RNRの手作り無線局

ハンドルを”mai”に変更しました よろしくです。

トロイダルコイル

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ ]

イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
VXO回路の複同調では、リンクコイル(1次側)が
いらない同調コイルもあります。
 
リンクコイルのない同調モジュールを作ってみました。
 
基板は15×15mmで基板の中央の銅箔を
カッターナイフで削り取ります。
 
コイルはT-37-6に0.3Φホルマル線16回巻きです。
 
リンクコイルがないですから
作るのも簡単です。
 
ランド基板に貼り付けて
リンクコイル(1次側)4Tを
その上から巻くこともできます。
 
VXOの複同調に使う時は
3つ目の画像のように配置して
ランド基板に両面テープで貼り付けます。
 
これらの同調モジュールはFCZコイルに比べると
スペースを大きく取りますので小さく作るには
不利です。
 
でも、モジュールそのものがランドとして使えますから
便利な面もあります。
 
まだ、試作段階です。
実際に回路を組んでみて
どのようにモジュールを作れば
いいのか?
 
良いアイディアがありましたら
教えて下さい。
 
 

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
50Mの共振コイルを巻いてみました。
 
コアサイズは小さいもので作りたいですが
巻きやすさを考えて 直径5.2mmのT-37を
使うことにしました。
 
周波数によって推奨されるコア材があります。
6材が10M〜90Mなのでこれを使うことに
します。
 
したがって コアは
T-37-6(黄色)を使うことになります。
 
コア材と扱う周波数など、これらは
「トロイダルコア活用百科」CQ出版を
を参考にしております。
 
次は50Mの共振するインダクタンスと
キャパシタンスを求めます。
 
ここはFCZコイルにデータが公表されているので
10Kタイプのデータを参考にします。
 
 
こちらでFCZコイルについて
調べておくと良いと思います。
 
この中から、
50Mの共振インダクタンスは 0.68μH
コンデンサーは15pFです。
 
トロイダルコアはインダクタタンスが固定されますので
トリマーで共振周波数を調整することになります。
 
50Mでは20pF(赤)のトリマーがピッタシです。
(秋月のトリマーを使いました)
 
コイルは先の「トロイダる活用百科」から
0.68μHは16Tと計算できます。
 
巻き線は巻きやすい太さで良いと思います。
扱いやすさを考えると0.3〜0.4mmでしょう。
 
0.3mmで16回巻きました。
(16回コアの中を通過したのが巻き数です)
 
これをモジュール化するために
15mm×20mmの基板を用意して
写真のようにカッターナイフで中央と端から5mm
ほどのところの基板を剥がしてランドにします。
 
幅の広いほうに巻いた
共振コイルとトリマーをはんだづけします。
 
最後に1次コイル(リンクコイル)をまきます。
巻き数は2次コイル(共振コイル)の
1/3〜1/4回です。
ここでは共振コイルが16回ですから
4回巻きとしました。
 
共振コイルとまく方向を合わせて
リンクコイルを16回巻きの上に重ねて4回巻きます。
(わかりやすいように細いビニール線を使いました)
 
これでモジュールが完成です。
使う時はモジュールの裏に両面テープで
ランド基板に貼り付けます。
 
デップメーターで共振周波数を測ったら
35M〜90Mまで同調が取れました。
 
これと同じような方法で
1.9M〜144Mまでのモジュールを作ろうと思います。
 
実際に使ってみないと確定的な事は
いえませんが
これでいけると思いますが・・・・・
 
 
 
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

トリマー回しの製作

イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
トロイダルコアでコイルを作る場合、
巻きすうが決まってしまうので
共振周波数の調整はトリマーで
行なうことになります。
 
トリマーを回す時に金属製のドライバーでは
正確に調整できません。
 
RNRも自作を始めた頃はトリマー回しのこと
など知らなくてドライバーで調整してまいました。
うまく調整できない。自作に失敗。
金属製のドライバーが悪いなんて
ちっとも考えませんでした。
 
初心者が調整できなくて失敗と思い込んでいる・・・
こんなところに原因もあったりします。
 
 
たまたま、秋葉原に行った時に
トリマー回しというものがあることをしって
買いました。
 
3枚目の写真に写っているものです。
 
もうかれこれ30年使っております。
(物持ち良いですね。HI)
 
トリマー回しがあるのとないのでは調整できるか
出来ないかなんていうくらい差がでます。
 
 
こういうことってなかなか製作記事では
出てきませんね。そういうRNRも記事では
かいておりませんでした。・・・すみません!
 
簡単なものなので作ってみました。
 
竹の割り箸の先をカッターナイフで
割れ目を入れます。
 
その間にたまごラグを差し込んで
適当にニッパーでカットします。
 
割り箸からはみ出たところもカットします。
 
ボンドで割り箸とたまごラグを固めます。
 
固まったところで、先を幅2mm程度に
ニッパーできります。
 
ヤスリをかけて形を整えて出来上がりです。
 
竹の割り箸はカップめんを買った時
セブンイレブンで頂いたもの
 
たまごラグは薄いブリキ板なら何でも
大丈夫でしょう。
缶コーヒーの缶を使っても良いですね。
 
こんなものでもあると便利です。
 
 
 

開く コメント(3)

イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
FCZコイルの製造中止が発表されました。
しばらくの間は流通在庫で入手は心配ないと
思いますがいずれ入手できなくなると思います。
 
FCZコイルは無線機の自作には欠かせない標準パーツ
ですから、なくなることは一大事です。
 
先日、秋葉原の千石電商本店の地下で
AMZコイルというものを見つけました。
 
これがFCZコイルの代用に出来そうだということは
こちらの記事で紹介しました。↓
 
 
とりあえずは代用品が見つかり
胸をなでおろしました。HI
 
また、サトー電気ではFCZコイルと同様なボビンを
販売しておりますから、自作することも出来ます。
 
コイルの巻き方については
拙著「手作りトランシーバ入門」の52ページに
紹介してあります。
 
コイルの自作が出来るとコイル代が節約できて
コスト面でも助かりますから、巻けるようになると良いですね。
 
コイルまで自作すると出来上がった自作機に
対する感激がより増します。
 
コイル巻きは最初は難しいかもしれませんが
2〜3ヶ壊すつもりで巻く練習すれば
大丈夫です。ぜひ、チャレンジしてください。
 
FCZコイルが入手出来なくなったら
トロイダルコアーで巻くしかないかな?と
考えていました。
 
たぶん、同じようなことを考えられた方も多いとおもいます。
 
そこで、トロイダルコアーを使った同調コイルの
巻き方を考えておこうと思います。
 
トロイダルコアーは巻き数さえ間違えなければ
ほぼ同じインダクタンスが得られますので
再現性が抜群にいいです。
 
しかし、コイルのインダクタンスが決まっていて
FCZコイルのようにコアー調整出来ませんから
トリマーと組み合わせることになります。
 
そこで、トロイダルコアーに巻いたコイルと
トリマーで同調回路のモジュール化を
やってみようとおもいます。
 
 
 
 
 
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事