ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ローカルな場所へ行ってみよう!〜
アジアやヨーロッパのローカル色の濃い旅を目指してます

書庫全体表示

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13

イメージ 13

2006年7月3日 

東京の台場にあるメリディアン・グランパシフィックに宿泊。
   
今回は、JALのフライトオプションにて予約。
ツイン利用で1泊朝食つき税金サービス料込 @14700円。(2人で29400円)
JALのマイルが500マイル付くのも嬉しい。

ホテルまでは新橋から「ゆりかもめ」で15分、台場駅下車が一番一般的。
今回もその方法を使う。台場駅目の前、日航東京とは反対側にホテルがある。
日航東京の方が有名だけど、いつも混みあっている感があるので、メリディアンの
方が落ち着いていて好きだ。

ホテルの正面玄関は少しわかりにくい。台場駅前に一番近い入り口から入るとフロント
まで少し遠回りになるが表示が親切に案内してくれるので、比較的スムーズにフロント
にたどり着けた。
フロントの係は、迅速に対応してくれ事前にリクエストを出しておいた禁煙の部屋も
問題なく取れていた。
さて、今日の部屋は16F。このホテルには、レインボーブリッジ側と羽田空港側に
部屋があるのだが、羽田空港側の方がレインボーブリッジ側より少し安く、旅行会社
などの経由の場合、特に注意書きのない限り羽田空港側にアサインされることが多いので
今回もそのつもりでいたのだが、期待を裏切り?レインボーブリッジ側を用意してくれた。

部屋は、デラックスツインで42屬曚匹△襪罎辰燭蠅靴辛屋。家具や壁紙はフランス
の香りさえするお洒落な感じである。
天井をみれば、シャンデリアが吊り下がっている。
ホテルで部屋にシャンデリアがあるホテルって少ないのでは?と思った。

バスルームは普通の感じで少しつまらなかったが、シャワーブースも付いていて、
アメニティーも豊富だった。特に女性向のポーチに入ったアメニティはお洒落だった。
冷蔵庫の中身は、ホテル1階にコンビニがあるせいかシンプルだが事足りる。
クローゼットの中には、なんと竹踏みが置いてあった。風呂にゆっくり入った後、
利用したが実に気持ちが良かった。なかなか良い備品であった。

夕食は外に出るのも面倒なので、ホテル内の日本料理の「大志満 花かがり」で頂く。
ホテルの部屋に1000円割引券があったのが、利用するキッカケになった。
割引券、恐るべし!である。お陰で1人4000円位で日本料理を堪能できた。
夕食が終わる頃には外も暗くなり、部屋のカーテンを開けると、お台場の夜景を
見ることができた。部屋はレインボーブリッジ側だけど、橋が見えるわけじゃない。
実は、メリディアンのレインボーブリッジ側の部屋は目の前に日航東京が建っている
ため低層階ではレインボーブリッジを眺めることができないのだ。
レインボーブリッジを眺めるには、21階以上の部屋を予約した方が良い。
今回は、東京デートではなくて、明日の旅行の前泊に過ぎないので我慢・我慢。

とにかく、短い時間だったが堪能できたのは言うまでもない。
次回はゆっくり来よう!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事