ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ほぼ弾丸旅行記!〜
アジアやヨーロッパをビジネスクラス・ファーストクラスを使い弾丸スケジュールで駆け巡る内容の濃い旅を目指してます

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

2006年8月20日

北海道の小樽にあるヒルトン小樽に宿泊。

予約は、JALのHPから、JALフライトオプションを利用しての予約。
ツイン利用で朝食つき、税金サービス料込み@8100円(2人で16200円)
JALのマイルが500マイル付く。

新千歳空港からエアポート特快で約75分。小樽より2つ手前の「小樽築港駅」で下車。
ウィングベイ小樽という巨大なショッピングセンターの一角にヒルトン小樽はあった。
このホテルに宿泊するのは約7年ぶり。
その間に、もともとマイカル小樽だったショッピングセンターは破綻し、新しいモールになり
ヒルトン小樽は、運営がイシンホテルズグループに代わった。
運営が代わってから、コスト削減のため従業員が大幅に減り、サービスも低下した、と知り合いに
聞いていたのでホテルを決める上で躊躇したが、とりあえず宿泊してみることに。

小樽築港駅からウィングベイ小樽へ入ってしまうと、ヒルトンへも表示がされているので
わかりやすいが、やや荷物を持って歩く・歩く・歩く・・・。
やっとの思いでヒルトン小樽にたどり着く。
フロントに名前を告げるとテキパキとチェックインをしてくれた。
今回、事前にホテルに電話で「エレベーターから遠い静かな禁煙ルーム」の希望を出して
おいたのだが、その確認をすると問題はなくリクエスト通りだった。
部屋へはベルガールがキチンと案内してくれた。

部屋は13階の海側の部屋。ベッド2台入っているが、ゆったりした感じだった。
内装はというと、特に特色もなく普通の部屋といった感じ。バスルームも普通。
シャンプーやリンスはアメニティではなく、備え付けのものだった。
ただバスタブはゆったりサイズだったので、ゆっくり寛げた。
バスローブはない、と聞いていたがクローゼットに用意されていた。

サイドテーブルの上にはウエルカムフルーツと水が置いてあった。
ちょっと嬉しくなった。
近くに手紙があったので、開いてみてわかったのだが、バスローブもフルーツも
僕がヒルトンのHオーナーズという会員組織の上級会員だったからサービスされたようだ。
今回はパッケージなのでHオーナーズのポイントは入らないのが分かっていながら、事前に
Hオーナーズの件を伝えたことが良かったようだ。言ってみるものだ。

朝、目覚めてカーテンを開けると、昨日は日が暮れた後だったのでよく見えなかった外の景色が
目の前に飛び込んできた。
目の前は、小樽マリーナでクルーズ船が沢山停泊していた。
今日も日差しが厳しい。
朝食後、チェックアウトをし、荷物を預け、小樽観光に出かけた。

心配していた「サービスの低下」はさほど感じなかった。小樽近辺では「快適さ」や「リゾート感」
はまだまだ高い水準にあると思う。確かに東京などと比べてしまえば???と思うところは
あるかもしれない。でも、スタッフがギスギスしていないのは地方都市だからかもしれない。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事