全体表示

[ リスト ]

 Webブラウザーの自動入力機能は便利ですが、パソコンを家族で共有したり、一時的にほかの人に使わせたりしたときに、セキュリティ面で問題が起こります。プライベートな情報があるWebサービスに簡単にログインができないように、パスワードだけは手動で入力するようにした方が、思わぬ事故を防げます。
 Internet Explorerは「インターネットオプション」から設定します。Internet Explorerを開いて右上の設定ボタンを押し、「インターネットオプション」を選択する。「コンテンツ」タブから「オートコンプリート」にある「設定」をクリックする。ここで、ユーザー名やパスワードを記録する機能を無効にできます。パスワードを記録する設定にしていても、保存時に確認画面を表示するようにできます。既に記録された情報を削除するには、「オートコンプリート履歴の削除」を押して、削除したいデータを選びます。
 Firefoxは、フォームの入力履歴などとパスワードが設定画面の別のタブに分かれています。「保存されているパスワード」から、記録してあるWebサイトやユーザー名、パスワードを確認した上で、不要なデータを削除できます。
※「ツール」→「オプション」をクリックする。フォームなどの入力の記憶をオフにする場合は、「プライバシー」の「履歴」で「記憶させる履歴を詳細設定する」を選び、「検索やフォームの入力履歴を記憶させる」のチェックを外す。
※パスワードは「セキュリティ」タブに設定がある。「サイトのパスワードを保存する」のチェックを外せばよい。
 Chromeは、右上にあるChromeメニューから「設定」を選択する。下方向にスクロールすると見つかる「詳細設定を表示」を押して、設定項目を表示する「パスワードとフォーム」にある「ウエブ上で入力したパスワードを保存できるようにする」のチェックを外せばよい。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事