ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ローカルな場所へ行ってみよう!〜
アジアやヨーロッパのローカル色の濃い旅を目指してます

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

今回のお正月ステイの初日、部屋で寛ぎながら、ルームサービスメニューを見ていたら、最後のページ
に、「ランチボックス」の案内があった。
ホテルのデリカテッセンおすすめの料理が詰まったランチを、機内や公園でお楽しみください。と書いてあった。
英語の表記では、箱根などの1日観光などのお伴に…と書かれていた。
値段は、3000円・5000円・10000円・12000円の4種類。
予約は、利用日の前日の午後4時までにお願いします、とのこと。

二日目の朝は、おせち料理を頂くとして、お昼のことは考えていなかった。いつもおせち料理で満腹に
なり、お昼は食べないか、簡単に済ますことが多いからだ。
でも、このランチボックスのことが非常に気になっていたので、おせちで腹一杯なら持って帰れば
いいな!って思い、ランチボックスを注文することにした。

注文先はデリカテッセンではなくルームサービスだった。
一番下では芸がないし、ランチボックスで10000円はちょっと・・・
ということで手軽?(とはいえないけど)5000円の物を注文してみた。
このコースでは、サンドイッチ・サラダ・デザートがそれぞれ4種類の中から2種類選ぶことが
できるとのこと。
サンドイッチは、ローストチキンのパニーニ・ハムとチーズのクロワッサン。
サラダは、ニース風サラダとほうれん草のソテーを。
デザートは、フルーツサラダとレモン・アラスカ(レモン味のケーキ)をチョイス。
その他に、レモネード、フレッシュフルーツ、ミネラルウォーターが、クーラーボックスに一緒に
入っているとの事。

1日観光に出かける外人さんからの注文が多いらしく「明日の朝ベルデスクでのお渡しで良いですか?」
と聞かれたが、午前11時頃、部屋に届けるようにしていただいた。

次の日の午前11時、部屋で寛いでいると、ルームサービスからランチボックスが届けられた。
早速開けてみる。
サンドイッチは、温められていた。サラダも期待に反して結構なボリュームが入っていたし、
紙コップや紙おしぼり、プラスチックフォーク・ナイフなど外で広げても困らないように一式
入っていた。

11時はまだお腹が一杯だったので、見た後しまっておいたが、ちょっと買い物に出かけて、帰って
来る頃にはお腹がすいてきたので、早速いただいてみた。
パニーニは、赤ピーマンやズッキーニが沢山入っていてヘルシーだったし、ニース風サラダはツナや
ポテト。トマト・玉子など彩りが良かった。
レモン・アラスカはレモンクリームがはさんであるケーキにメレンゲが乗っている、酸味と甘みが強い
食べなれないケーキだったけど、紅茶との相性はバツグンで、くどさは感じなかった。
チェックアウトを午後1時にしてあったので、ゆっくりランチをしていました。
しかし小食の僕ら夫婦には完食できず残りは持って帰ることにした。

妻は、このランチボックスが気に入ってしまい、「次回も注文したいね」と言っています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

お正月ステイの2日目、1月2日の朝食は、日本料理「梢」の「おせち料理」と決めている。
毎年、おせち料理をいただいている。普段、梢は昼食と夕食の提供で、朝食はやっていないのだが、お正月の時だけは、朝食をいただけるので、ついつい毎年行ってしまう。

おせち料理は、毎年内容はほとんど同じだけど、調理方法がちょっと違っていたりする。
おせち料理は2段重ねのお重(一の重は口取、二の重は焼き物)に炊き合わせ、お雑煮、赤飯がついた
献立となっている。
席には「おせち料理の御献立」とお品書きが置かれていた。
お品書きを見ながら待っていると、スタッフが「あけまして おめでとう ございます」とご挨拶と共にお屠蘇のサービスに来た。僕は、日本酒は飲めないのだが、縁起物なのでこのサービスは受けるようにしている。また、このお屠蘇の酒は、口の中に甘みが幾重にも広がるお酒なので、つい飲んでしまい、いつも顔が真っ赤でおせち料理をいただいている。

さて、いよいよメインのおせち料理が運ばれてきた。
相変わらずボリューム一杯だった。6500円(サービス料別)するおせちである。この位のボリュームはほしい。ちなみに、昨年2006年は6000円(サービス料別)だった。
去年とほぼ同じ内容だけど、「なます」と「海老」が入っていなかったことが食材の点で違っていただろうか・・・。
まずは、お雑煮からいただいた。お餅も柔らかく、京野菜を中心とした具材も美味い。
焼き物は、ブリと鮭。ブリは昔から出世魚として有名だから、遠慮なくいただく。
玉子焼きの中には、濃厚なクリームチーズが入っていたり、黒豆が生姜蜜で煮てあったり、1つ1つが
とても気配りをもって調理されていたことがわかる。

今日はあいにくの曇り空。予報では、天気は下り坂。
いつもは、梢の窓から、富士山が見えたりするのだが、今年は見えなかった
また、いつもは込み合っている梢のおせち。今年は、お客が少ないように感じたのだが、どうしてだろう? 僕たちが早く食事に来すぎたのだろうか?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

パークハイアットに宿泊するとき、日本料理「梢」で夕食をとったことがないので、奮発して梢に行こうという話しになったのだが、実際予約のお客で満席。午後8時以降なら案内できます、とのことだったが
午後8時では遅い夕食になってしまうので、断念。
いつも通り、ジランドールへ。

ジランドールは空席があれば、「エクス・リブリス席」を希望している。ボックスシートになっているので個室感覚で食事が楽しめるし、落ち着けるので好きな席。
でも、夜景は見えないし、喫煙席になってしまうのがネックだが、なぜかいつもエクスリブリス席を指定してしまう。

さて、料理の方だが、オードブルとメイン料理・デザートを頼むことにした。ここの料理は、一皿の量がボリューム一杯なので、一人1品づつ頼むと次の日胃がもたれてしまうので、いつもシェアするようにしている。ということで、今回も小食な自分たちに合った方法でオーダー。

前菜は大和豚のリエットとフォアグラのテリーヌ
大和豚のリエットは、意外に濃厚ですが、あっさりした味でしたが、フォアグラの濃厚な味が引き立ち美味かった。テリーヌに入っている人参と葱のポワレが豚の旨みがしみこんで美味かった。

メイン料理は、黒ムツのソテー
とにかく、魚が食べたかったので、注文しました。
有機レモンが半分付いていて、すごい!っておもいました。有機レモンは普通のレモンのように酸っぱく
なくて、甘みのあるレモン。すごく風味も良くて、ソテーに合う感じでした。
今回、野菜も多めに食べたかったので、野菜のスチームしたものを頼みました。
メニューになかったのですが、生でない野菜を食べたいと注文すると、スチームした季節野菜はどうでしょうか?と勧められ、注文しました。カリフラワーが甘くて美味かった。

さて、いつもはここで退席して、場所を変えてデザートを楽しむのですが、今は正月。
他のレストランも混んでいるだろう、と思いジランドールでそのままデザートをいただくことに
しました。

デザートはパンナコッタ・フルーツスープをかけて
甘さ控えめのパンナコッタにバナナ?・ミルク?を使ったフルーツスープをかけ、上にベリー系のフルーツが盛り付けてありました。
フルーツスープもクセもなくスっとお腹に入っていく感じで美味かった。
最後は、ダージリンティーで〆て、本日のディナー、終了です。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事