過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

氷菓〜13話感想〜

「夕べには骸に」
 
今回からOPが変わりましたね。
奉太郎やられすぎww
 
里志はクイズ研究会の大会に参加。
その格好で参加するのかよw
 
部室にたどり着いたえるはいろいろな文化祭の催し物に行ってきた。
 
その後、壁新聞部へ。
古典部の記事を書いてほしいと頼む。
 
里志はクイズ大会の決勝にまで進んだ。
しかし、優勝はできなかった。
 
一方、ずっと店ばんをしていた奉太郎は、えるの写真を発見する。
 
しかし、すぐにお客さんが来たため、慌てる奉太郎w
番号札の次は水鉄砲をもらった。
 
一方、摩耶花の漫画研究会はなかなかお客さんが来ない。
 
古典部の文集を置いてもらおうと考えていた摩耶花だったが、
先輩ともめてしまう。
 
古典部の文集は宣伝もあって、14部売れたという。
そして、里志は料理コンテストに出るという。
3人1組で出なければならないと聞いた里志は、えると麻耶花に一緒に出て欲しいとお願いする。
 
えるは写真を見られたことに気づきはずかしがる。
 
麻耶花は「夕べには骸に」を探すが、見つからない。
「どこにもない。なんで?」
 
文集「氷菓」はある程度は売れたみたいですね。
それでもまだまだ数はあるわけですが…
こうなれば、えるがコスプレして宣伝すればもっと…ってそれはないか^^
里志はクイズ大会に出場して優勝まであと一歩というところまで行きましたね。
一番、文化祭を楽しんでいるのは、この里志でしょうね。
次は料理コンテストに出るみたいで…
 
麻耶花は漫画の面白さについて先輩とこじれていましたね。
漫画の面白さはみんな同じと言われれば、そらもめるよ。
 
もっとお客を呼ぶなら、麻耶花が里志と奉太郎のアッ━━━━!!な内容の本を書くしかない(笑)
麻耶花が探している漫画本は見つかるんですかね〜
もし、見つからなかったらどうなるんだろう。
えるは奉太郎に写真を見られてデレてましたが、このままいい感じにいくのかな?
次回も私、気になります!
 
https://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想
 

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事