RNRの手作り無線局

ハンドルを”mai”に変更しました よろしくです。

全体表示

[ リスト ]

1200Mhz SWR計を作る

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
TSSの保証認定の通過待ちの体制になったので
次はSWR計です。
 
これもJA7RKBさんの記事で1986年5月
モービルハム臨時増刊の「1200Mhz マニュアル」に
掲載されたものを作りました。
 
なお、この記事を参考に同じように作られた方が
おられましたのでこちらも↓
参考にしてください。
 
基板は70×35mmにストリップラインと結合用の
ストリップラインを紙エポキシ基板からランド基板を
切り出して作ったものです。
 
信号ライン用に3mm×70mmと結合用は2mm×30mm
とダイオードの取り付けの5mm角2ヶです。
 
ダイオードは1SS97を使いましたがショットキーなら
1SS106 なども使えます。
 
信号ラインと結合ラインの間隔3mmがポイントで
ここは正確に貼り付けると良いとありました。
 
仮に作って動作確認をしました。
 
ダミーロードはこんな感じで10mmの銅板を
BNCのアース側にはんだづけしてシールド?
すれば1200Mhzでも使えるそうです。
 
1/4Wの51Ωと100Ωを用意しました。
 SWR 1とSWR 2がわかれば良いだろうと
2つしか用意しませんでした。
 
調整は検出部の47Ωと並列の100Ωの半固定抵抗で
SWR最小を51Ωダミーであわせました。
完全に1にはなりませんでしたがよしとしました。
 
また、100ΩダミーでSWR2の目盛りをつけておきます。
 
うまくいったので、100円ショップで見つけた
ブリキ缶に入れました。
両端に同じ長さの1.5D-2Vでケースに取り付けた
BNCにつなぎました。
 
ちょうどSWR計用のラジケーターがあったので
使いましたが51ΩダミーでSWR1.2 100Ωダミーでは
SWR1.8のところを示しました。
 
アンテナ調整の時はこのSWR1.8以下になるようにして
限りなく1.2に近づけば良しと考えています。
 
なお、このSWR計は100mWではぎりぎりフルスケールなので
メーター感度が悪いと測れませんので
アルトイド缶に入れたてい倍器300mW(430M1W入力)
をひとつ作っておくと良いと思います。
 
 

閉じる コメント(4)

顔アイコン

SWR計の製作アップありがとうございます。
早速、画面印刷して作り方を勉強しています。手作りトランシーバーと作りながら理解する...も購入させていただいています。 削除

2013/3/13(水) 午後 7:31 [ bpbです ] 返信する

顔アイコン

bpbさん
ランドのラインは3回ほど作り直しました。何回かやるうちにコツもつかめますね。自作は一度ではうまく行かない、こんな感じです。Hi
製作本ご購入していただいてありがとうございます。 RNR

2013/3/14(木) 午後 6:20 [ RNR/mai ] 返信する

顔アイコン

SWR計 完成しました。51オームダミーでも針は少し振れますが、十分です。基板上のコンデンサーと、メーターのところのコンデンサーの値を変えてみたのですが、オリジナルが最良でした。先人の知恵に感服です。 削除

2013/5/23(木) 午前 10:38 [ JI3BPB ] 返信する

顔アイコン

JI3BPBさん
完成おめでとうございます。1200Mhzと高い周波数ですが意外と再現性はありそうですね。アンテナ作りに活躍しそうですね。

2013/5/23(木) 午後 6:17 [ RNR/mai ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事