ここから本文です
ちょっとリッチな毎日を 〜ローカルな場所へ行ってみよう!〜
アジアやヨーロッパのローカル色の濃い旅を目指してます

書庫国内ホテル探検

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

最近、宿泊する機会が多いホテルが、グランドプリンスホテル高輪
国内では外資系の華やかなホテルにめっきり宿泊しなくなりました。

国内では、ロイヤルパーク系・東急ホテル系が比較的多いですが、最近になって
プリンスホテル系が多くなりました。プリンスクラブ会員になったことが要因かと思います。昔はゴルフオヤジが泊まるホテルだと思い込んでいた時期もありますが、
今はデートをするときに気軽に楽しめるホテルに変わりつつありますし、静かに落ち着ける良いホテルだと思ってます。

イメージ 1

特に気に入っているのは、品川にあるグランドプリンスホテル高輪周辺。

イメージ 3

イメージ 2

都心とは思えない静けさをもつ「日本庭園」が好きです。
ホテルのダイニングやカフェから、庭を眺めながら思い思いの時間を楽しめます。
日本庭園を散策しても気持ちよいし、池の鯉を気長に眺めたり・・・

雑踏の中での生活で溜まるストレスは、解消していくようです。

宿泊するなら、クラブフロアがおすすめ。
クラブラウンジ「華雅」は1階の庭を眺める最高のロケーション。
外資系クラブラウンジのような豪華さはありませんが、静かで落ち着ける空間で、大変気に入っています。

クラブフロア宿泊のチェックインは、午後9時までラウンジで行うことができます。

イメージ 4

チェックイン手続き中は、ウエルカムシャンパン(ノンアルコールも有)とおしぼりをだしてくださいます

イメージ 5

チェックイン後も、しばらくラウンジ内で寛ぐことが多いですね。
部屋に入ったら、風呂に入り寝るだけですから(笑)

イメージ 6

部屋はいたってシンプル。いつも一番小さい21㎡ほどのクラブスーペリアダブルを予約しますが、狭いと感じたことはないですねぇ。

クラブラウンジアクセスがついて、20,000円を切るくらいの金額で宿泊していますが、高い安いは人それぞれ。ラウンジアクセスがつかなければもう少し安いです。

あちこちに老朽化が目立ちますが、よくメンテナンスされているなぁと感じます。
古い建築スタイルのホテルなので、シャワー付きのバスタブのみです。
ガラスで仕切られたお洒落なシャワーブースはついてません。でも不便さは感じません。

こんなブログを書いていたら、また宿泊したくなっちゃいました(-_-;)






拙い文章、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
2018年6月のある日に宿泊。
Kaligoからの予約です。11000円位かと思います。羽田前泊にしてはややお高めですが、当時Kaligoのポイントをチャンギリワードに付けていて、キャンペーン中とかで少し多めのポイントが手に入るのでこちらにしました。

最寄り駅は、京急線の「穴守稲荷」から5分くらい。ホテルJALシティの向かい辺り。

仕事が終わってから行ったのでチェックインは少々遅め。

イメージ 1


新しいホテルなのか、外観も館内もきれいです。フロントも手際よくチェックイン手続きをしてくれました。お客さんは外国人が多いです。欧米系と中国人がこの日は多かった。

予約ではスタンダード・ダブルを予約していたけど、チェックイン時に
”キッチン付きの部屋にアップグレードしておきました”と案内を受けました。
キッチン付きはありがたいが、次の日が早いので有難いとは言えず・・・。

部屋は、ドアを開けると正面に洗面とお風呂

イメージ 2

右奥に、キッチン・小さなダイニング・一番奥にベッドという空間だった。

イメージ 3

奥に長いアパートに滞在する感じ。部屋もビジネスホテルより少し広い。長居したい・・・長期滞在したい感じの落ち着いた空間だった。天井がそこそこ高いことも気持ちが良かったし、小さな窓は大通りに面してなく静かなのが良かった。
イメージ 4

更に良いのは、洗い場付きの風呂だった。アメニティは揃っていたし、桶や椅子もあったので体をゆっくりくつろぐことができた。

イメージ 5

キッチンには炊飯器・電子レンジと食器・カトラリー類が2人分揃っていたが、やはり1泊では使いようがない。とはいえ、折角なので炊飯器こそ使わなかったが、コンビニで買ってきたものを温めたり、皿に盛って食べたり、ちょっと遊んでみた。

1人暮らし時代を思い出して、JAL修行の前日に 面白い体験をしたと思っている。

久々に家族とパークハイアット東京のダイニングに食事に行きました。
イメージ 1

パークハイアット東京のジランドールというレストランを家族が気に入っているので、今回はこちらで食事
イメージ 2

ランチは11時からのようですが時間が早かったのか、あまりお客様はいませんでした。このレストランは仕切りのある半個室のようなテーブルがあります。向かって右奥は少し照明の暗い落ち着いた雰囲気に対して、左側は外の光が入る明るい半個室になっているので、こちらを指定しました。
指定することで、常連さんのように装うことができますから。。。
イメージ 3

平日ランチは2500円〜のようです。メニューを見てこのコースにしました。

本日のスープは「さつまいものスープ」
本日のポットローストは「ラム肉のポットロースト」だそうです。
ポットローストというのは、肉の塊を野菜とともに蒸し焼きにする料理のことだそうです。
前菜は僕はスープ、相方さんはサラダをチョイス
メインは僕はポットロースト、相方さんはサーモンをチョイス
イメージ 4
しばらくするとバゲットが出てきますが、これが温かいうちに食べると美味いんだ!
もちろんお代わりももらいます。
イメージ 5

イメージ 6
前菜のスープ・リーフサラダが出てきました。
サツマイモのスープはサツマイモの甘みが出たスープ。思った以上にサラサラでもったりしていない。美味かった。少し冷めたバゲットをクルトンのようにスープに入れて食べましたが、この食べ方もおいしかった
イメージ 7

イメージ 8
さてメイン登場!
ラム肉のポットローストとサーモンのポワレ
ポットローストのマスタードは皿が目の前に置かれてからスタッフが好みの量を皿の上においてくれました。
お肉は4枚、ラタトゥイユが皿に盛ってありその上に4枚。結構な厚さがあるのでボリュームがありました。
サーモンも脂がのっていて美味しかったそうです。
イメージ 9

デザートはシェフのおすすめとのことでしたが、本日は「マンゴームース」でした。
一緒にコーヒーをもらいました。
普段紅茶派でコーヒーはほとんど飲むことが少ない僕が唯一「美味い」と思い何杯も飲んでしまうコーヒーを提供しているのがパークハイアット東京なんです。
反対に紅茶はあまり美味いと思った事ないんですよ。

久々にゆっくりと楽しいランチでした。記念日でもなくただ「行ってみようよ」っていう一言で贅沢なランチになってしまいましたが、ホント正解でした。



明日の出発を前に、成田空港へ到着

今回も前泊は、ANAクラウンプラザ成田
最近ハマっているホテルです。
今回こそは、ホリディインだの日航成田だのヒルトン、東急・・・と考えてみるものの
最終的にはANAクラウンプラザ成田。

翌日はJAL便で出発だから日航の方が便利なのはわかっているが・・・
ANAスーパーフライヤーズ会員用のサービスには勝てない!

今回はカテゴリーが低い スタンダードダブルの部屋を予約 1泊8910円
ANA SFC会員だから朝食は無料で付くし、PRCメンバーだから部屋のUGとサービス
ポイントが付く。

イメージ 1

結局、部屋は12階のデラックスダブルにUGされた。

イメージ 2

机の上には、ジュースが置かれていたが、いつもはメッセージとともに置かれているホテルからの
プレゼント。
無言で置かれているのは、なんとも不気味・・・
でも次の日の朝にはカラにしておきました。

イメージ 3

クラウンプラザの良いのは、リラックスグッズが色々置いてあること。
Sleep Advantageサービスで、「グッスリ寝ていただくために」と
カフェインの少ない夜用ほうじ茶や、目の疲れをとるホットアイマスク、ラベンダーのバスソルト

この日は、大変疲れてまして・・・午後9時ごろ、ホットアイマスクをつけてベッドに横になったら
そのまま寝てしまったようで、起きたら朝の6時でした。本当にグッスリ!

イメージ 4

朝、シャワーを浴びまして、朝食を食べて出発
バスルームのアメニティはポーラ
入れ物がかわったような

開くトラックバック(1)

部屋案内の続き・・・・

部屋の中に広々したバスルームもありますが、大浴場にいくつもりだったので、ここでは割愛

イメージ 1

洗面ルームです。
2台あるのは嬉しいです。ただ最近の傾向でしょうか? こんな形状の洗面増えてますよね。
僕はバシャバシャ顔を洗うほうなので、深い洗面が好きなのですが・・・

しかも、蛇口が結構高い位置にあるので使いにくかったです。

イメージ 2

洗面横のパウダールーム
女性には大変重宝する場所ですね。

イメージ 3

クローゼットも広々しています。
パークハイアット東京のクローゼット位ありそうな・・・


************************* 大浴場を参考までに *********************************

イメージ 4

イメージ 5

男性用の脱衣場付近です。

イメージ 6

大浴場です。
建物の下のほうにあるので、景色はよくありませんが、落ち着いた造りになっていました。
この日は、ほぼ貸しきり状態でのんびりできました。

イメージ 7

1階ののロビーラウンジは、夜になると暖炉に火がくべられ(冬場)幻想的な空間になります。
風呂上りにここで寛ぐ人が多いようです。

夜のカクテルタイムにはシャンパンやワイン・ソフトドリンクが無料でいただけます。
おつまみは有料ですが・・・と粋なサービスをやっておりました。

夕食の後、風呂に入って ラウンジでくつろぐ・・・非日常な体験ができますね。

開くトラックバック(1)

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事