アニメーション

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
「はるさきエピローグ」

新しい部長に優子、副部長は夏紀に決まった吹部。
3年生が引退し音がうすくなったと優子は感じていた。

久美子はあすかと葵に会う。
一緒に歩いていた秀一は先に帰ってしまい…

吹部の卒部会が行われる。
寸劇などを経て最後は吹部らしく演奏で送迎。
部長となった優子は金を必ず取ると誓った。

卒業式当日。
別れをおしむ吹部のメンバーの中にあすかがいない。
彼女の姿を見つけた久美子はあすかに思いを伝える。
「あすか先輩みたいなユーフォが吹きたい」

私には必要ないからとあすかは久美子に父のノートを渡す。
後輩に思いを託すように。

そこに書かれていた言葉は……、
「響け!ユーフォニアム」

今回で「響け!ユーフォニアム2」は最終回となりました。
部長、副部長とも女子部員が務めることになり、
優子、夏紀の凸凹な二人が今後部を引っぱっていくことになります。
3年生が引退し、また一からのスタートという事になりますが、
滝先生の台詞にもあったように、だからこそこの部は良いのかもしれませんね。
卒部会では演奏が行われ、それぞれ部員の思い出がよみがえる。
こういったシーンだとやはり寂しさは感じますね。

姉から手紙が届いた久美子。
姉の麻美子の存在とあすかの存在は楽器はちがっても、
久美子にとって憧れであり、重なる部分があったのかもしれませんね。
あすかから渡されたノート。
久美子はあすかをおいかけるように或いは越えられるようによりユーフォにうちこんで行きそうですね。
麗奈から呼ばれ、久美子は練習に戻っていく。
1話のシーンへとここでつながっていました。この展開も個人的に良かったと思います。

2期目は1期以上にいろいろとありましたが、全体的に完成度は本当に高かったと思います。
2期になると1期と比べて作品の魅力が下がってしまう作品もありますが、
この作品にそれは関係なく安定していたと思います。
3期目の可能性は低そうですが、もしあれば見てみたいですね。

最後にスタッフ、キャストの皆さんお疲れ様でした。
コメント、トラックバックを下さった方々にも感謝申し上げます。
「響け!ユーフォニアム2」ありがとうございました!

お手数ではございますが、↓クリックしていただけるとありがたいです。
 アニメ感想ブログランキング参加用リンク一覧

開く トラックバック(6)

「さいごのコンクール」
イメージ 1
ついにやってきた全国大会。
本番前のリハーサルがはじまる。
イメージ 2
久美子は秀一から誕生日プレゼントをもらう。
イメージ 3
そして、大会当日。北宇治高校の演奏の番。
イメージ 4
演奏が終わり、3年生は最後の大会。
結果発表の前にリラックスモード。
イメージ 5
各校の結果発表の前に指揮者賞。
麗奈一人たちあがり「好きです!」とコール。
イメージ 6
北宇治高校の結果は全国銅賞。
結果に皆、しぶい表情だった。
イメージ 7
滝先生はあすかの実の父である進藤正和の伝言を。
イメージ 8
3年生は引退。晴香部長は泣きながら挨拶。
そんな中、久美子は姉の姿を見つける。
イメージ 9
「お姉ちゃん大好き!」
「私も大好きだよ!」

今回は全国大会が描かれた回でしたね。
全国出場を決めた時と比べると、演奏シーンもなく淡々と描かれた感じがしましたね。
結果は全国銅賞でしたが、ここでもしも全国金という結果だったらそれは出来すぎというところなんでしょうかね。
久美子が入部した当時の状況を考えれば大進歩と言っていいと思います。

麗奈一人のコールは告白に近いもので、
その後演奏が終わりまた気持ちを伝えても、
滝先生は教師冥利に尽きると言って恋愛には全然いたってない。
進藤正和からの伝言はあすかが一番むくわれた瞬間だったのではないかなと。

演奏以外ではつねに姉の事を気にかけていた久美子。
最後はユーフォをはじめるきっかけとなった姉の麻美子と完全に仲直りした感じ。
綺麗な終わり方だったと思います。
イメージ 10
次回も楽しみです!

お手数ではございますが、↓クリックしていただけるとありがたいです。
 アニメ感想ブログランキング参加用リンク一覧

開く トラックバック(8)

「はつこいトランペット」
イメージ 1
麗奈の様子がおかしいと感じる久美子。
イメージ 2
麗奈の事をまちぶせる事にした久美子。
しかし、麗奈は用事があると言ってことわる。
イメージ 3
夕食時に麗奈からメールが。
よびだされた久美子は麗奈と一緒に大吉山へ。
滝先生の奥さんの事を麗奈は教えてほしかったという。
イメージ 5
麗奈が滝先生と初めて会ったのは小学生の頃の事だった。
当時はまだ高校生だった。
そして、中学の頃、麗奈は楽譜をプレゼントされる。
イメージ 6
集中力が足りず、麗奈の演奏はいつもの調子が出ない。
滝先生に『立ち直してください』と叱られた。
鍵を返す時に滝先生に奥さんはどんな方ですか? とたずねた。
いつか高校の顧問となって全国で金賞を取りたいと。
イメージ 7
知らなかった滝先生の過去を知り麗奈は、迷いが晴れた。
金賞取りたい。夢を叶えてあげたい。

麗奈の様子がいつもと違っていたのは滝先生にかつて奥さんがいたからでした。
吹部の指導をしていた橋本の一言もあり、
久美子が教えてくれなかった事におこっていた麗奈でしたが、
同時に動揺もしていました。
その思いをたちきろうとさけんだのでしょうね。

小学生の頃に当時、まだ高校生だった滝先生にあった麗奈。
その時ひとめぼれし、その頃からの初恋の人でした。
自身はトロンボーンをやっていた滝先生。演奏の指導をしていたのは麗奈の父なのでしょうね。

それでも、麗奈はやっぱりメンタルの強いキャラだなと思いますね。
きっちりと立て直してまたいつもの演奏を見せていました。
イメージ 4
次回も楽しみです!

お手数ではございますが、↓クリックしていただけるとありがたいです。
 アニメ感想ブログランキング参加用リンク一覧

開く トラックバック(8)

「ほうかごオブリガード」

あすかの演奏を聴いた久美子。
翌日、吹部のメンバーから家を訪れた事を聞かれるも、
結果を言える状況ではなかった。

久美子が家に帰ると姉の麻美子がいた。
夕食を作ろうとしていたがしっぱい
久美子が作る事に。

別の日、昼食時間にあすかのクラスを訪ねた久美子。
香織と晴香があすかを説得しようとする。

久美子はあすかにコンクールに出てほしいと言う。

大人ぶるあすかに久美子は、
私は先輩と出たい。先輩と演奏したい、演奏を聴きたいと。

試験も終わり吹部の練習が再開。
そこにあすかが姿をあらわす。
全国模試で30番以内に入ったあすかは、それを理由に母を説得し部に復帰したのだった。

今回は久美子の姉、麻美子の決意とつながりがあるかのようなあすかの事。
晴香や香織は説得でしたが久美子の場合は、
もう叫びに近い形だったと思います。
久美子の背中をおしたのも姉であり、姉のおかげなんだと。
大人ぶっていたあすかも久美子におされる形で部に復帰しました。

久美子が思わず、電車の中で涙を流すシーンがありましたが、
姉が本格的に自立し遠い存在になってしまうのではないか?
というさびしさや、自分が最初に憧れた演奏者が姉であったことの双方が、
久美子を泣かせたのでしょうね。でも全国大会を見に来てくれるのは久美子にとって救い。

そして麗奈は少し様子がおかしかったですね。
滝先生の写真を見てからなんでしょうが、また何か起こりそうな感じがしますね。

次回も楽しみです!

お手数ではございますが、↓クリックしていただけるとありがたいです。
 アニメ感想ブログランキング参加用リンク一覧

開く トラックバック(7)

「ひびけ!ユーフォニアム」

あすかの代役の可能性を滝先生から伝えられた夏紀は、
香織が名づけたあすかをつれ戻す作戦を考える。

カギを返しに滝先生がいる職員室に向かう久美子と麗奈。
寝ていた滝先生にドキドキする麗奈。
そこで、なくなった奥さんとの写真をみつけてしまう。

あすかの家へ向かう放課後。
母親の好物、栗まんじゅうを手渡す香織。
自宅は木造の大きな家だった。

久美子の勉強を見てくれるというあすかだが、そこで一冊の著書を見せた。
「たのしいユーフォニアム」著者の進藤正和とはあすかの実の父だったのである。

あすかが小1の誕生日に手紙とユーフォニアムが届いたという。
近所の楽器屋に演奏できる人を頼って教わった。

あすかの演奏するユーフォが好きだという久美子。
二人は川辺へと向かい、そこで久美子はあすかの演奏を聴いたのだった。

今回はあすかの過去を中心に描かれた回でしたね。
この作品の登場キャラクターで最もミステリアスなキャラだと思っていたあすかですが、
少し複雑な家だったみたいですね。

やはりというか、前回のCDクレジットで登場していましたが、進藤正和があすかの父でした。
やぶれた手紙はあすかかそれとも母がやぶったのか…

母親の事も含めあすかにどこか覚悟を決めてほしいというような久美子の言葉にはおもみがありましたね。
あすかに対して堂々と本音を求めるのも信頼があってこそですが、
でもだからと言って普通はあそこまで中々言えないものです。
今回はあすかの演奏で迎えたエンディングも良かったと思います。

次回も楽しみです!

お手数ではございますが、↓クリックしていただけるとありがたいです。
 アニメ感想ブログランキング参加用リンク一覧

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事