ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ローカルな場所へ行ってみよう!〜
アジアやヨーロッパのローカル色の濃い旅を目指してます

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


文武廟というのは、学問と武道の神様が祀られている場所で、香港にあちこちにみられる場所。なにか願い事があるとそこに行ってお参りする・・・日本の神社のような存在と理解してます。

大きな文武廟だと天井から大きな線香が吊るされていて、ガイドブックなどにも神秘的な写真・観光スポットとして紹介されていることが多いように思います。

香港で最古の文武廟として紹介されているのは、1800年代に建立されたセントラル地区にある上環文武廟が有名らしいけど、今回行ったのはそれより前に建立された文武廟。

でも少し書いた白銀村というランタオ島のムイオーという田舎にある文武廟が結構古いようです

イメージ 1

こちらがその文武廟。新しい文武廟にみえますが、1901年と1960年に改修しているようです。その案内が↓

イメージ 2


このムイオー文武廟についての記載を見つけました。
建てられたのは明朝で上環よりも200年早いと書かれています。

日本の香港ガイドブックにはあまり載ってないと思います。【おすすめです】

中に入ってみましょう・・・

イメージ 3


祠自体はそれほど大きなものではないですが、左右に文昌帝君關聖帝君の像と説明書きが残っています。

イメージ 4

イメージ 5


イメージ 6

イメージ 7


銅像と説明書きについてはいつ頃作られたものかはよくわかりません。
付近に人気がないので聞くこともできませんでしたが、味わいがある像でした。

ほかにいくつかの文武廟にいきましたが、こんな立派な像があったのは初めてですね。


イメージ 8


山の中にひっそりと佇む文武廟、味わい深いものがあります。



次の香港旅行の際ももう一度訪れたい場所になりそうです。





拙い文章、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

開くトラックバック(0)

ヤマハ株式会社の歴史を綴った展示館が本社内にオープンとのことで行ってみました。

イメージ 1

ヤマハ株式会社の本社は静岡県浜松市にあります。SuicaもPASMOも対応していないローカル電車に浜松駅から乗車して15分ほど、「八幡」という駅の目の前が本社。

事前予約の案内に従って、入館証をもらい、本社内に潜入。
すぐ展示館「イノベーション・ロード」の場所はわかりました。

本当にヤマハの歴史が詰まっていてワクワクします。

イメージ 2

一部の楽器は試し弾きすることができます。この反響板の裏側にミュシャが描かれたグランドピアノ、すごかった。試し弾きしました。

山葉ピアノから始まり、今はピアノだけでなく管楽器・キーボード・エレクトーン・ギターなど、なにかしら手にしたことがある方も多いと思いますが、いかがですか?

イメージ 3

イメージ 6

イメージ 5

イメージ 4

高校生の時は吹奏楽部で管楽器を吹き、大学生の時は、オーケストラで弦楽器を奏で、現在はエレクトーンを買った僕にとっては、何時間でも長居できる感慨深い空間でした。
グルっと一周するのに1時間位ですが、自由散策なので戻ることも出来ますし、自分のペースで回れるのがとっても良いです。


入場無料です。興味があれば・・・おススメします。


イメージ 7



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事