ここから本文です
ハポネスカのブログ
スペイン人で日本語専門家として、漢字の辞書を出版し、写真家として、スペインの写真を使って文化交流が出来ると思います。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

セビーリャの日本観はTadao Andoの作品で建物はネジなし全部木材で作っていました。前面には代表的な日本人の姿はお客さんを待っていました。この写真の時、文化交流の印で日本観の管理人、フラメンコ服を着てご案内者として日本文化を紹介していました。
イメージ 1

1992年はセビーリャ万国博覧会に本館のイメージです。四月の祭りになると前面にはホステッスは伝統的な踊りをやって。この写真にはスペイン人はパビリオンの洋服を着てと日本人はセビリャーナの服を着て、踊っています。イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事