全体表示

[ リスト ]

「潮待ち島に聞こえる音、なので」
 
夏休みになり、楓達は、麻音の実家のある大崎下島に遊びに行った。
 
麻音可愛いよ麻音
 
そして、楓達は、麻音の案内で大崎下島を散策。
 
すると、おばあちゃんに会うためにやって来ていた小町と遭遇する。
そして、楓のお祖父ちゃんもやってきた。
 
小町のもとに、「ばあちゃん特製ボタモチ準備よし!!すぐもどれ」という連絡が。
KYな、ばあちゃんであった(笑)
 
そして、楓達は、旅館に戻る。
楓達は、手伝おうとするも、おじいちゃんが止める。
それは、麻音が一生懸命、お客さんにおもてなしをしているからだった。
 
食事も終わり、麻音が楓達の元へ。
麻音は旅館も大事でも、やりたいこともあるという気持ちだった。
 
すると、部屋の柱に麻音の小さい頃の夢が描かれていた。
漫画家、手品師など、ころころ夢が変わっていた。
 
「お父さんってこんな優しい顔で子供を見るんだなあ」
楓は自分のお父さんの姿を重ねていたのかな?
 
え〜今回は、麻音中心のお話でした。
まずは、楓のおじいちゃんが登場。
なんか、楓と似ているところがありましたね(笑)
のりえの、香ちゃんに対するテンションも相変わらず高かったですねw
 
そして、麻音の将来の夢がこの話の中心でした。
不器用で口下手だけど、お客さんをおもてなししたいという思いは伝わりましたね。
旅館の仕事も、自分の意志で一生懸命やっていましたから、
楓達や、お客さんの心を掴むのでしょうね。
それを、優しく見守るお父さん、お母さんの温かさが伝わる回でした。
次回も楽しみなので、
 
https://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事