ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ローカルな場所へ行ってみよう!〜
アジアやヨーロッパのローカル色の濃い旅を目指してます

書庫全体表示

2月3日

イメージ 1

この日は、こんな電車に揺られて約1時間・・・

まだ雪が残る、ちょっと寒い、でも天気が良い・・・こんな所にやってきました。

イメージ 2

箱根 強羅でございます

もともとの目的地は違う場所を予定していたのですが、諸事情で急遽 箱根になりました。
雪が残る今日この頃・・・無事に強羅に着けるかだけが心配でしたが、今日はお天気にも恵まれ
箱根湯本まで来た所、ちょうど強羅行きの登山電車に乗り換えることができたので、そのまま
電車に揺られてここに来ました。

強羅駅に着いたらほぼお昼・・・
どこでご飯を食べようかなぁなどと思っていたのですが、母親から「強羅に行くなら花壇に行ってみて」
なんていう言葉を思い出しました。

花壇って?

って思いました?花壇・・・というのは

強羅花壇

でございます。
1泊お一人様5万円は最低するという超高級旅館が強羅花壇。

とても強羅花壇は予算に合わない。けど、強羅花壇の経営のレストランが敷地内にあって
こちらは昼食としてはやや高めだけど、なんとか予算内でいけるかな?と思い…問い合わせてみると
ご丁寧に徒歩でのアクセスまで教えてくれ、とてもよい感じだったので行って見る事に。

イメージ 3

懐石料理 花壇
ちょっとお洒落な洋館でびっくりしました。
聞けば、旧宮家 閑院宮家の別邸だった建物だそうで・・・

イメージ 4

店を入った右手には 雛人形。
靴は脱がずにそのままレストラン内へ。
平日のお昼なのかさほど混んでいませんでした。
スタッフに「先ほど電話をいただいた方ですね。良いお席を用意しておきました」と言われたときは
驚きましたが嬉しかったのも事実。

流石、高級旅館の別館のことはありますね。おもてなしが行き届いている感がありました。
そういえば強羅花壇ってラグジュアリーホテルを沢山もつフランスのルレエ・シャトーお墨付きの
ホテルでしたよね。

イメージ 5

イメージ 6

席はシンプルですが、歴史を感じます。
室内の壁には閑院宮さまの肖像画。軍服を着ていることから閑院宮載仁(ことひと)親王のようです。
(レストランでいただいた資料より)

イメージ 7

窓の外は梅の木 雪の中にも梅の花がチラリ・チラリと

イメージ 8

さぁ、お食事が出来たようです。
まずは、食前酒として自家製梅酒が振舞われました。

今回の食事は、お昼なので一番お安い お弁当懐石にしました。お一人様 3850円です。
(3850円じゃお安くないかな?)
でもこの上のコースは懐石料理の5500円だったから。

つづく

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事