ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ローカルな場所へ行ってみよう!〜
アジアやヨーロッパのローカル色の濃い旅を目指してます

書庫全体表示

JALの有楽町発券カウンターで、シンガポール行きのチケットを発券した後、
新宿で友人と待ち合わせ。妻と合わせて3人、食事をしようということになり、
久しぶりに新宿のパークハイアット東京の日本料理  で昼食をとった。
梢では、今、通常のメニューに加えて

Food for life 〜こころとからだを癒す料理

と銘打って、夏の特別料理を味わえる企画をやっている。
通常のランチは4200円からだが、特別料理のランチは6300円〜
ランチに6300円は〜とちょっと躊躇

しかし、ブログのためにとこじつけて、食してきました。

コースは6300円から10000円まであるようですが、お昼だし沢山は食べられないので
6300円のコースを頼みます。

イメージ 1

メニューです。

お茶を飲みながら、友人と話をしていると前菜が出てきました。
夏らしい涼しげな器に盛ってあり、きれいなので写真を・・・と思い
近くにいた顔なじみのスタッフに「写真を撮っておきたい」と言葉をかけた後

イメージ 2

お料理は上の器から
鴨の白和え
大和鯉の南蛮漬け
栄養豆腐
鯉の南蛮漬けは鯉が意外に柔らかくて、しかもちょっとピリカラ。食欲をそそります
栄養豆腐とは玉子豆腐のようでした。でもプルプルじゃなくて詰まった感じの豆腐、あっさりいただき
ました。
鴨の白和えにはスイートコーンなどが入っていて、意外な内容の白和えでした。

イメージ 3

次の皿はお造り
1人で注文すると1人前盛られてサーブされるのですが、今回は3人同じメニューを注文したので
大皿に盛ってでてきました。写真は3人前になります。念のため(笑)
お造りは、手前からカツオ・若師(若いブリ)・煽りイカだそうです。
お造りも美味しいのですが、一緒に添えられていた海草が海の香りがして、旨かった〜!

イメージ 4

続いて、今回のお目当て夏の旬ハモのお料理です
ハモをどのようにたべさせるのか、興味深々でしたが、ここではハモ鍋料理でした。
ハモを熱いブリと貝柱のダシの中でシャブシャブして、梅肉のタレで食す。

絶品です、旨い!!!


ハモに添えられた白木耳・ネギと一緒にハモを食べると、夏の暑さを忘れるくらい涼やかに。
また、シャブシャブ用のダシが旨い。
ブリと貝柱と椎茸のダシだが、すっきりとしていて脂っぽくないし、くどくない。
ハモを何回もシャブシャブしているのでその中にハモの風味も入ってより一層旨くなる。
このスープ飲みたいですね、とスタッフの方にお話しするとレンゲを持ってきてくれました。
「これで雑炊作ったら美味しいでしょうね」なんて話もしておりました。

さて、ハモを堪能した後は、お食事です。
食事は、桜海老の釜炊きご飯、又は冷やし汁そば
せっかくなので、3人で2種類頼みました。妻と友人はご飯。僕はそばを注文。
イメージ 5

桜海老の釜炊きご飯は、釜に入った状態で出てきました
中は
イメージ 6

桜海老がぎっしり入っています。蓋を開けたとき桜海老の良い香りが・・・
スタッフにお茶碗へ盛っていただきました。
イメージ 7

桜海老のご飯は、味噌汁と一緒にサーブされました。

イメージ 8

こちらは冷やし汁そば
日本そばと思いきや、麺は中華麺でした。つまりラーメンの麺
とろろ昆布や蜆、温泉玉子などの具が入っていて、和風だしの汁でいただくのです。意外な組み合わせ。
いわば、和風ラーメンという感じでしょうか?
味ものど越しも最高でした。

イメージ 9

最後はデザート
豆乳のチーズケーキ 黄身ソース添え
黄身ソースって何?って思いましたが、アングレーズソースのことなんですよね。
アングレーズソース(カスタードソース)のもっと濃い感じのソース。
少し豆乳の香りのするチーズケーキでしたが、チーズ臭くなく後味さわやか・すっきりの味でした。

久々に2時間位かけて、ゆっくりと食事をいただくことが出来ました。
今日はとても満足な1日でした。

なお・・・・パークハイアットの日本料理「梢」のこのメニューは

8月5日までだそうです。行きたいなぁと思っている方は、どうぞお早めに!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事