ここから本文です
中国語翻訳者の日々

書庫Hへのメール

すべて表示

 『老いの微笑』も君が四月に北京に持ってきてくれた本のうちの一冊。中村光夫の本はこの本以外に、もう一冊、『戦争まで』もくれたので、どちらを先に読もうか、ちょっと迷った。戦前のフランス留学時代に書かれた、いわば青春の記録にも興味があったけれど、この本は以前読んだことがあったこと、また今のぼくの関心がはるか昔に過ぎ去り他人ごとになってしまった感のある青春よりも目の前にある老年ということにあり、まずはこの『老いの微笑』から読むことにした次第だ。  中村光夫の本は学生時代に岩波新書の『日本の近代小説』と『日本の現代小説』、天津の留学から帰った直後に『ある愛』、そしてそれより後だけれど、いつ読んだのか忘れた『戦争まで』を読んだだけで、しかもこれらの本の内容はほとんど忘れている。この本が五冊目ということになるはずだけれど、こんな具合だから、中村光夫すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 毛沢東が詠んだ梅

    2017/9/24(日) 午後 1:24

     最近、仕事で読んだ文章に毛沢東の詞が引用されていて、毛沢東の詩と詞の日本語訳があることを知った。『毛泽东诗词 毛沢東詩詞(中日对照)』という本だ。  同じ部屋で仕事 ...すべて表示すべて表示

  • 未竟之志

    2017/9/23(土) 午後 7:22

      我2014年还在淀山湖镇工作的时候,第一次看了王小波的小说《似水流年》。我把它看完了就决定买他的全集,从那以后已经有整整三年的时 ...すべて表示すべて表示

  • 门头...

    2017/9/19(火) 午後 10:35

      今天天气很好,也不热。我们北京ANTIQUE俱乐部成员和我的俩个从上海来的朋友去门头沟境内的妙峰山了。   ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事