RNRの手作り無線局

ハンドルを”mai”に変更しました よろしくです。

全体表示

[ リスト ]

1200Mhz送信機 2号機

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
1200Mhzの送信機って簡単でしょう?これで電波が出せるんですよ。
前回はこれ以上シンプルな送信機はないというのを作りました。
 
1200Mhzで遊んでみたいと思われた方は
とりあえず作ってみてください。調整の仕方とか
コツがつかめます。
 
今回は第2号機です。これは決定版です。
効率が抜群によいてい倍器です。
 
これはモービルハム1987年3月号に
1.2G 300mW送信機としてJE7NJN岩村雅裕OMが
発表されました。
 
回路も簡単ですから、いきなり作りたくなると思いますが、
ぜひ前回の1号機からはじめてくださいね。
 
1号機と比べてみてどうですか?
何か違いはわかりますか?
 
まず、入力部に5mmΦの2Tのコイルと10pFトリマーの
マッチング回路が入っています。864Mのアイドラは
1号機と同じですね。バイアス抵抗の2.2kも。
 
てい倍のダイオードは同じ1S2076Aです。
 
1200Mhzの信号を取り出すフィルターが
違いますね。
 
これは「1/2λ線路で構成したの高Qフィルタ」と
言うそうです。1号機の複同調のBPFと比べると
効率が抜群に良いそうです。
 
コイルのつくりかたも違いますね。1号機はランド基板4mm×15mmでしたが
2号機は厚さ0.3mmの銅板を回路図のように切って、折り曲げて
基板にはんだづけします。
(これをランド基板で作るとパワーが落ちるそうです)
 
1/2λですから長さも長くなっていますので気をつけてください。
 
中央の共振コンデンサは3pFトリマー指定でしたが
なかったので 6pFのトリマー+6pF直列で作りました。
 
2つの銅板コイルはダイオードのリード線の切れ端を
完成図のようにはんだづけして、6pF+トリマーを取り付けました。
 
作り方はまず、銅板コイルの位置を決めてはんだづけして
2つのランドを瞬間接着剤で貼り付けてから、はんだづけします。
パーツの取り付け位置とかは、完成画像を参考にして下さい。
 
調整は1号機と同じです。入力側からはじめると良いです。
 
どうですか?
1時間もあれば製作、調整まで出来てしまいます。
 
430Mhz 1W入力で1200Mhz 300mW出てくるようです。
調整用のパワー計しかないので、パワーは読めませんが
DJ-C7 300mW 入力で 1号機の2倍程度のパワーが
出てきました。
 
これで1200Mhz作戦の送信機が出来ました。
トリマーを回してパワーがバンと出てくるのは面白いですよ。
とっても楽しいです。
 
お正月休みに作られる方もいらっしゃるかも?
と思って急ぎました。Hi
 
セラミックトリマーはシールタイプではだめです。
秋月のシールタイプのトリマーの特性表をみたら、
100MhzあたりからQが下がって430M以上ではとても使えません!
 
セラミックトリマーはサトー電気の通販で買えます。
4mm 5mmとかいくつかありますが何でもOKです。
3pFもありますね。
 
もしサトー電気に通販をなさる時は1SS85という
高周波スイッチングダイオードをクリコンで1つ使うので
3〜4ヶ仕入れておくと良いですよ。
1SS106(ショットキー)も5ヶくらい。
 
 

閉じる コメント(5)

顔アイコン

作ってみま〜す。

2012/12/12(水) 午前 9:45 [ qrpkk ] 返信する

顔アイコン

qrpkkさん
お正月休みにでもやってみてください。
多々良沼ミーティングまでには簡単トランスバーターを
完成させたいと思います。 RNR

2012/12/12(水) 午後 6:39 [ RNR/mai ] 返信する

顔アイコン

同じく作ってみます 1200Mhzは未体験のバンドですのでクリコンが私に作れなかった場合は広帯域レシーバーと組み合わせてみます。 とりあえず本日サトー電気さんに6mDSB改造パーツと144MhzSSB仕様の部品を注文しました。冬休みの工作が充実しそうです。(感謝!)

2012/12/12(水) 午後 10:16 [ . ] 返信する

顔アイコン

RNRさん
はじめまして、JR8RFJ(ex.JE7UIO)と申します。
「手作り1200MHz作戦」のブログを見させて頂き、懐かしくなり記載させて頂きました。
当時(20数年前)、恩師である十文字先生の下で、電波実験社の試作・原稿書きの一部を担当しておりました。
このブログにより、少しでもマイクロ波のアクティビティが上がると良いですね。
今後も、楽しみに見させて頂きます。
ブログの手書き回路図もコピー機が普及していなかった当時、資料を青焼きして見ていたのを思い出します。
(CQ誌’07年7月号の「7MHz CW送信機」も楽しく作成させて頂きました。)
JR8RFJ(ex.JE7UIO) 削除

2012/12/12(水) 午後 11:04 [ JR8RFJ(ex.JE7UIO) ] 返信する

顔アイコン

JL3EWBさん
冬休みは自作三昧でしょうか?楽しみですね。

JR8RFJ/JE7UIOさん
ご訪問ありがとうございます。八戸方式はまだまだ楽しめると改めて感じました。はじめたら次々にやるべきテーマが沸いてきてしばらく続きそうです。Hi OMが1200Mhzマニュアルに執筆された「1石局発の試作」これと10日ほど格闘しまして何とかモノになってきました。シンプルですが奥が深い!八戸方式の大先輩としてアドバイスとともによろしくお願い致します。

RNR

2012/12/13(木) 午後 1:27 [ RNR/mai ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事