全体表示

[ リスト ]

「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」

羽川翼から話を聞いた貝木。
しかし、撫子に何かを伝えようとしても誰にも届かないと羽川は言う。

一方、貝木は毎日のように、撫子がいる神社へと足を運び、
そこで撫子があやとりなどをして遊んでいた。

貝木は電話で戦場ヶ原ひたぎと話す。
いよいよ作戦を決行する時が近づいていたのだ。

貝木の元に再び余接が姿を現す。

臥煙伊豆湖のことについて後悔していないかを聞くが貝木にそんな様子はない。
最後に余接は貝木の未来を予言するかのように一言を残す。
「あなたはこういう時、必ず失敗する」

そして、撫子がいる神社へとやって来た貝木。
願いを言ってはならないということに関して「言ったら効果が薄れる」と貝木は言う。
そして、貝木は作戦を結構し撫子に嘘を言うが……、
「貝木さんも、私を騙すんだね」
 
今回はついに貝木が撫子に対して作戦を決行しました。
羽川翼は撫子の印象を「相手にされたない」と言いましたが、
撫子は自分だけの世界しかないというニュアンスでしたね。
それは貝木が撫子の幼い頃の写真を見た時の推察においてもそうでしたが、
人にはみせない別の一面、深い闇のようなものを感じましたね。
 
そして、撫子に対して作戦を決行する日。
ひたぎと電話で話していた貝木ですが、ひたぎはどこか寂しさを出していましたね。
なぜか最後まで阿良々木暦にバレないか気にしていた貝木ですが、
暦が撫子に会いにいくとややこしくなってしまうからでしょうかね。
ひたぎは貝木の感謝の言葉を述べつつも、キライ続けると断言。
あの件に関してはまた別だと言うかのように、関係を変えるつもりはないようですね。
 
そしてまたしても余接が登場しましたが、
遠回しに撫子から手を引けと言っているようでしたね。
これは、臥煙伊豆湖からではなく自らそう述べていました。
そして、「失敗する」と貝木に告げた余接。
それが、最後の撫子の台詞に表れていたように思えますね。
貝木のウソは見破られていたようですね。
しかし、貝木がこれで引き下がるとは思えません。
あのクローゼットのモノがありますからねw
次回でいよいよ、この<物語>シリーズも最終回となります。

次回も楽しみです!
 
https://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

いきなり嘘がバレてしまった貝木さんが、どう対応していくのか気になりますね!
そして、クローゼットの中身がなんだったのかも。

2013/12/23(月) 午後 8:52 ぱっく 返信する

顔アイコン

ぱっく!さんコメント、TBありがとうございます。
即見破られた貝木さんですが、詐欺師ですからまたうまくやりそうな気がしますね。ただで終わらないのが貝木さんという感じがします。

2013/12/24(火) 午後 0:27 japantraveler 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事