ここから本文です
2ストあだちです。 よろしくお願い致します。

お久しぶりです

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

皆様、こんばんは。
2ストあだちです。

一応、生きてます。
生存報告がてらに、、、

最近は、117クーペにかかりっきりな毎日です。

自分でやれる作業は自分でやります!

最近はアクアライン走行中にブレーキの効きが悪くなり症状からしてマスターバックのダイヤフラムの損傷だと思い、マスターバックを分解しようと思いましたが、、、
上手くバラせなかったので、、、
それと、部品も無さそうなので、、、

はてはて、困った困ったとネットで検索すると長野県にある“プリンスクラフト”さんが117クーペハンドメイドのマスターバックのオーバーホールをやってくれるみたいでメールにて問い合わせ。
5万チョイでやってくれるとの事で、早速依頼しました。

結果、やっぱりダイヤフラムの破れと、オペロッドの錆で、中身をすっくり交換して新品同様で帰って来ました。

これで当分、心配無しですね

次は、前から気になってたミッションオイル漏れ。
どうやらミッションリアのプロペラシャフトが刺さっているところのオイルシールがダメみたいです(泣)

部品は代替え品をモノタロウで注文して、交換。

ミッションのドレインボルトがクソ固く緩みませんでしたが、、、
バーナーでミッション本体を暖めてなんとか緩みました。
外したオイルシールはリップが全周に渡ってひび割れが入ってたので、早めに交換して正解でした

また、ぼちぼち作業記録がてらアップしていきます

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


皆様、こんばんは。
2ストあだちです。

モトコンポ2号機の覚え書きです

・エンジン:カレン12V(DR65ccシリンダー)
・プーリー:ジャイロ初期ハイスピードプーリー(オートボーイ)
・ウエイトローラー:ドクタープーリー異形ウエイト6g×6個
・ベルト:バンドーRPF3285
・トルクカム:エクスプレスの“く”の字カム
・クラッチ:AF27Dioクラッチ+強化スプリング
・キャブレター:ミクニVM18 MJ97.5 PJ27.5 Dio用燃料ポンプ追加
・インマニ:カレンインマニ加工
・エアクリ:キタコスーパーパワーフィルター
・リードバルブ:ジャイロX樹脂リードバルブ
・点火コイル:ウオタニSPコイル
・プラグコード:MSDコード
・プラグ:BPR7HS
・チャンバー:アリーレーシング製モトコンポ用
・タイヤ:ダンロップD307(3.00-8)
・リアサス:デイトナ230
最高速73キロ

原付に銭かけすぎたかな(笑)
まぁ、スクーターの変速原理や基本を勉強出来たから良しかな。
最高速ならまだ出そうですが実用的なカスタムにシフトします

この記事に

お久しぶりです 

みなさま、お久しぶりです。
2ストあだちです。

なんやかんやで中々UP出来てませんでしたが、生きてます、、、

東京生活も2年目に突入!
、、、でもやっぱり関西がいいなぁーーーー

東京に来てモトコンポが2台になったり、いろいろありましたが、追々UPしていきます。
ちなみに、モトコンポ2号機はカレンエンジンで最高速73キロをマークしてます。
イメージ 1

さてさて昨日は神奈川県藤沢市にできた“いすゞプラザ”に行って参りました。
イメージ 2

色々、展示はありましたが今回は11クーペだけUPします。
展示会場の一番最後にあるのが117。

やっぱりね、美しい!!!!!!!!!!
なんだろ、綺麗過ぎてなんか実写じゃない感じ?
イメージ 3

どうですか、この美しさ
もう、説明は要らないでしょう。
いすゞが造った日本で最も美し車だと思います。
イメージ 4

いいオシリ!


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

やっぱり美しい

こんな車が今の時代に新車で出たら最高なのになぁーー、、、

、、、
新車で買えないので私は中古を買います。
って、注文してもうすぐ3年になるのですが、ようやく完成に近づいております。

わたしの117です
イメージ 8

イメージ 9
(写真はいすゞスポーツさんから拝借)

いすゞプラザ展示車両みたいにはいきませんが、十分に美しいです。
やっぱり、旧車も公道走ってナンボですからねーー

納車されたらまた詳細UPします。

とりあえずは生存報告でした。。。

この記事に

皆様、こんばんは
2ストあだちです。
一気に寒くなりましたね、、、

さてさて、
今回は以前から探していた“モトコンポ”が希望金額で見つかったので入手いたしました。
イメージ 11

イメージ 1
白色のどノーマル車です。
ちなみに、もう一台、部品取り車も付いてきました。

エンジン始動もOK!
アイドルもしっかりしてる。
走ってみると、どうも低速域でもたつく感じ、、、
やっぱりキャブの掃除は必要みたいです、、、

色々、情報収集していると同系統のエンジンを積んだQR50のキャブが流用出来るみたいです!
しかも、新品でまだ出てます!!!
ここは思い切って新品を購入しました。
イメージ 2

イメージ 3
メインジェットも交換できるタイプですね◎
イメージ 4
ちなみに、QR50キャブの標準メインジェットは#82でした。

いざ、交換です。
実際に比べてみると、細部はやっぱり違います、、、

まずは、燃料とオイルラインの向きが違います。
イメージ 5

イメージ 6
QRキャブの燃料ラインは更にパイプが太いですね!

燃料ラインの向きは変更可能でしたのでモトコンポの向きに修正しました。
イメージ 7
ちなみに、燃料ホースも少し寸足らずになるので交換が必要です。
逆にオイルホースは余りますので適当な長さでカットします。

その他の違いはアクセルワイヤーとチョークワイヤーの取り付け部の違いです。
イメージ 8

イメージ 9
ここはモトコンポキャブから流用します。

あとは取り付けるだけ◎
イメージ 10
サクッと取り付けてエンジン始動です。
やっぱり、新品キャブは綺麗! 清々しいですね◎

エンジン始動後のアイドルも安定しています。
低速域のモタツキも解消です。
、、、しかし、全開で“息継ぎ”します。
調べるとモトコンポの持病らしいですが、、、(ホンマ?)
アクセル全開で、吹ける→息継ぎ→吹ける→息継ぎの繰り返し、、、

うぅーーん?
プラグは焼け気味、、、
薄いのか?
、、、濃いのか、、、

まー、ボチボチ、調整していきます!

それと、
試運転の帰りにスピードメーターが激しい異音と共に振り切れました(泣)
部品取り車からメーター流用します。

あとは要タイヤ交換かなーー
ズークの足跡タイヤ入れる予定です!

以上

この記事に

皆様、こんばんは
2ストあだちです。
今年も宜しくお願い致します。

さてさて、新年早々、大阪に帰阪していました2ストあだちです。

所要でジムニー号でお出かけです。
バッテリーを充電して快調に走行、、、
いや、何かパワー感が無いので、キャブの掃除が必要かなーーー

、、、なんて考えてると、
エンジンが全然吹けなくなってきました(泣)
そして、信号待ちではアイドリングもせずにエンジンストール

ヤバイ、エンジン焼いたかな、、、
とりあえず、路肩に寄せて、エンジンルームの確認をします。

すぐに、異常箇所はわかりました
イメージ 1

エアークリーナーのHOT側のダクトが外れていました!
と言う事で、原因はキャブレターの凍結です。

今の車しか知らない方は???でしょうが、、、
昔のキャブ車はキャブレターの凍結防止の為に、冬は吸気を切り替えて、エキマニ周りの暖かい空気を吸い込みます。
イメージ 2
私のジムニー号はエキマニを社外品に換えているので少し形状が違いますが、、、

イメージ 3
このように、“夏”と“冬”を切り替えるレバーがあります。
切り替えは外気温度が20℃を境に切り替えます(たしか、、、)

イメージ 4
夏モードの時は前方の冷たい空気を吸い込みます。

どうやら、ジョイントのゴムの劣化で外れたみたいです。
とりあえず、つないでテープで無理やり固定してエンジンスタート。
しばらく走ってもエンストもせず、快調に吹けてます。

イメージ 5
こうやって見ると、やっぱり2ストジムニーのエンジンルームはスカスカですね!
整備性は抜群です。

イメージ 6
ちなみに、メーターはSJ40のメーターを流用して120キロスケールになっています。
一応、最高速は105キロ位はでますよ!

昔、RZ250でもキャブアイシングでアクセル戻してもスロットルバルブが戻らずにアクセル全開になる事象も経験しています、、、
キャブのアイシングは恐いですね、、、

以上


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事