無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「USBメモリのセキュリティ」USBメモリーの紛失に備えてパスワードロック
 ダイアログに沿ってUSBメモリーに組み込み、パスワードとヒントを入力して「OK」をクリック。データがすべて消去されるので注意。
 以後はどのパソコンでも、USBメモリーの内容を見るには、いったん「UsbEnter.exe」をダブルクリックし、「解除ツール」でパスワードを入力し、「OK」をクリックする。
http://kashu-sd.co.jp/campaign/usbenter.html

「Exロックフォルダ」フォルダーを偽装し、パスワードで守る
 ファイルを参照して、モードを選び、「偽装」ボタンをクリック。二重ロックだとフォルダーにもパスワードを設定。
 偽装の解除は、パスワードを入力して「OK」をクリック。フォルダーを参照し、「解除」をクリック、パスワードの入力して「OK」をクリック。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA028018/

「AppLocker」特定のアプリケーションを起動できないようにロック
 ロックしたいアプリを選んで「Save」→「Close」とクリック
 新規アプリの登録は、「Configure」をクリックし、開いた画面でアプリ名(適当でよい)と実行ファイル名を入力して「Add」をクリック
http://www.smart-x.com/?CategoryID=216&ArticleID=162

「LhaForge」ドラッグ・アンド・ドロップや右クリックメニューで簡単に圧縮解凍
 「お手軽ショートカット」にドラッグ・アンド・ドリップするか「送る」メニューで圧縮か解凍かを自動的に見分けて処理される。
http://claybird.sakura.ne.jp/garage/lhaforge/

「Calibrize」ディスプレイを簡単操作で色調整
 3つのステップでディスプレイの色調整が可能。
http://www.calibrize.com/

「CLCL」クリップボードのデータを再利用
 テキストやビットマップ画像、ファイルなどのクリップボード履歴が再利用できる。
 保存する履歴の数は「オプション」で変更可能。
http://www.nakka.com/soft/clcl/

「♪案内地図」クリックで案内地図が完成
 スタンプを押す感覚で案内地図が作成できる。
 ツールバーからコピーしてWord文書にすぐ貼れる。
http://www.roy.hi-ho.ne.jp/nyao/nsapp/

「割り勘くん」ネットブックで楽しく割り勘計算
 必要事項を入力して、「お勘定」をクリックする。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se134646.html

「Remtrash」USBメモリーにも”ごみ箱”機能
 デスクトップの「リムーバル用ごみ箱」に、USBメモリーのファイルやフォルダーをドラッグして削除する。
 ドラッグしたリムーバルディスク上のデータを元に戻すことができる。
http://www2.ttcn.ne.jp/tkky/download.htm

 大量のファイルを自動で連番を付けるには、Windowsの標準機能を利用する方法と、ファイル管理ソフトなどのツールを使う方法があります。
 Windowsの標準機能を使う場合、次のような手順になります。まず、連番にしたいファイルを選択します。フォルダー内のファイルをすべて選択するなら、[Ctrl]キーを押しながら[A]を押せばOKです。次に、Windows XPでは「ファイル」→「名前の変更」、Vistaでは「整理」→「名前の変更」を選びます。すると、先頭のファイル名が編集状態になるので、適当な文字列に続けて半角スペースと「(1)」のように入力して[Enter]キーを押します。これで、すべてのファイルにかっこ付きの連番を設定できます。Windows XPでは、先頭の番号を任意に指定でき、例えば「(21)」とすれば、21から始まる連番が作れます。
 ただしこの方法では、番号を必ずかっこ内に入れる必要がある上、(1)、(10)、(100)のように番号のけた数が増えると、ファイル名の長さ(文字数)がそろいません。
 そこでお勧めなのが、ファイル管理ソフトを使う方法です。特に画像ファイルの場合は、サムネイル表示や簡単な画像編集にも対応した「XnView」というフリーソフトが便利です。
 ファイル名を連番にするには「ファイル操作」ボタンの「▼」を押し、「一括ファイル名変換」を選びます。すると「#」で連番のけた数を指定しつつ、好みの文字列を組み合わせたファイル名に一括変換できます。ファイル名の一部だけを置換するといった細かな命令規則の指定も可能です。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/picviewer/xnview.html

「AAタイマー」(アラームとカウントダウン用のシンプルタイマー)
 「時刻」(指定時間に知らせる)か「時間」(カウントダウン)かを選んで数字を入力、「スタート」をクリック。「時間」を選んだ場合、残り時間はグレーの数字でカウントダウンされる。
 時間になると警告ウインドウと音で知らされる。音はwavファイルをフォルダー内に入れることで変更できる。警告メッセージも編集可能。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA011136/aatm.html

「PcHusen」(作業中でもすぐ表示、URLジャンプも便利な付箋ソフト)
 タスクトレイにあるアイコンのダブルクリックで新規作成、付箋のダブルクリックで入力モードになる。
 URLのクリックでWebページを確認できる。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~sahmaro/

「ハイパー日記」さまざまな切り口で記録をたどれる日記そふと
 「日記リスト」「詳細リスト」で一覧が表示でき、登場人物やイベント、場所別などに表示したり、キーワード検索などで出来事を抽出したりすることが可能。
 日々の記録は「日記詳細」を連ねて書く方式。登場人物やイベント、評価などはリストで選べる。
 内容はキーワードを含めたメモ程度でOK。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~petit_chien_waltz/diary.html

 「EXCEL」で曲のデータベースなどを作り、ワークシートから楽曲ファイルを直接再生するには「ハイパーリンク」を利用するのが手軽です。
 リンクしたいセルを選択し、「挿入」メニューにある「ハイパーリンク」を選びます。ダイアログボックスで、保存してある楽曲ファイルを指定するだけです。
 音楽CDから取り込んだ曲の管理であれば、「iTunes」などのソフトを使う方法もあります。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事