+PocketGame Museum ・・

+ PocketGame Museum へ ようこそ!楽しんでいって下さい +

全体表示

[ リスト ]

地球解放軍ジアース

「ハイドライド」で名を馳せた パソコンゲームメーカーの老舗 T&Eソフト
その T&Eソフト より 1992年にリリースされた
GB参入第一弾「地球解放軍ジアース」
ゲームボーイの縦スクロールシューティングにおいて、1、2を誇る完成度の高さ
ゲームボーイやテレビゲームの悩みの種を逆手に取ったアイディアなど 
本作の魅力を簡単に紹介したいと思います。

ゲームはオーソドックスな縦SHTなのですが、装備されたオプションを駆使して
戦うのが醍醐味。このオプションはボタン一つで合体と分離(2パターン)が可能、
これを戦局に応じて使い分けながら進むのが非常に楽しいです。
またオプションを使い分けられるように作られた ステージのギミック、攻撃パターンが秀逸で、
ゲームデザイン的にも計算し尽くされた上で成り立っている 職人業が冴えわたっています。

そんなゲームデザインとは別に「地球解放軍ジアース」の素晴らしい点が
技術力の高さと悩みの種を逆手に取った逆転の発想です
背景の描き込みや重ね合わが秀逸で、非力なハードゲームボーイで多重スクロールを実現!?
「普通、そこまでやるか!しかもゲームボーイで!?」的な嬉しい驚きがあり
シューターを圧倒、魅了してくれます。それだけでも十分、凄い事なのですが、
それだけだったのなら モノクロGBで快適に遊べなかったと思います。

ここに「逆転の発想」が組み込まれているのですが、
昔、テレビゲームを遊んでいて、グラフィックのチラ付き(キャラや弾が消えたりする)を
経験した事のある人も多いと思うのですが、
あれは一度に表示されるグラフィックが一定量を超えると起こる現象
あまりにヒドイとゲームにならないのですが、T&Eソフトはそれを予め「背景」に適応しました
2枚の絵(背景)を高速で動かす=チラ付かせる事で回避
つまり、ゲームボーイのモニター上では 2枚の背景は高速でチラ付いているのですが、
ゲームボーイの悩みの種でもある残像のおかげで、
見た目にはとても綺麗に多重スクロールしているように見えるのです 
また背景そのものが予めチラ付いている為に、敵や弾が消える、見えないという事はありません

この技術をファミコンに流用できるのでは?と言うと出来ません
(スーパーゲームボーイを使えば一目瞭然。背景がチラ付き、ゲームになりません)
まさにゲームボーイというハード 特有の致命的弱点(残像がキツイ)という所を逆手に取った
起死回生の発想、それを実現させた技術力の高さは まさに職人業。
「地球解放軍ジアース」が今もなお支持され、一目置かれているのは 
こうしたアイディア、技術、ゲームデザインが絡み合い、相乗効果をあげた賜物だからだと思います。

1992年シューティング冬の時代に放たれた ファミコン、PCエンジンにも劣らない快心の一作
内容の方もなかなか手応えがあるので、シューティング好きにオススメの1本です。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ジアース (゚∀゚)キター! 静止画見てるだけだと普通のシューティングに見えますが、実際に動いてるのを見ると凄いと思いますよね。 今ではシューティングそのものが無くなりかけてるので更に貴重なゲームと言えるでしょう。 削除

2005/7/10(日) 午後 6:42 [ S.NODDY ] 返信する

顔アイコン

「ジアース」の設定(説明書)とか、裏話とか色々知りたいのですが、持っていないし、残っていないんですよね(淋;T&Eソフトにはもっと8ビットの意地や夢を見せて欲しかったと思いますね

2005/7/10(日) 午後 8:34 [ Jet+boy256 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事