全体表示

[ リスト ]

「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ肆」

千石撫子の前に現れた阿良々木暦と忍。
お札を渡すように撫子に告げるが、

それでも撫子はクチナワの封印を解くことを決意し、邪神化した。

そして、1話冒頭に戻り、邪神と化し髪が白蛇となった撫子。

クチナワは本来、撫子の空想上のものだったが、
復活させたことで、実体化することになった。
ひたぎと歩いているところを見た撫子は、神様に祈ったのだった。暦のことを。

そして、あのクチナワのようなあのシュシュも扇からもらったものだった。

そして、撫子は忍を躊躇せずに攻撃した。

そんな中、ケータイに着信が。
相手は戦場ヶ原ひたぎだった。
暦と忍は撫子に勝てず、ひたぎは状況を打開しようとしているようだった。

ひたぎは撫子にアドバイス。
それを聞き入れた撫子はすっかり神様になったような気分だった。

そして、春になり神社に姿を現す撫子がいた。
 
今回で、「囮物語 なでこメドゥーサ」はエンドを迎えました。
撫子のデカダンス、退廃的な物語となりましたね。
忍が登場し相変わらず可愛いだけと言い放ったわけですが、
最終的には可愛いというカテゴライズをするのも躊躇われるほどの邪神と化しましたね。
 
そこに行き着くまでには、阿良々木暦とひたぎの歩く姿を見たルサンチマンな撫子が、
現実逃避するかのごとく暦と戦うことなったわけですが、
撫子は暦と忍を倒し失恋したことを打ち消すかのような戦いをみせました。
化物語「なでこスネイク」からは思いもしなかった展開、撫子は完全にまひしているような感じでしたね。
そして、忍野扇も再び登場しましたが、この展開には扇もからんでいたようですね。
真のラスボスは実は扇なのかもしれません。
すべてを見透かしているかのような表情、改めて謎が多い人物です。
 
そして、暦と忍を攻撃していた撫子にひたぎから電話がありましたね。
こんな状況であるにもかかわらず、とても冷静に撫子と話していましたね。
そして、この先は半年後に結論が出るという展開になりましたが、
撫子も余裕があるようで、OKを出しました。
ED後に予告のような感じで出ましたが、
そこには、暦やひたぎの他に羽川翼や神原駿河等フルキャストでしたね。
この先は「恋物語」で描かれるようですね。
来週は総集編ということで、感想はお休みさせていただきます。

次回も楽しみです!
 
https://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想
 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

撫子怖いなぁw
しかし撫子の妄想だったとは
忍と暦はガハラさんに助けられて、なんで知っていたのだろう…

2013/10/13(日) 午後 11:23 FREAK

顔アイコン

今回の撫子のことに関しては、扇ちゃんが裏で糸を引いている感じですよね。
何が目的なのかは気になるところです。
撫子の予告が現実にならないように、ありゃりゃ木さんとひたぎさんが、どう対処するのか見ものですね!!

2013/10/14(月) 午前 0:11 ぱっく

顔アイコン

FREAKさんコメントありがとうございます。
意外な展開がでしたね。
謎な部分もありましたが、恋物語までのお楽しみということでしょうね。

2013/10/14(月) 午後 10:03 japantraveler

顔アイコン

ぱっく!さんコメント、TBありがとうございます。
扇がどうもカギを握っている感じがありますね。
恋物語が楽しみです。

2013/10/14(月) 午後 10:04 japantraveler

凄く続きが気になる終わり方でした。
総集編をはさむのが残念です。

2013/10/17(木) 午後 6:44 [ ましゃま ]

顔アイコン

そうですね。
恋物語が楽しみです。

2013/10/17(木) 午後 8:21 japantraveler

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事