全体表示

[ リスト ]

 Wordで見せる相手によって内容を変えたい場合、「隠し文字」を使うと便利です。
 印刷したくない文字を範囲設定して右クリックし、「フォント」メニューを開きます。Word2003なら、文字の範囲設定後、メニューバーから「書式」→「フォント」を選ぶ方法もあります。Word2007なら、「ホーム」タブの「フォント」の右下にある、矢印付きのマークをクリックしてもよい。起動した画面で「隠し文字」にチェックを入れます。これで印刷を実行すると、隠し文字は印刷物には出力されません。
 ただ、単純に隠し文字を設定すると、画面上からもその文字が消えてしまいます。表示だけしておきたい場合には、さらに設定が必要です。Word2003の場合、「ツール」→「オプション」の「表示」タブで、「隠し文字」にチェックを入れます。これで、隠し文字が下線付きで画面に現れます。
 「ツール」→「オプション」画面で「印刷」タブを開くと、「隠し文字」のチェックがオフになっていると思います。このように「表示」と「印刷」で設定を変えることで、表示はするが印刷はしないという動作を実現できる。
 Word2007では、Officeボタンをクリックして「Wordのオプション」を選び、左側のメニューで「表示」をクリックします。「常に画面に表示する編集記号」で、「隠し文字」にチェックを入れます。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事