ここから本文です
こんにちは あさの清美です
区民のくらし第一 若ものの希望のもてる墨田をつくりるために全力でがんばります

開くトラックバック(0)

イメージ 1

いよいよ21日は、区議選の投票日です。

私は前回区議会に送り出していただき、1期4年間、区民の声を区議会、区政に届けるために頑張ってきました。

昨年は、区議会ではじめてLGBTの人権問題をとりあげて質問しました。私は金子みすずの詩が大好きです。「みんな違って、みんないい」こういう多様性を認め合い世の中になるように政治の場でも前向きな施策がとられるよう頑張りたいと思います。

自分の気持ちとからだに悩む子どもたちの相談の場や支援あり方の検討をすすめ、実効ある対策にしていきたいと思います。

消費税10%増税では、区民の方々から商売が続けられない、生活ができなくなるなど深刻な声が寄せられていましたが、消費の低迷、世界経済の先行き不安も広がって、政権内部でも動揺が広がってきたそうです。こんな時に増税するなんてありえないです。

日本共産党の区議を5人から6人に伸ばせば、増税中止は実現できます。

国費1兆円の投入、さらに公費も投入して国保料を大幅に値下げさせましょう。

学童クラブでも待機児の問題は深刻です。すべての小学校区域に学童を整備して学童でも待機児童をなくします。

財源はあります。区民のための仕事を削ってため込んだ170億円の一部を活用すれば実現できます。

墨田区の立花、東墨田、八広4・5・6丁目、文花団地のみなさんは、1票を私にお寄せください。なんとして2期目も区議会で働かせてください。

開くトラックバック(0)

演説会のご報告

3月8日に党書記局長小池晃参院議員、吉良よし子参院議員を迎えて、曳舟文化センターホールで演説会が開かれました。

おおぜいの方にご参加いただき、ありがとうございました。私も迫る区議選で2期目を実現するために訴えさせていただきました。

高すぎる国保料、介護保険料、後期高齢者医療保険料の引き下げは、まったなしです。国や都からの財政投入が必要です。国保料では子どもにまで均等割りがかかり、少子化対策にも逆行しています。共産党は子どもへの均等割りを廃止するか、少なくとも減免をおこなうよう制度を改革を提案しています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

開くトラックバック(0)

新春のつどいのご報告

お報告が遅くなりましたが、2月9日の土曜日に新春のつどいを開き、大勢の方にご参加いただきました。ありがとうございました。

お隣の葛飾区から和泉なおみ都議にご参加いただき、たいへんにわかりやすい都政、国政のお話をいただき、勇気のでる激励もいただきました。

東部法律事務所の坂本弁護士、すみだ生活と健康を守る会の渡辺会長からも激励を受け、がんばろうという思いがますます強くなりました。

余興には、ふくわらいや日舞もあってとても楽しいつどいとなりました。ご協力いただいたみなさんありがとうございました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 9

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 5

イメージ 6




開くトラックバック(0)

3月8日(金)午後6時開場、6時半開会で演説会を開催します。会場は曳舟文化センター1階のホールです。小池晃書記局長がお話し、吉良よし子参院議員が挨拶します。
ぜひご参加ください。
イメージ 1

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事