ジャズトリガースクールブログ

ジャズトリガースクール、横山陽一のブログです。サックスやマウスピースなどについて語ります!
 今回はコーン、10m、テナーサックス、シルバープレートの紹介です。
イメージ 1

  コーンの10mと言えばやはりDexter gordonでしょう。
というより40年代辺りのジャズミュージシャンはほとんどの人がこの10mを使っていたのではないでしょうか。

 いわゆるNaked Ladyと呼ばれるモデルです。

 今回の物は、シリアルが31万台ですので1945年に作られたものと思われます。
セルマーで言うと、スーパーバランスドアクションが発売されており、その操作性の良さから段々と人気が、コーンからセルマーに移っていく頃ですね。

 コーンと言えば、トーンホールをフルートのように、くるっと丸く仕上げるカーリングトーンホールが有名ですがこちらもその仕様になっています。
シリアルで言うと325000台くらいからカーリングトーンホールが無くなるので、最もコーンらしい楽器であった最後の辺りになります。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4











 また、今回の物は10mでは珍しく、サテンシルバープレートの個体です。
一つ前のモデルであるNew Wonder Ⅱでは非常に多くみられる仕様ですが10mに移行してからはラッカーのモデルが主流のように思います。

 実際に吹いてみるとやはりアメリカンビンテージ、とても柔らかいが芯のある音です。
前に紹介したConn 30mと比べると、キーシステムがよりシンプルであり、重量が軽い為、音はより軽やかです。
よって音量はそんなに大きくはありませんが、よりボワッとした音色が得られます。
イメージ 5

  昔の楽器によくあるのですが、シルバープレートでベルの中だけゴールドプレートというものを時々見かけます。
昔の楽器は良い意味で音色がボワッとしているものが多く、低音をもう少し引き締める為そのような仕様の物がはやったのではないかと思われます。
 この楽器もベルの中にゴールドプレートしてあるかと思いきや、実はベルの中にはラッカーがかけられています。
恐らく誰かがゴールドプレートみたいに見せたくてかけたんでしょう。

 この楽器が作られた1945年と言えば第二次世界大戦の終わった年ですね。
この楽器を作った人は、まさか70年以上たって日本人が使うことになるとは思ってもみなかったでしょうね。

ジャズトリガースクール http://jazztrigger.com/


この記事に

開く コメント(0)

Bari リード

 今回はバリ、リードの紹介です。
イメージ 1

  リードは木管楽器奏者にとって命と言っても過言ではないですが、扱いは難しく、コンディションを長く保つのは非常に難しいです。

 そんな悩みを解決?できるかもしれないのが非葦系の人工素材で出来たリードです。

 現在では様々なメーカーや種類が存在する樹脂系リードですが、古くから販売されている中でも草分け的存在なのがバリリードです。

 素材はプラスチックで無色透明。
本当にただのプラスチック板みたいに見えます。(実際には色々混ざっているのでしょうが)

 実際演奏してみると、振動の仕方は意外にも、葦のリードと結構似ています。
ボリュームも割とあり、吹きやすく上から下までむらなく音が出ます。
また、他の樹脂系リードと比べ寿命は非常に長そうで、あくまで私感ですが5年くらい吹けるんじゃないかと思います。

 弱点としては音色の変化をつけようと思っても、あまり変わらないので、単調な感じになってしまう事で、これは多くの樹脂系リードでも同じことが言えます。

それから、普通のリードに比べ、音が前に飛ばない感じがすることでしょうか。
イメージ 2

 昔、イエロージャケッツでBob Mintzerさんがソプラノでこのリードを使用していたと思いますが、このリードの持っている特徴的なところを逆に利用して見事な音色で演奏をしていた記憶があります。

 もし、このリードのちょっと個性的な音が好きな人にはコスパ最強のリードです。
 また、他の樹脂系リードにありがちなフニャフニャ感みたいなものが無いので、バキっと吹けるところも好印象ですね。




ジャズトリガースクール http://jazztrigger.com/


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Daddario Royal リード

 今回はダダリオ、ロイヤル、リードの紹介です。
イメージ 1

  以前はリコ、ロイヤルという名前でしたがRicoリードの紹介の時に書いた通り、会社名がダダリオに変わった為、ダダリオ、ロイヤルという名称になりました。

 ロイヤルを使用しているミュージシャンと言えばdick oattsでしょうか。

 リコラボーズがアメリカンカット(シングルカット)なのに対してロイヤルはフレンチカット(ダブルカット)なのが特徴です。

 ちなみにダブルカットとは、リードの削られている部分の根本の表面が1枚剥かれているいるもので、バンドレンの青箱などに代表されるカットの事です。

 ダダリオのホームページによると、高品質ケーンを使用しており素早いレスポンスと柔軟性を両立した、とあります。
イメージ 2

  こちらは10年程前のロイヤルのパッケージになります。

 実際に吹いてみると非常に落ち着いた音色で少し腰がある感じです。
ダブルカットの効果と思われますが、リコやラボーズと比べ、クリアな感じで音がまとまる印象です。

 名前の通り、リコの柔軟性に少し品の良さをプラスした感じと言えますね。

 少しだけ音色を落ち着かせたいという人にはぴったりだと思います。


ジャズトリガースクール http://jazztrigger.com/

この記事に

開く コメント(0)

 今回はフランソワ ルイ、アルティメットリガチャーの紹介です。
イメージ 1

 フランソワ ルイさんはベルギーの方で、サックスやクラリネットのマウスピース、リガチャーなどの製作者として非常に有名です。

 ジョー ロバーノさんがフランソワ ルイの木製のマウスピースを使用していたことも話題になりました。

 今回紹介するリガチャーはアルティメットリガチャーというもので、とても面白い形をしていますね。

 素材は真鍮でワイヤーはステンレス、真鍮のパーツには金メッキされています。

 構造は、順締めで(リードを締め付けるパーツが下に来ている物)、リガチャーを締め付けるネジの部分と4本の小さなパイプがワイヤーに溶接されています。
イメージ 2
イメージ 3

 マウスピースに触れる部分は4本の真鍮のパイプが接触しており結果、面ではなく線で触れているということになります。

 また、リードを締め付けるプレートはリードの左右を線で押し付ける構造になっています。

 マウスピースに触れる部分とマウスピースに触れる部分、どちらも線で接触しており、リガチャーとマウスピースを極力小さな面積で接続するという構造になっているようです。
イメージ 4
 実際吹いてみると、接触面積が少ない分、振動効率は良い感じです。
また、構造のせいか、リガチャー自体に独特の響きがあるようで、普通のリガチャーよりも少し現代的な響きに感じます。 
 ただ、線で接触しているため、マウスピースの抜き差しをする時によくリガチャーが外れてしまうことがあります。

 他に類を見ない独特な形状のリガチャーですがマウスピースキャップも独特で面白い形ですね。

 

この記事に

開く コメント(0)

 今回はデュコフ、スタビー、5番、テナーマウスピースの紹介です。
イメージ 1

  以前にも紹介したデュコフ、スタビーですが今回の物は開きが5番でシリアルはT158となっています。

 1945年頃に作られたもので、素材はブラス、メッキは金メッキとオーソドックスな作りです。

 この頃、デュコフさんは、いわゆるデュコフハリウッドと、このスタビーの2種類のマウスピースを製造していたようです。

 ハリウッドについては又の機会に説明しますが、スタビーは全長が短く、中のサイドウォールが丸く掘られているため中の容積が大きいというのが特徴です。

 やはり年代を考えてもコーン等の古いサックスに良く合うように思います。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4











  5番という事で開きは狭いですがやはり中が非常に大きいせいか息の通りはスムーズで、あまりストレスなく入っていきます。

 この頃のオットリンクと比べてみると、中の構造や音色は良く似ていますが、やはりデュコフの方がバリっとした成分をより含んでいるように思います。
イメージ 5

 中を見てみると、先端に少しだけバッフルのような部分が見られます。

 これほど古いマウスピースでバッフルが付いている物ってあまり見たことがありませんが、これがデュコフらしさの元になっているのかもしれませんね。

 ちなみに以前紹介したスタビーはデュコフとは特に書いてなくて、Wood Wind Coという表記になっています。
この手の物はたまに見かけるのですが、ニューヨークの卸売りの業者がWood Wind Coという名前で販売していたものらしく、数百本程存在するそうです。
作ったのはデュコフさんなので同じものですけどね。

ジャズトリガースクール http://jazztrigger.com/


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

LaVoz リード

 今回はラボーズ、リードの紹介です。
イメージ 1
 
 ラボ―ズを使用していた有名なミュージシャンと言えば思い浮かぶのは、Sonny RollinslやMichael Breckerでしょうか。

 昔からジャズプレイヤーに人気があり、前回紹介したRICOリードと並び、定番のリードと言えるでしょう。

 リードの強度(硬さ)の表記はRICOやバンドレンのリードと違い、soft、Medium Soft、Midium、Medium Hard、Hardという表現になっています。
だいたいRICOの3番がラボーズのMediumくらいのイメージです。

 音色は実際吹いてみるとRICOよりも少しギラギラというかリード自体に音の味がある感じがします。
 カットはアメリカンカット(シングルカット)でRICOよりも少し薄めな為、広い範囲を振動させることができるので、音色の表現の幅が広いです。

 ダダリオウッドウインドのホームページによると、高品質ケーンを使用しているのが特徴で、ディップが少し薄めに作られているので、反応が良いとのことです。
イメージ 2

  こちらは10年ほど前のラボーズのパッケージです。

 そういえばリコのパッケージは昔はむき出しで入れられていましたが、その後この写真のような紙でできたホルダーに入っている時期がありましたね。

 現在ではバンドレンと同じように1枚1枚プラスチックケースに入れられるようになりました。

 ちなみに、よくリードの番手が大きいほどリードが厚く作られていると思っている方がいますが、実は2番でも4番でもリードの寸法は変わりません!
リードの材料であるケーンは自然の物なので、同じ形の物を作っても同じ硬さの物は作れません。
 よって、リードの製造過程の最後に硬さを測定して、同じくらいの型さの物を仕分けしてまとめているという事です。

 そう考えてみると10枚のリードの中でも吹奏感がばらつくのも仕方のないことかもしれませんね。 

ジャズトリガースクール http://jazztrigger.com/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

RICO リード

  今回はリコ リードの紹介です。
イメージ 1
  
  サックス奏者、クラリネット奏者にとって命ともいえるリードですが、サックスで特にジャズとなるとこのリードを使ったことのない人はいないでしょう。

 リコはアメリカのメーカーで1928年からリードを製造しているそうです。

 リコの中でも様々なモデルが発売されていますが、最初にデザインされたリードがこのリコリードになります。

 昔のジャズジャイアントと呼ばれる方々はほとんどこのリードを使用していたのではないでしょうか?
昔はリードの種類も少なく、選択肢も少なかったという事もあるでしょうが。

 ビバップの元祖、チャーリーパーカーもリコリードを使用していたようですね。
茶箱なんて呼ばれたりします。

 25枚入りと10枚入りが販売されており、最近はほとんど10枚入りしか見なくなりました。
イメージ 2

  こちらは20年程前のリコのパッケージです。
10枚入りも25枚入りも同じ大きさの箱に入っており、リードはむき出しで並べられており、間に緩衝材の役割であるティッシュのような紙が入っていました。
  25枚入りの方を買うとギュウギュウにリードが入っていたため、箱がポッコリふくらんでいた記憶があります。

イメージ 3

  その後、リコのリードもバンドレンのリードのように一枚一枚プラスチックのケースに入れられるようになります。
その頃のパッケージがこちらです。
 10枚入りと25枚入りのケースはさすがに大きさが変わりました。


イメージ 4 そして最近のパッケージがこちらです。
 リコ社はギターの弦などで有名なダダリオの傘下に入ったため、ダダリオウッドウィンズと名前がかわりました。
それに伴いパッケージが変更されました。
よって今はダダリオウッドウィンズのリコリードというややこしい名前になっています。

 リードの特徴としてはメーカーの説明にもありますが非常にしなやかなグレードの葦を使用しているという事です。
カットはアメリカンカット(シングルカット)で、その説明の通り、リードの振動する面積が広い感じです。
 
 バンドレンなどに比べるとあまり目が細かく詰まった感じではないですが、そのしなやかさから、サブトーン等を多用するジャズにはやはり最適だと感じます。
また、昔の楽器やビンテージのマウスピースが作られていた時代は、このリードに合わせて作られていたでしょうから、古い楽器との相性は良い感じです。

 先日、某有名管楽器店の店長さんから、昔のリコと今のリコは寸法が結構変わってきているという話を聞きました。

 その時代に合わせて、あるいは好まれる音色などを目指してリードの形状も少しずつ変わってきているようです。
仕方のないことなのでしょうが、なんとかリコらしさは残していってほしいと、一リコファンとしては願わずにはいられないのでした。

ジャズトリガースクール http://jazztrigger.com/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今回はリコ、メタライト、9番、テナーマウスピースの紹介です。
イメージ 1

 リードではバンドレンと人気を二分するリコですが、実はひっそりとマウスピースも作っていました。

 日本では売っているところを見たことがありませんし、使っている人も見たことないですね。

 素材はプラスチックだと思われます。
下水菅に使われるような樹脂製のパイプみたいな素材と色です。

 値段はとても安くて確か3000円くらいだったと思います。
ヤマハの楽器に最初から付いてくるCマウスピースみたいなイメージでしょうか。

 とにかく安い、プラスチック製、作りは?な感じですが実はこのマウスピース、なんとあのブリルハートさんがデザインしたものなんですね。
 
 今は作っていないようですが、リコのマウスピースは2種類販売されておりそれぞれグラフトナイト、メタライトという名前でした。

 グラフトナイトは3種類のA,B,Cチャンバーが用意されており、Aが一番ダークでCが明るい音色だったそうです。

 さらに明るい音を求めてデザインされたのが今回のメタライトという事です。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4











  中を見てみるとかなり高いバッフルがあり、息のスピードが速そうな感じがします。
あんまり見たことない構造でなんだか複雑な形状です。
そらく人の手をかけず、機械のみで作れるように工夫して設計したためこのような構造になったんでしょうね。

 実際吹いてみると見た目ほどギンギンな感じの音ではなく、明るいですが太さも結構ある感じです。

 今回の物は開きが9番と、かなり広めなので少しコントロールに難がありますが7くらいなら普通に使えそうです。
イメージ 5

 ただ、作りの精度のせいか、音色の変化などは付けづらいところはありますね。
 
  この値段ですし、なんだかプラモデルみたいな素材と見た目ですが、設計の良さからか音色は意外と普通です。
 
 このマウスピースはブリルハートさんの設計した最後のマウスピースだったそうです。

 ブリルハート好きの人にはぜひ一度吹いてもらいたいですね。 

 

 ジャズトリガースクール http://jazztrigger.com/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今回はARB、グレートネック、アルトマウスピース、6☆の紹介です。
イメージ 1

  ARBは以前紹介したアーノルド ブリルハートさんがセルマーとの契約が切れた1977年に、エルマー ビーチラーさんと立ち上げたマウスピースメーカーです。

 ARBには様々なモデルがラインナップされていますが、今回のモデルは名前からもわかるように、トナリンの復刻と言えるでしょう。

 以前紹介したブリルハート トナリンは1940年代に作られていたマウスピースで、チャーリーパーカー等が使用していることでも有名です。

 そのトナリンの復刻と言われるこのマウスピースですが、初めの頃はアルトとテナーの2種類発売されていましたが、いつのまにかアルトのみとなってしまいました。

 発売当初、昔のトナリンで使われていた素材が見つかって、その素材で作ったマウスピースなので、なくなり次第販売終了なんて話でしたが、古いトナリンと見比べてみるとなんだか素材が違うような気がします。

 そのあと、実は古いトナリンの型が見つかってその型で作ったのがこのマウスピースだ、なんて話も出てきましたが見比べてみると形も大分違うようです。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4











 外見はシンプルで、トナリンはティースガードは黒い素材でしたが、このマウスピースは特に何もありません。

  中を見てみると、やはりトナリンと同じでバッフルは無く、中の容積は大きいようです。
 中の形はトナリンよりも少し小さめですが、形は同じ小判型です。

 長さはトナリンよりも少し長めです。
恐らく中のサイズが少し小さくなっているため、少し長くすることでバランスをとっていると思われます。

 実際吹いてみるとやはり同じようなキャラクターです。
トナリンより音のフォーカスはやや甘い感じもしますが、よく言えばトナリンより太い音が出ます。
また、ピークの部分がトナリンよりも大分高いので咥えてみると太い感じです。
イメージ 5
イメージ 6

  古いサックスには古いマウスピースがしっくりきます。
これは現代の物とは設計が違うためです。(音は出ますが)
 よって古いサックスを使う人はビンテージのマウスピースを探さないとその楽器の本当の音は出ないわけですが、このマウスピースは、現行のものでありながら古い楽器と相性の良い貴重なモデルと言えます。
  
 現行のモデルで古い楽器に合わせるとするとこのグレートネックとウッドストーン(石森管楽器)のTraditional Jazz Model EX-Lくらいしか思い浮かびません。

 逆に言えばマークⅥ以降の現代のサックスにはちょっとモコモコしちゃって合わないかもしれません。

 それにしてもトナリンと同じ素材とか、同じ型とかいう話は何だったのでしょう…。

ジャズトリガースクール http://jazztrigger.com/


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今回はアメセル、マークⅥ、テナー、21万2千台の紹介です。
イメージ 1

  アメセルは23万台あたりでマークⅥからマークⅦにモデルチェンジします。
 今回の楽器はモデルチェンジ前の後期、1973〜1974辺りに作られたものでしょうか。

 後期マークⅥという事でやはり古いマークⅥに比べると明るい音色で音の開く距離が近い感じがします。
以前に紹介したアメセル マークⅥ テナー 22万台と同じようなキャラクターです。

 微妙にこちらの楽器の方が抵抗が強いような気がします。少しですが以前紹介したアメセル マークⅥ テナー 14万台のような、音が開きにくくて重い感じもあるような気もします。

 このキャラクターの違いは番手の違いなのか、個体差なのかはちょっとわかりませんが、後期にしては抵抗がある感じがします。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4











 アメセルとフラセルの違いは色々ありますがその中の一つに、アメセルは、F#キーが付いていないものが多いというのがあります。

 ところが時々アメセルだけどF#付きの物を見かけます。
 特注で製造されたものだと思われますが、今回のテナーもそのタイプの物です。
 
 現在でもF#は無い方が良いのか、あった方が良いのか好みは様々ですが、なんとも言えないところです。
 F#が無いことで息の流れがスムースになるとか、キーの数が減るので軽量化できるとか色々言われていますがどうなのでしょう。
イメージ 5

  ただ、フラセルは通常F#キーが付いていますが、アメリカのマーケットに合わせて作られたアメセルでは、わざわざF#無しにしているという事は、やはりジャズの演奏にはF#が無い方が当時のジャズで一番使われていたコーンやキングといった楽器のニュアンスに近かったのでしょうね。
 
 最近では新品の楽器でも特注でF#無しが選択できる楽器が出てきました。

 アメセルみたいでなんだか良さそうな感じもしますが特注であるため、試奏して選べないのは怖いですね…。


ジャズトリガースクール http://jazztrigger.com/

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事