JF3QNDのブログ

アマチュア無線、ラジオなどの話題が多いです

全体表示

[ リスト ]

大阪鉄道のはなし

富田林・河内長野市二市図書館連携講座の「わが町走る鉄道歴史がたり」の1回目の講座が富田林・金剛図書館で行われた。
イメージ 1
イメージ 2
講座内容は、現在の近鉄・南大阪線の歴史を阪南大学教授・渡哲郎先生が約1時間30分の時間で説明をいただいた。
イメージ 3
 
話は設立時代の1893年(明治中期)から始まった。 当時の南河内は最寄の駅は国鉄の前身・関西鉄道「柏原」駅だったようだ。 柏原まで徒歩で行きそこから大阪に出かけるという非常に時間のかかる移動であった。 そこで南河内にも鉄道網を敷設しようという機運が高まり、1896年に「河陽鉄道(かようてつどう)」が設立された。
 
初代社長は出水弥太郎(いずみやたろう)氏で資本金は30万円、免許は柏原〜三日市(現南海高野線)間の約17Kmであったが、1898年開業時は柏原〜古市間で営業を開始した。 開業当初は営業成績もよかったが、長続きはせず、開業1年で経営危機となった。
 
そこで1899年「河南鉄道(かなんてつどう)」を設立し、河陽鉄道の資産を引き継ぎ、河陽鉄道は負債処理だけの形態となった。 河南鉄道は経営改善を図り、1902年に長野(現在河内長野駅)まで延伸をさせ、高野鉄道(現南海電鉄)との接続を行い、輸送客が増えた。 また、蒸気働車を導入、運転費用も効率化が可能となり利益を生む鉄道会社となった。
 
転機となったのは、1917年河南鉄道社内で慎重派と発展派の激論があったが結局越井醇三(こしいじゅんぞう)氏が推す発展派の意見が認められ、同年に社長に就任した。 そして1918年道明寺・天王寺間の免許取得を果たした。 現在の近鉄南大阪線の阿倍野橋〜古市間の原型が生まれた。
 
1919年会社名を「大阪鉄道(おおさかてつどう)」と改称し、資本金を500万円に増資し工事資金とした。 1923年道明寺〜天王寺間が開業し、続いて道明寺〜長野間も電化工事が完了したが、資金繰りが厳しくなっていく。
大阪鉄道の主力は観光客であったが、非日常でありきわだった名所も存在しないため新たな観光地を求め、奈良の橿原神宮が最適と判断した。
 
1926年南大阪鉄道を合併し、古市〜橿原間の免許取得を得て、翌年着工となった。 また、橿原神宮駅(当時は久米寺という駅名であった)で吉野鉄道に乗り入れ、吉野の花見客を狙う。 しかし、橿原新線は山間工事のため建設費・2000万をかけ1929年(昭和4年)に開業させた。
 
この過剰工事費用が会社経営を圧迫させたが、「大阪電気軌道(おおさかでんききどう)」が資本参加となり、大阪鉄道は大軌の傘下となった。 しかし世は不景気で当時は大軌との合併は実現しなかった。 1932年大阪鉄道の社長に就任した佐竹三吾(さたけさんご)は大胆な経営再生を図る。 運賃の値下げや沿線開発を実行した。 このとき大阪鉄道にとって幸運なできごとが二つあった。 ひとつは大阪市営地下鉄が天王寺までの延伸を決めたこと、ふたつめは橿原神宮の皇紀と重なり、改修工事の工事人の輸送を担ったこと。 これらが吉となり、1940年(昭和15年)に配当金が出るほどに大阪鉄道は復活した。
 
しかし管轄の逓信省は鉄道会社の合併を促した。 大軌は「関西急行(かんさいきゅうこう)」という社名になり、1944年(昭和19年)大阪鉄道と南海電鉄を合併し、「近畿日本鉄道(きんきにほんてつどう)」が設立された。 その後1947年(昭和22年)に南海は独立し、現在のの近鉄となっている。
 
1930年から1940年当時の路線図
イメージ 4
以上が本日の講座内容であった。 普段利用している鉄道の歴史にはいろいろなドラマがあり、苦労があって今に至っているのがよくわかった。 こんな話を3年前に亡くなった父に話したら興味津々に聞いてきれたであろう。 父は1928年(昭和3年)吉野の下市に生まれ育ったので近鉄南大阪線はよく知っていたはずだ。 
 
次回は、3月16日に南海電鉄の歴史についての講座がある。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事