全体表示

[ リスト ]

今回久しぶりに、料理とシャンパーニュを合わせたネタを一つ。軽快な味わいをもつシャンパーニュは

先日寿司との相性は良いと紹介しましたが色々なタイプとあわせてみないと分かりませんね。

ということで、まずシャンパーニュを4つのタイプに分類します。ここではシャンパーニュ委員会の用いている4つのタイプを引用しました

1.エスプリのシャンパーニュ:フレッシュで軽快なもの

2.ボディーのシャンパーニュ:コクのあるもの

3.魂のシャンパーニュ:プレステージュ・シャンパーニュ

4.ハートのシャンパーニュ:ロゼ

前回、鮨一さんではエスプリのシャンパーニュである、ポメリーと共にお寿司をいただきました。今回は・・・ロゼです!ハートのシャンパーニュで試してみたいと思います。寿司は、近くのスーパーで購入

イメージ 1 イメージ 2
ドヤール・コレクション・ラナン・ウイユ・ド・ペルドリ99 スーパーで購入した寿司

コート・デ・ブラン地区最南端のVERTUS村で代々続く小さなメゾン・ドヤール。
僅かに生産されるロゼのスペシャルキュヴェ、バリック樽で仕込まれるシャルドネ33%に、
67%使用するピノノワールはロゼの色合いを絶妙に醸し出して仕上げられる
『ウイユ・ド・ペルドリ』その名の通り山ウズラの目を思わせる燃えるようなオレンジピンクの色合い

こんな色です イメージ 3


ポメリーコメント


Brutなんだけど、少し甘みのある感じチェリー系の香りに程よい熟成感があります。
あわ立ちはゆっくりと穏やかに立ち上っています。

さて、肝心の寿司との相性だけど、ワインなどに良くあるお互いが高めあう効果というものをあまり感じれなかった。しかし、邪魔する事もなく、お互いを譲り合っているように感じた。

特別お勧めとはいえないが、寿司と一緒にロゼシャンパーニュを楽しんでも良いのでは無いかと思えた。

あとは魂のシャンパーニュと、もうひとつは私自身は寿司とは今ひとつじゃないかと思っている
魂のシャンパーニュですね。この2つはまた後日にあわせてみたいと思います。

閉じる コメント(4)

きのうキャティアの99ミレジムを購入してみました。あわせてブールの白ワイン99シュペトレーゼとカリュアド・ド・ラフィットの99年。99年ぞろえで週末はお友達とプチ飲み比べ会をすることに決定!!またご報告しますね☆

2006/3/2(木) 午後 7:59 さとる

99年ですか!私の生まれ年だ(なわけない)キャティアの輸入元って大阪なんですよ。なので昔からキャティアは良く飲んでいました。ラフィットのセカンドも面白いね!でもボルドー系なら今飲むのちょっと若くない?

2006/3/4(土) 午前 8:54 シャンパニスト前田

お寿司のネタにもよるでしょうけど、シャンパンとは合うような気がします。フレンチでもお料理によって「合う合わない」があるくらいですから。。

2006/3/4(土) 午前 9:30 SUZY

suzyさんへ>そうそう、シャンパンの銘柄にも寄りますし、ネタにもよります。中華とシャンパンなんかも結構あうんですよ

2006/3/5(日) 午後 3:51 シャンパニスト前田


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事