ゼフのフィ−ルド日記

地元の渓を中心に釣り歩くフライフィッシャ−。釣行記や自然観察日記を三河より発信。

フライフィッシング

すべて表示

益田川上流(2017.07.15)

今期二度目となる益田川の支流。前回と違うのは増水していること。 適度な増水は渓魚の活性を高めるのに役立っているものの、流心の水流の押され流れを跨いだ対岸や巻き返しにフライを流すことができず、やむを得ずポイントに近づくものだからそこに居るサカナを驚かしてしまうことになる。 今回入渓したのは落差のある上流部だけに、なおさら技術を試されることになる。 でもこんな所で釣れるイワナは尾鰭が大きく、野性味あふれる魚体を持ち合わせているから楽しいものだ。 そうは言うものの、さらさらと流れる開けた下流部で釣れるイワナも色白でぷっくりした体形も捨てがたい。 午前10時から午後6時まで、途中2時間ほど休憩をはさみ釣り続けて、何とか”ツ抜け”をしたものの相変わらずの未熟さを痛感した一日でした。 「オメエのすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

クモマツマキチョウ(2013.01...

2013/1/12(土) 午後 2:40

昨年末の大掃除で処分した『TSUISO(ツ−イ−ソ−)』 昆虫界唯一の週刊誌(チョウに関する記事が中心)?として1975年に発刊した。ツ−イ−ソ−(字一色)とはご存知、字牌のみで四メンツ揃えた麻雀の役満手だ。 その名前どおり、発刊当時はすべて手書きの字一色だったことから、このタイトルが付いたのだという。 どなたにも経験があると思うが、こういっ ...すべて表示すべて表示

シボリアゲハ

2011/11/12(土) 午後 9:04

先日、78年振りに発見された”ブ−タンシボリアゲハ”を日本の調査隊が発見したことをNHKのニュ−スが伝えた。 もうずいぶん長い間、この世界から離れているけれど虫を囓った人ならば気になるところ。 種名のBhutanitis(ブ−タニテス)属は4種類が知られるが、最後まで生活史がわからなかったのがこのブ−タンシボリである。 久しぶりに我が ...すべて表示すべて表示

アカウオ(2010.11.07)

2010/11/23(火) 午後 3:27

もうずいぶん前のことですが乗鞍から帰る途中、奈川で釣りをしていた人に釣果を聴いた事があった。 その釣り師の方はイワナ3匹にアカウオを20匹ぐらい釣ったといっていた。 その釣り師の話によれば”アカウオ”とは、木曽地方の特産品で、古くは天皇陛下にも献上したという大変美味しい魚だという。 当時はインタ−ネットなど無く、アカウオの正体を調べることが ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事