ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ローカルな場所へ行ってみよう!〜
アジアやヨーロッパのローカル色の濃い旅を目指してます

書庫全体表示

記事検索
検索

イメージ 1

シンガポールで今や一番有名になったマリーナベイサンズ。

ガイドブックにもこんな写真が多くみられるよね。

・・・で、こういう写真撮りたい方、instagramにアップしたい方、おススメの撮影スポットご案内します。ていうか、僕もこんな写真が撮りたくて、そこに行ってきました。

一番のベストスポットは、マリーナベイサンズ対岸にある
イメージ 2

ナショナルギャラリー・シンガポール National Gallery Singaporeではないかと
思います。高さもあるし遮るものもないので。
ナショナルギャラリーは数年前まで最高裁判所と市庁舎があった建物をリノベーションして美術館とマリーナベイを望めるレストラン・バーが入る複合施設に生まれ変わった場所です。
イメージ 3






















マーライオンやフラトンホテル周辺からもおススメですが、かなり見上げる格好になるのと、観光客が多いことが難点。気にならなければ問題ないですが。

美術館にも興味があったので、僕は入場料を払って入館しましたが、上の階にあるレストランのみの利用も可能なので、そちらへはエレベータ−で向かえば良いと思います。ちなみに美術館の入場料はS$20でした。
美術系学生や教えている人は特別料金が設定されてかなり安いようです。

向かった先は、旧市庁舎側の6階 ほぼ屋上フロアにあるテラス。
「スモーク&ミラー」というバーがある場所ですが、時間が早いのかこちらはオープン前でした。
イメージ 4

デッキからはシンガポールのマリーナベイが一望できますよ。

最寄り駅は地下鉄でシティホール駅下車、徒歩数分・・・

お試しあれ!


6/6 羽田-沖縄 R/T

朝からの熊本往復遠征から羽田に帰ってきた僕。

「お好きな1か月いつでもFOP2倍キャンペーン」第2弾は沖縄
熊本から帰ってきて、50分ほどの休憩をDPラウンジでリフレッシュ
イメージ 1

パンとスープでエネルギーチャージ

沖縄へは13:05発のJL917を利用しました。
修行僧の身ですから、あまり目立たないようにしてましたが、ドリンクサービスの折
「今日は朝からスペシャルドリンクばかり貰っているんですよねぇ」と言ってしまったばかりに・・・
「この後、JAL718便に乗られるという情報を得てますよ〜!」との弄りが入ってしまいました。CAさんに座布団1枚!

その後は機内Wi-Fiを利用して大人しくしていました。

この日の沖縄は、晴れていて気温は32℃。滞在は3時間ほどありましたが空港から外には出ず、
イメージ 2

飛行機を眺めたり(あいにく青い方しか飛んでこない時間)

イメージ 3

土産・ツマミなど物色しつつ
イメージ 4

早めに那覇空港のDPラウンジへ。
朝早くからクラスJで修行に出ていましたが、今日最後のフライトはファーストクラスで〆るというなんとも贅沢な坊主!
この日のJAL918便はB767での運航なので、1Dは艦長席。
今日は熊本往復のクラスJも沖縄線の行きのクラスJもすべて1D座席でした。

イメージ 5

夕食は機内でいただきました。夜便なので機内の照明が早い時間から落とされていたので、食事が見えにくいですが・・・九州の名物を集めた内容でした。


ではまた

6/6 羽田-熊本 R/T

イメージ 1

このキャンペーンに今年 初参戦です。
2012年〜2014年はエールフランスでのフライトが多く、
2015年〜2016年はキャセイパシフィック航空搭乗に忙しく、
2017年になって10年ぶりにJALのステイタス会員になったので、
2018年のこのキャンペーンに参加できることとなったのです。

6月が指定した1ヶ月となります。
6月は1年通して仕事が忙しくなく最も休みがとりやすい月だし、予定が組みやすいので「特便割引21」を利用してのフライトを予約

第1弾が6/6の羽田-熊本線になりました。1便目は8:05出発。自宅からだとちょっと間に合わないフライトなので、Kaligoで蒲田付近の安ホテルを取り1泊してからの出発
イメージ 2

梅雨前線の影響で、行きも帰りもよく揺れました。
行きはほぼ定刻通りのフライト、折り返しのフライトは搭乗客が少なく早めの出発&到着でした

おしまい!

ぷーたパパです。

JALのプレミアムエコノミー JAL SKY PREMIUM 初体験してきました。
意外に思われるかもしれませんが、JALの新PY席に乗ったことなかったんです。
前のSKY SHELL SEATでの旅行は何回かあるんだけど、リクライニングの時の座席がずり落ちる感覚が馴染めなかったので、ある時期から避けていました。

新PYに乗った複数の友人から「良い!」「PYの一番前が取れると最高!」などの話を聞き、今回は行きだけJAL SKY PREMIUMを利用してみることに・・・

目的地はシンガポール。5/14、午前中はどうしても抜けられない用事があったため、
成田空港17:55発のJL711に搭乗しました。

プレミアムエコノミーとはいえ機内食はエコノミーと同じなので、そこはあまり期待せず、早めに空港に到着してラウンジに行くことにしました。
本当は本館の旗艦ラウンジに行こうとしたけど、ラウンジ前でスタッフから
「本館ラウンジは満席に近いくらい混んでいるので、搭乗口に近いサテライトラウンジの方が空いていて寛げます。シャワーも本館は1時間待ちです」との有り難い案内。ということで、サテライトラウンジへ向かいました。

案内の通り、サテライトのラウンジはさほど混んでない様子で、エメラルド会員の僕はファーストクラスラウンジでシャワーを浴び、ゆっくりと寛ぐことができました。
イメージ 1

ラウンジでは少し早い夕飯をいただき・・・
イメージ 2
搭乗口へ

イメージ 3

優先搭乗で真っ先に機内へ。最前列のプレミアムエコノミーです。

足が伸ばせてゆったりしてますね。リクライニングも結構倒れるんですね
ちょっとビックリでした。
ただ、バルク席のデメリットはシートテレビですかね?
前の座席についていれば、離着陸の際も楽しめるかと思いますが、バルク席は座席収納型なので離着陸の際は定位置に収納しないといけないんですよねぇ。

夜のJL711、満席便でした。搭乗客の9割が欧米人かシンガポール人だそうです。
日本人の割合が少なく最近はいつもこんな感じだそうです。
時代は変わったものです・・・びっくり!

意外にサクサクと搭乗されたようで、出発の5分ほど前にはスポットを離れ15分ほどタクシング後、18:20頃には離陸しました。

イメージ 4

暫くすると、きれいな夕日が・・・
イメージ 5

こちらは、当該機の機内食のメニュー

イメージ 6

機内食、今はこんなオシャレな感じなんですか?JAL
給食のような金銀赤黄といったアルミのフタはどこ行った?

親子丼かビスク風カレーとのことで、迷わずカレーを選びました。
さっきラウンジカレー食べてきたんだけどなぁ、シーフード好きな僕はエビの出汁で作った?ビスク風という言葉にピピっと来てしまった。

イメージ 7

で、フタをとるとこんな感じです。サフランライスが食欲を刺激します。
隣に座った外国人が親子丼選んでいたけど、「カレーで良かった」って純粋に思った

食後アイスクリームをいただきました(写真なし)

ずっと座っているのも苦痛なので、暇そうなCAさんとちょっとお喋り・・・
機内徘徊・・・
後方ギャレーで談笑していたCAさんと記念撮影・・・
1席だけ空いていたエコノミー席をしばし楽しむ・・・

等などのヲイタを楽しんでいたら、PY席の担当のCAさんに
「ぷーたパパさん、こんなところにいたんですか? 軽食のパンお配りしていたんですが、どこ行っちゃったのかな?って心配してました」などと有り難いお言葉。

「ギャレーに大切に保管してありますので、今渡して良いですか?」と言われたので
「コーヒーとともにお持ちいただけると嬉しいですけど・・・」
「かしこまりました・・・」という言葉遊びをCAさんと楽しみ、席で待っていると

「お待たせしました」の言葉とともに、パンとコーヒーとおつまみがセットで運ばれてきました。周りのお客の反応面白かったです「コイツ何者?」

こんな面白い対応をしてくださったCAさんと帰りも同じフライトになるとは・・・
イメージ 8

イメージ 9

JL711は、ほぼ定刻通りに着陸。入国審査もさほど混んでいなくて午前0時半過ぎには無事にシンガポール入国です。そのまま定宿へ向かいチェックイン(午前1時前)



イメージ 1




先日6/6の修行のご褒美が加算されてました。
JALの国内線FOP2倍キャンペーンも加算されているので、FOPが半端ないです。
合計で13728FOP シンガポールをビジネスクラスで往復した時くらいのFOPが入り
感謝感謝です。

ちょっとトラブルのあった熊本→羽田もちゃんと加算されていて、一安心。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事