ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ローカルな場所へ行ってみよう!〜
アジアやヨーロッパのローカル色の濃い旅を目指してます

書庫全体表示

記事検索
検索

湯のたまご・・・

東涌の宿泊ホテル地下にスーパーマーケットTASTEがある。
毎回行くけど案外面白い・・・買い物しないことの方が多いけど。

今回は、「日本の菓子プロモーション」やってた。
イメージ 1

「当店人気№1」ののぼりまでついて猛アピール商品は「湯のたまご」
上の「くまもん麦茶」より人気?なんですかね。
それともたまたま「湯のたまご」の隣に置いてみた「当店人気№1」
ディスプレイ担当者が日本語を理解できる人物とも限らない・・・と裏事情への妄想は膨らむばかり(笑)
イメージ 2

とはいえ、他の菓子よりアピール度の高い「湯のたまご」

実は日本の会社が作っている様で、日本でも販売されているみたいです。
ここで売っていたものは「箱根温泉 湯のたまご」ですが、帰国後調べたら
「登別温泉」「別府温泉」「白浜温泉」「有馬温泉」出てくる出てくる〜まだまだありそう・・・いずれも「湯のたまご」のフォントは一緒で○○温泉が違うみたい。

話しの種に買って来ればよかった!と思ったが、国内で売ってるよな、と気づく。


最後に

日本のスーパーではあまり見かけない(僕が見ないだけなのか?)陳列を1つ

イメージ 3

効率的ですね〜

開くトラックバック(0)

初めてホテルのプール階に出てみました。
大きくないプールですが、十分な大きさです。屋外っていうのもgoodですね。
イメージ 1

ホテル内の雑踏とは無縁の世界。利用している客も欧米系の家族連れでのんびりとした時間が流れています。
イメージ 2

プール脇に階段があったので上に行ってみたら、緑一杯の広い空間にデッキチェアがあって、脇には水の流れるオブジェが数点。

ここでも昼寝が出来そうです💤ここなら、宿泊客しか入ってきませんし、プールの監視スタッフもいるので安全かも・・・なんて考えながらデッキチェアでウトウト(=_=)

次の宿泊時はここでゆっくりと過ごそうかな

開くトラックバック(0)

お詫び)ホテル名の記載が間違っていました。(訂正済)
    (誤)ノボテルスカイゲート⇒(正)ノボテルシティゲート

ホテルはもはや僕の香港での常宿 ノボテル香港シティゲート
イメージ 1

















毎回毎回ホテルを撮影してもつまらないので、今回は割愛。
クラブフロアのクィーンベッドルームを予約するが、いつもの通りスィートルームにUGされました。
★ノボテル香港シティゲートの過去ブログはコチラ
★アコーホテルのノボテル香港シティゲート案内
★ホテルの公式サイトも面白いかも・・・

イメージ 2










ただ、スィートルームから見える景色は好きです。
向かい側は地下鉄とバスターミナルですが、建物はずっと建設中。
いつになったら出来るのか?と宿泊の度に眺めている(ちょっと楽しみ!)

朝食を軽く済まして・・・天気も良いので普段あまりホテル近辺を散策しないので散策してみることに。
もっと遠くへ遊びに行かないんですか?と思ったあなた!
すいません、午後はアポイントが入っていてとあるオフィスに出向かないといけないんです。今回の香港も遊びなのか仕事なのかわからん!
イメージ 3























というわけで、↑の写真の建設中の建物の右(ケーブルカー乗り場)の遊歩道を歩いてみました。
◎潮風が気持ち良いです(今日は暑いので尚更)
◎飛行機の着陸が見えます
◎市民の足である小舟が頻繁に通ります
◎ジョギングできます
◎釣りができます
過ごし方色々・・・心地よいので昼寝には最高かも(僕の感想)

イメージ 4

















本当に、I♡東涌(トンチョン)になっちゃった


今日の昼は、いつも朝食しか食べたことのないホテルのレストランでランチブッフェをしようと出発前から決めてましたので、開店と同時に行ってみました。
イメージ 6

イメージ 5

ノボテル香港シティゲートの公式サイトに案内があって、ブッフェがプロモーションで30%オフと載っていて、金額も事前にわかってたんで行ってみようかと
通常3500円位のランチブッフェが2500円。お得かな。

近所の団地に住んでいる香港人が多かった気がします。みんな予約をしてきている様でした。30分もすると満席に・・・オープンと同時に入店して正解だったかも!
イメージ 7























売りはオードブルコーナーのベビーロブスターと寿司。みんな皿一杯取っていくな〜
それにしても、素晴らしいね!香港人の食べっぷり。貪り食うとはこういうことか?と思ってしまう(笑)

まぁ、良かったら行ってみてください!

僕は自分のペースで楽しく食事出来ました。
デザートも充実していて個人的には友達に紹介したいし次回は一緒に来たいです。
イメージ 8























午後は前述のアポイントのために、香港島に来まして少し西側のローカルエリアにある辺りで仕事してました・・・

開くトラックバック(0)

4/2 JL735 NRT-HKG

年が変わると全国の修行僧の方が修行に励む中、僕は仕事がこの時期が繁忙期で身動きが取れないのが毎年の事。昨年は2月に出かけられたのに、今年は3月になっても燻ぶっていました。このままでは、昨年取得したJGCダイヤのカードが泣いてしまうので、なんとか時間をとって、出かけることに。

仕事に支障がなく、弾丸で行ってこれる場所はかなり限定されてしまいますが、やはり好きな香港を1泊2日の予定で予約を入れていました。
当初は4/3〜4/4の1泊2日。直前の3月下旬になって旅行の前後にもう1日休みが取れそうだったので、急遽予定を変更(チケットは購入前だった)2泊3日に変更し、出発地も羽田から成田に変更。

セミフレックスからセーバーに予約変更したので、チケット代もかなりお得な金額になりました。(あっ、ビジネスクラスの話ね)

成田空港では出発までファーストクラス・ラウンジでまったりしてました。
イメージ 2

















ラウンジ内の報告は他の方が事細かく書かれているので割愛します・・・。
でも、やはり板さんが握る寿司には興味があったので
イメージ 1

















いただきました。

本日の搭乗口がサテライト側だったので、その後サテライト側のファーストクラス・ラウンジに移動しまったりしてました。
イメージ 3

















その後搭乗口を抜け飛行機の中へ。
やはり飛行機に乗る瞬間はワクワクしますね。
イメージ 4

成田発のシートはこちらでした。
過去1回しか利用したことない記憶。
イメージ 5

















個室感の高い一番前の窓側にしてみました。
隣は外国人女性でした。離陸後水平飛行までは隣とのパテーションを開けなければならないので、行動を見られている様で嫌でした。
が、水平飛行に移るや否や彼女の方からパチンとパテ-ションを閉められてしまいました(笑)
イメージ 6

















機内食はこんな感じ。和食をチョイス
以前に比べボリュームがある内容に変わりましたよね。昨年JAL香港線ビジネスに乗ったときはガッカリし、その後コードシェア便(キャセイ航空)を使うことが増えていたので。

今回は夜便で、外の風景もさほど楽しめないので、映画を2本ガッツリ見ているうちに香港到着。機内徘徊・CAさんとのお喋りもなく香港へ到着してしまいました。

開くトラックバック(0)

4/18 東京-女満別 R/T

久々の休み、何をしようかと数日前からググっていたところ、JAL女満別線の特割3が安く放置されていることを発見。速攻予約し、行ってきました。

実は、この日の国内線フライトが今年初めての国内線
少し早めに空港に行って、シャワー室を使い、DPラウンジで寛いでました。

イメージ 1

















出発は昼過ぎの便にしました。特割3で15000円ほどだったので。因みに朝の便は
20000円だったので、この便で往復します。

イメージ 2

















安いわけです。クラスJは満席でしたが、エコノはガラガラです。機材がB767でしたので余計に空席が目立ちます。
行きは、外国人・幼児含め120名程の乗客とのことでした。
帰りは、80名 外国人搭乗者がいないので、英語での案内は割愛されてました。

行きの便でとんぼ返りなので、CAさんは同じでしたが、パイロットが変更になったそうです(CAさん情報)因みに帰りはクラスJ・エコノともに更にガラガラ

イメージ 3

















女満別空港に行ったよ〜!という記録という事で。「只今の温度」は1℃ではないです。確か二けたでした。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6















女満別のある大空町の特産は、シジミとのことで、シジミ関連のお土産をちょこっとだけ買って、ソフトクリームも買いました。
ソフトクリーム、メチャメチャボリューミーで大満足。

































帰りの便出発のために座席に座っていたらCAさんの声をかけられて、何かと思ったら「今、空港職員から遠くに藻琴山が見えるんだけど、こんなきれいに見える事滅多にないそうだから、○○さん良かったら写真撮ってください」って促されちゃいました。遠慮なく撮影させていただきましたが、機内に戻ると同時に扉が閉まったので、かえって申し訳なかったです。
田舎の空港、良いですね。のんびりした時間が流れていて・・・

今回のフライトで、FOP 2872p(518×2×2+800ボーナス)入りました
おしまい

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事