全体表示

[ リスト ]

氷菓〜5話感想〜

「歴史ある古典部の真実」
 
姉から奉太郎に電話が。
奉太郎が氷菓のことを聞こうとするが時間がないと教えてくれず…
この電話により、えるの叔父の謎は実はまだ未完成だったと知る。
 
そして、奉太郎は補足をしたいと皆に告げる。
古典部は再び、真相を探ることになった。
 
郡山養子、それは図書の司書である糸魚川先生だった。
 
45年前の運動、文化祭のことを先生に尋ねる。
文化祭の日程をめぐって先生と生徒の間で激しい争いがあった。
反対運動が作られたが、誰もリーダーにはなりたがらず。
関谷純は名ばかりのリーダーにされていた。
 
そして、キャンプファイヤーで起こったあの件で、
見せしめでこの学校から去ることになったという。
 
そして、かんや祭という呼び方は古典部ではタブーの呼び方になっていた。
 
そして、氷菓というタイトルは、ダジャレだった。
氷菓→アイスクリーム→I scream。
「わたしは叫ぶ」と…
 
えるは幼き頃のことを思い出す。
「氷菓」の意味を聞いたところ、強くならなければ悲鳴も上げられない日がやってくると。
それが怖くて泣いたのだと。
 
そして、奉太郎は姉に手紙を出す。
今回の謎が無事解けたこと、アドバイスをくれたことに感謝する奉太郎だった。
 
今回で完全に解決となりましたね。
前回でほぼ謎が解けたかと思いましたが、さらに真実がわかったことで、
よりこの作品の魅力を感じました。
 
今回わかった謎もなかなかのものでした。
自らリーダーになったのではなく、あくまで名ばかりの表面上のリーダーであったこと。
かんや祭は、学校名ではなく、彼の行動を讃えてのものだったということ。
この真実が新たに加わったことで、よりミステリー作品らしさが出たかな。
 
そして「氷菓」がただのダジャレだったとはw
奉太郎達の世代まで自分の思いが伝わるように、考え出されたものだったんですね。
えるが幼い頃に氷菓の意味を聞き、泣いたのは叔父さんの忠告が、
子供にとっては恐怖心を覚えるものだったのでしょうね。
それにしても、奉太郎の姉はある意味謎ですねw
これからまたアドバイスとかするのかな?
 
次回も楽しみです!
 
https://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想
 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

氷菓完結しましたね
「氷菓」ということばにそんな意味があるなんて…

責任全部押し付けられて退学とか酷い話ですね

2012/5/22(火) 午後 5:38 FREAK

顔アイコン

やっぱ俺も観なきゃですね(>_<)

2012/5/23(水) 午後 1:32 [ - ]

顔アイコン

FREAKさんコメントありがとうございます。
時代背景を意識した演出等がよかったですね。
新たな真実がわかり、作品の魅力を感じました。

2012/5/23(水) 午後 5:33 japantraveler

顔アイコン

すーぱー☆採冶人さんコメントありがとうございます。

2012/5/23(水) 午後 5:34 japantraveler

顔アイコン

I screamはすこし感動しましたね

2012/5/24(木) 午後 10:11 T★KR

顔アイコン

TAKUROさんコメントありがとうございます。
オチはダジャレでしたが、
それ以上に謎を解いていくプロセスがよかったと思います。

2012/5/25(金) 午後 0:04 japantraveler

開く トラックバック(18)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事