RNRの手作り無線局

ハンドルを”mai”に変更しました よろしくです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
 
 
2石で50MのDSB送信機が出来ることがわかりました。
 
コンデンサマイクで直接変調がかかることも
わかりました。
 
でも、パワーが少ない!
大声でしゃべると1〜2mWのパワーアップしますが、
マイクアンプを入れた方が落ち着く。
 
そこで、2SC1815のマイクアンプを組んでみました。
 
回路は「手作りトランシーバ入門」の基本回路
2SC1815のAFアンプです。
 
ついでにVXOも手直し、4.7μHの固定RFCに
交換しました。VXOの周波数は50.148〜50.196Mhz
です。50Mの場合、VXOコイルは固定RFCの
4.7〜10μHでうまく動かせるようです。
 
さて、変調をかけるとピークで10mW程度出てきます。
うまくいきました。
 
回路は50M DSBトランシーバの送信部と同じです。
また、2SK241のRFアンプ、2SC1815のAFアンプ
ですから、3石DSBトランシーバもできます。
 
FCZコイルを使わないトロイダルコアを使った
3石DSBトランシーバはいかがでしょうか?
 
 
 

開く コメント(13)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事