全体表示

[ リスト ]

アナログ

オーディオフェアで聴かせて頂いた、アナログのレコードプレーヤーです。
昔のマイクロの様に、重量のあるターンテーブルをエアーで浮かせて、レコード盤はプラッターに吸着。
このプラッターが3種類選べるそうですが、今回聴かせて頂いたのは、
超超ジュラルミンと言われるアルミ合金の7075. (自転車ではお馴染みの金属です。)
で、フォノイコがコンステレーションのペルセウス。 
(ステレオサウンド誌188号で柳沢氏が絶賛、189号によるとどうも購入なさった様子)

イメージ 1
 
 
レコードプレーヤーとフォノイコの合計で、dcsのヴィバルディとほぼ同じ金額になります。
で、どんな音だったのか、ですが。
f、ff、或いはfffになっても全然危なげないと言うか破綻する気配がなく、安心して聴いていられました。
アナログでこんな音が聴けると言うのも、凄いな、と思った次第。

残念ながら、インディゴのフォノイコとは、部屋が違っていたので直接対決が叶いませんでした。
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ハウリングマージンの大切さを実感する記事です。

2013/12/13(金) 午後 0:11 [ mat*u*tsu1 ] 返信する

顔アイコン

レコード演奏中に、スタッフの方がなんとプラッターを拳骨で叩いてデモしてましたが、全然音に影響してませんでした。 削除

2013/12/13(金) 午後 8:11 [ どんたく ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事