ゼフのフィ−ルド日記

地元の渓を中心に釣り歩くフライフィッシャ−。釣行記や自然観察日記を三河より発信。

フライフィッシング

すべて表示

シ-ズン最終釣行 益田川上流(2017.09.30)

最終日にはアマゴ・イワナそれぞれの顔を見納めておきたい。 予想される釣り人の集中を避けるために選んだのがここ、益田川の支流 ここ数日の冷え込みで10:00入渓時の水温は11℃。 サカナがドライフライに出るか不安が過ぎるなか、大きなプ−ルから婚姻色をまとったアマゴが飛び出した。 同じプ−ルの流れ出しでは25cmのイワナも出た。 フライフィッシングを初めて20年が過ぎた。 相変わらずのキャスティングではあるが、何とかサカナの顔を観ることができるようになった。 今日一日は日没まで渓魚達と遊ぶつもりだったけれど、太陽が遮られた谷に吹く風はあまりにも冷たく、サカナからの反応も無くなった。 それでもシ−ズンの最終釣行としては満足の一日を過ごすことが出来たことに感謝し、ロッドを収めることにしますすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

クモマツマキチョウ(2013.01...

2013/1/12(土) 午後 2:40

昨年末の大掃除で処分した『TSUISO(ツ−イ−ソ−)』 昆虫界唯一の週刊誌(チョウに関する記事が中心)?として1975年に発刊した。ツ−イ−ソ−(字一色)とはご存知、字牌のみで四メンツ揃えた麻雀の役満手だ。 その名前どおり、発刊当時はすべて手書きの字一色だったことから、このタイトルが付いたのだという。 どなたにも経験があると思うが、こういっ ...すべて表示すべて表示

シボリアゲハ

2011/11/12(土) 午後 9:04

先日、78年振りに発見された”ブ−タンシボリアゲハ”を日本の調査隊が発見したことをNHKのニュ−スが伝えた。 もうずいぶん長い間、この世界から離れているけれど虫を囓った人ならば気になるところ。 種名のBhutanitis(ブ−タニテス)属は4種類が知られるが、最後まで生活史がわからなかったのがこのブ−タンシボリである。 久しぶりに我が ...すべて表示すべて表示

アカウオ(2010.11.07)

2010/11/23(火) 午後 3:27

もうずいぶん前のことですが乗鞍から帰る途中、奈川で釣りをしていた人に釣果を聴いた事があった。 その釣り師の方はイワナ3匹にアカウオを20匹ぐらい釣ったといっていた。 その釣り師の話によれば”アカウオ”とは、木曽地方の特産品で、古くは天皇陛下にも献上したという大変美味しい魚だという。 当時はインタ−ネットなど無く、アカウオの正体を調べることが ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事