全体表示

[ リスト ]

「超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)」
 
布束からオリジナルと呼ばれ、御坂美琴はある噂を思い出す。
その噂について聞くが、タメ口のためやられるw
 
知っても苦しむだけだと布束は告げ、資料を取り出して処分し去っていった。
 
布束を見失った御坂美琴だったが、自分の能力を使って彼女の正体を知る。
 
布束砥信はかつて大学病院と製薬会社の研究チームに所属していたことがあった。
その大学病院はかつて美琴がDNAマップを提供した病院だった。
 
一方、佐天達はカードの話で盛り上がっていたが、春上のほうが、カードを多くとっていたの。
 
そして、美琴は研究センターへとやってきた。
自分の能力を使って中へと入っていく。
 
そして、端末で調べてみると、
超電磁砲量産計画「妹達(シスターズ)」最終報告書を見つける。
その中身とはレベル5のクローンを生み出そうという計画だった。
 
しかし、計画の最終段階で、
学園都市のスーパーコンピュータ「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)」で、
予測演算を行ったところ、オリジナルには及ばず不可能と判断され、
この本計画は永久凍結されたという。
美琴は噂がひとり歩きしたと判断し、この場所から離れることに。
 
美琴が離れた後、謎の人物がデータの消去にやってきた。
「完全消去まで、42.28秒と…ミサカは正確な時間を報告します」
 
「とある科学の超電磁砲S」で描かれるシスターズ編。
「とある魔術の禁書目録」とはまた違った視点で描かれているので、
ゾッとする要素がありながらも、この展開にはワクワクしますね。
シスターズの最終計画のナレーションを聞くと、
1期とはまた違った雰囲気のシリアスさがあったのではないでしょうか?
 
禁書目録編でも登場した「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)」
このワードを聞くとやはり禁書目録とつながっているんだなと思います。
禁書目録ではシスターズ編もハッピーエンドに終わりましたが、
そのプロセスは非常に重たい展開でしたよね。
超電磁砲においても、1期にはなかった原作コミック通りの重苦しい展開になると思います。
 
その中で、この作品が超電磁砲であるということ、らしさをみせるために、
佐天&初春や黒子のシーンも途中でありましたね。
アニメオリジナルの展開でしたが違和感はまったくなかったのでうまくいっていると言えます。
 
作品の中でもありましたが、黒子や佐天&初春の何気ない日常や、
コメディ的な要素があるシーンを間にいれることによって、
シスターズ編の御坂美琴の心情や葛藤がより際立ちますね
 
この計画が途中で終了したと知り、美琴は一安心していましたが、
そこに美琴の安心を打ち消すように、ミサカが登場しましたね。
そして次回からいよいよ、ミサカが本格的に登場するみたいですね。
 
次回も楽しみですの
 
https://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想
 

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

ついに御坂妹来た!早く会うところ見たいなぁ
ローリングソバットもなかなかw
データ覗いてるシーンはいい緊張感でしたね

しかし、見た目高そうでもない3万7千の服に更衣室代わりのホテル
研究手当だか奨学金だかいくら貰っているのだろう…

2013/4/28(日) 午後 5:54 FREAK 返信する

顔アイコン

布束さん意外に体術もできた人だったのには驚きました。

黒子の動きは変態すぎますよねw

2013/4/28(日) 午後 6:17 [ kazuyu2004 ] 返信する

顔アイコン

これからの美琴の動きに注目ですなw
早く一方通行出てほしいのです

2013/4/28(日) 午後 7:18 [ - ] 返信する

顔アイコン

FREAKさんコメントありがとうございます。
ミサカ妹はまだ顔は出てないのでどんな表情で、美琴とやり取りするのか楽しみですね〜

家がお金持ちなのかもしれませんw
父親が海外を飛び回ってる仕事ですしw

2013/4/28(日) 午後 8:43 japantraveler 返信する

顔アイコン

kazuyu2004さんコメントありがとうございます。
黒子は相変わらず変態さんでしたねw
シリアスとコメディ的な要素とバランスもイイ回でした。

2013/4/28(日) 午後 8:45 japantraveler 返信する

顔アイコン

ザワワさんコメントありがとうございます。
一方通行の登場も楽しみですね。

2013/4/28(日) 午後 8:45 japantraveler 返信する

顔アイコン

原作でさえ、ここから重苦しさが増しますからね…
女の子の仲良し日常を期待していた人たちには、ちょっと厳しい展開かもしれませんね。
でも、それが『とあるシリーズ』の面白いところでもありますからね。
まあ、アニメオリジナルで他のキャラの日常シーンも入れているので、少しは緩和されているのかな?

2013/4/28(日) 午後 9:13 ぱっく 返信する

顔アイコン

ぱっく!さんコメント、TBありがとうございます。
シスターズ編は重苦しさがありますが、それでも面白さがありますからね。
日常シーンを交えることで見やすくなっているとも言えますね。

2013/4/28(日) 午後 9:20 japantraveler 返信する

顔アイコン

とりあえず、初春をかけた戦いで、佐天さんより春上の方が優位に立った事は分かりました!

2013/4/28(日) 午後 9:27 たかむね 返信する

流石に原作の拾ったマネーカードで服を買うのには倫理的に問題があったのか「現金で」と強調していましたね

2013/4/28(日) 午後 9:50 オタク! 返信する

顔アイコン

たかむねさんコメント、TBありがとうございます。
春上さんは2期では序盤から結構目立ってますよね〜

2013/4/29(月) 午前 0:06 japantraveler 返信する

顔アイコン

オタク!さんコメントありがとうございます。
原作の改変はこの作品では結構ありますよね。
禁書でもいくつか見られましたが…

2013/4/29(月) 午前 0:07 japantraveler 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


みんなの更新記事