくなる、そして白祭の中止と様々な困難がふりかかる合唱部ですが、
それでも立ち上がりやり続ける姿は感動すら覚えます。
まさにこの時、この青春に、かけているという感じがしますね。
 
今回で、一番印象に残ったシーンは和奏が
母親に曲ができたことを報告するシーンですね。
そこに教頭先生もいたわけですが、
教頭は、音楽に愛されていたのはまひるだったと言っていましたね。
昔、共に歌った合唱部のことはもうできない。
そんな悲しさと悔しさを持ち合せていた表情が印象に残りました。
 
その一方で、和奏は曲ができたのは教頭のおかげだと言っていました。
しかし、音楽を楽しむという言葉はまひるからもらったものだと明かしました。
和奏の母まひるの音楽への想いは教頭から通じて、
和奏へと届けられていたんですね。
そのプロセスがあったからこそ、教頭は和奏の言葉に救われたのかもしれません。
 
一方、紗羽は町内の人たちへ、協力を取り付けるべく説得。
紗羽の必死のお願いが届き、見に来てくれる人がくるかもしれませんね。
 
そして、次回はいよいよ、最終回です!
 
次回も楽しみだっTARI。
 
https://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想
 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

ようやく文化祭だ!
と思ったら雨
そして次回予告で立ち塞がる理事長
どうなるのでしょうか
それと紗羽ちゃんの写メ欲しいんだけどw
来週最終回とかやだよおおおお

2012/9/17(月) 午後 6:01 FREAK

顔アイコン

最終回か〜

2012/9/17(月) 午後 7:13 [ Rain ]

顔アイコン

下から4番目の画像のときの映像で俺は再度、和奏に惚れたww
もう最終回か〜

2012/9/17(月) 午後 10:25 [ - ]

顔アイコン

FREAKさんコメントありがとうございます。
2クールでも楽しめた作品だと思います。
次回はどうやって歌うのか気になりますね。

2012/9/18(火) 午後 0:03 japantraveler

顔アイコン

Rainさんコメントありがとうございます。
最終回楽しみです。

2012/9/18(火) 午後 0:04 japantraveler

顔アイコン

メイビスさんコメントありがとうございます。
和奏がこの合唱部を引っ張っていっている感じがしますね。
次回でいよいよ最終回ですね。

2012/9/18(火) 午後 0:05 japantraveler

顔アイコン

TARITARI面白くなってきましたね〜でも、まだこれ見て無いのです
(^^;
これだから田舎は〜〜

2012/9/18(火) 午後 1:39 [ たくたく ]

顔アイコン

たくたくさんコメントありがとうございます。
最終回はどういった展開になるか楽しみです!

2012/9/18(火) 午後 2:00 japantraveler

開く トラックバック(37)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事