ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ローカルな場所へ行ってみよう!〜
アジアやヨーロッパのローカル色の濃い旅を目指してます

書庫全体表示

昨年に続いて、今回も行ってきました。

「華記海鮮飯店」
今年は、別の料理店で食べようと意気込んで行ったのですが、結局無難にこの店へ


ランチには時間があったので、店内はまばらなお客。厨房前には生け簀で泳ぐ新鮮な魚ちゃん。
この店が美味いのは、冷凍魚、冷凍エビを使ってないから・・・


イメージ 1


今回は厨房に近い席を取ることができた。

厨房近くでは、この店の主のお婆さんが、采配を振るっている。。。御年80位の方。
多くを語らないが、たまにスタッフに声をかけてる・・・

男性スタッフ、よく見るとこのお婆さんに顔が似ている。きっと家族で切り盛りしてるんだろう。

前回は暑い日だったので、アイス檸檬ティーで喉を潤していたが、今日は台風が近づている時期で、朝から雨が強く降ったり止んだりと不安定な天気。
白銀村付近を散策した時も、傘はいらないもののずっと湿った感があった。

イメージ 2

        (8/14はこんな天気図の日だった)

華記海鮮飯店に入ったころは、急に天気に。でも寒いので温かいお茶を頼み飲んだ。

イメージ 3

テーブルには広東語のメニューしかなかったので、英語併記のメニューをもらう。この手のレストランによってはローカル用と観光客用で値段が違ったりするので、一応確認。値段同じでホッとする。

昨年頼んだ料理(プリプリ海老の甘酢炒め)は大変美味しかったが、今回は別の物を頼んでみることに。

イメージ 4

プリプリ海老タップリな海鮮チャーハン

イメージ 5

牛肉の豆鼓味噌炒め

イメージ 6

麻婆豆腐・・・これは広東スタイルなのか?日本人の知っているあの味とは全く違う味。こういう味付けもあるんだなぁ・・・とカルチャーショック受けた。

イメージ 7


台風の生暖かい風が気になったが、一時少し晴れ間も広がり、優雅に食事を楽しみました。

この店を出てしばらくすると、大雨・大嵐になり某所で雨宿りすることに。
そこではトンデモナイ修羅場に遭遇するとはこの時は思いませんでした。








拙い文章、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事