東播ラビットおやじのブログ

趣味のブログ・・・ 少しずつ増やしていきます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ボリュームの抵抗変化特性とは、一般にAカーブ、Bカーブとか、NMカーブ等と呼ばれています。

アルプスのカタログでは、
「軸を規定の位置に置き、規定の端子間(端子1 と2 との間または端子2 と3 との間)の電圧を測定し
端子1 と3 との間の電圧に対する百分率を算出する。」とアルプスのカタログで説明されています。
図で示すと下記の様になると思います。

イメージ 4


ところで、Aカーブ または Bカーブと言っても複数のカーブ特性が存在する事が分かりました。


一般に、オーディオ用の音量調整ボリュームは、Aカーブを使用します。
これは、Bカーブの様に直線タイプだと音量ボリュームを上げ始めたところで急激に音量が
立ち上がってしまい扱いづらいからです。

下の図は、アルプスの電子カタログに記載されている金属軸ボリュームの抵抗変化特性を示したものです。

Aカーブでも、K(25A)、A(15A)、D(10A)と3種の抵抗変化特性があります。
その中でも標準品として販売されているのが A(15A)です。
通常、Aカーブと言うのが15Aのことでしょう。

イメージ 3

下はBカーブの抵抗変化特性です。
Bカーブでも、B(1B)、V(3B)、W(4B)、Special W(5B)と種類があります。

イメージ 2


今回、アルプスに特注した音量調整用の(メイン)ボリュームで抵抗変化特性は、V(Vol.Control)(3B)
です。(青色のライン)
音量調整用は、Aカーブ(15A)(赤色のライン)を使用するのが多いのですがAU111では殆どが
Bカーブのボリューム使用されています。(注:前期型のモデルで一部Aカーブあり。)

通常、AU111の(音量)VOLUMEは、目盛上で2前後で使用するのが多いのですが、Rotation travelで
20前後となります。
、Rotation travelで、0〜20までは、A(15A)もV(3B)も抵抗変化特性は、ほぼ同じである事が分かります。
実際のところV(3B)の抵抗変化特性の特注ボリュームを音量用と使用しても、まったく不具合はありません。

イメージ 1下の

下の図はBALANCE様に使用されるNMカーブの抵抗変化特性です。
Rotation travel 50%の位置がBALNCEボリュームのツマミでセンター(12時方向)の位置になります。
センターの位置では左右どちらのチャンネルも減衰無しですが、左右に回すと片方のチャンネルのみが
減衰するという特性になっています。

イメージ 5

イメージ 6


開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事