全体表示

[ リスト ]

「よつぎドール」
イメージ 1
斧乃木余接は人形・式神としてのつくも神、怪異である。
忍によれば人の真似をしていると。
イメージ 2
阿良々木暦は月火と入浴していた。
イメージ 3
自分の姿が鏡に映っていないことに気づいた暦は忍に相談。
イメージ 4
余弦と余接の診断の結果、これまで怪異と戦ってきた影響できゅうけつきに近づいていた。
さらに今の状態は戻すことはできないという。
イメージ 5
そんな中、駿河の家に泊まっていた火憐と月火が
怪異の専門家・手折正弦にさらわれた。
イメージ 6
3人を助けるため余弦から余接を借り暦は正弦が待つ北白蛇神社へと向かう。
イメージ 7
正弦の前に現れ話をする暦。
正弦は自分の後にいる余接に終わらせてほしいと言い…
イメージ 8
余接は望みどおりに『アンリミテッド・ルールブック』正弦をたおした。
イメージ 9
そして、駿河ら三人を助け出した暦と余接。
イメージ 10
床ドンされるありゃりゃ木さんw
バレンタインのチョコをもらった。
イメージ 11
家に戻ると斧乃木余接の姿が。
伊豆湖と余弦が余接を人形として阿良々木家に置いてこの町が安定するまで、
より近くに暦のそばにいる事になった。
 
年末に放送された「憑物語」。
斧乃木余接を中心にストーリーが展開されるかと思いきや、
最初はほとんどありゃりゃ木さんと月火のサービスシーンがメインでしたが、
そのおかげもあって、暦は自分の異変に気づくことが出来ました。
そこから余接が本格的に登場し、
手折正弦と余接が戦う事になりましたが、結果はあっという間に余接がたおしてしまいましたねw
 
そして今回も、あの忍野扇が登場しましたね。
『ちゃんとしたい』といっていたのも今後の展開と大きく関係がある台詞だと思いましたが、
相変わらず扇はミステリアスなキャラです。
 
正弦が登場したのもそう多くはなく、ただ暦と余接の関係をさこうとしていただけの感じで、
今回の出来事がどう解決したのかうやむやな感じでしたが、
これが次のエピソードに繋がると考えればいいのかもしれませんね。
展開としては大きなインパクトもなく、地味な印象を受けましたが、
今後の物語シリーズの行く末を示すような展開でした。
イメージ 12
https://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

あんな兄妹のけしからん入浴シーンから、こんな一大事に発展するとは思いもしませんでしたね!w
阿良々木君は吸血鬼の力に頼らず、今後はどう事件を解決していくのでしょうね?

2015/1/3(土) 午後 11:28 ぱっく

顔アイコン

ぱっく!さんコメント、TBありがとうございます。
吸血鬼のままの暦がどうなっていくかも注目ですが、扇の正体も気になりますね。ラスボス感が漂います。

2015/1/4(日) 午後 0:31 japantraveler

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事