全体表示

[ リスト ]

「ひびけ!ユーフォニアム」

あすかの代役の可能性を滝先生から伝えられた夏紀は、
香織が名づけたあすかをつれ戻す作戦を考える。

カギを返しに滝先生がいる職員室に向かう久美子と麗奈。
寝ていた滝先生にドキドキする麗奈。
そこで、なくなった奥さんとの写真をみつけてしまう。

あすかの家へ向かう放課後。
母親の好物、栗まんじゅうを手渡す香織。
自宅は木造の大きな家だった。

久美子の勉強を見てくれるというあすかだが、そこで一冊の著書を見せた。
「たのしいユーフォニアム」著者の進藤正和とはあすかの実の父だったのである。

あすかが小1の誕生日に手紙とユーフォニアムが届いたという。
近所の楽器屋に演奏できる人を頼って教わった。

あすかの演奏するユーフォが好きだという久美子。
二人は川辺へと向かい、そこで久美子はあすかの演奏を聴いたのだった。

今回はあすかの過去を中心に描かれた回でしたね。
この作品の登場キャラクターで最もミステリアスなキャラだと思っていたあすかですが、
少し複雑な家だったみたいですね。

やはりというか、前回のCDクレジットで登場していましたが、進藤正和があすかの父でした。
やぶれた手紙はあすかかそれとも母がやぶったのか…

母親の事も含めあすかにどこか覚悟を決めてほしいというような久美子の言葉にはおもみがありましたね。
あすかに対して堂々と本音を求めるのも信頼があってこそですが、
でもだからと言って普通はあそこまで中々言えないものです。
今回はあすかの演奏で迎えたエンディングも良かったと思います。

次回も楽しみです!

お手数ではございますが、↓クリックしていただけるとありがたいです。
 アニメ感想ブログランキング参加用リンク一覧

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事