ゼフのフィ−ルド日記

地元の渓を中心に釣り歩くフライフィッシャ−。釣行記や自然観察日記を三河より発信。

フライフィッシング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

6月の週末は天候にも恵まれ4回目の釣行となりました。

先週はたっぷりとイワナ遊びをしたせいか、こうなるとアマゴの顔が見たくなる。
中津川にある「釣り具のしず」さんで情報を得るも本日の予定であった、付知川の支流群は最近禁漁となったということだった。

先週の雨で渇水を脱出したかと思いきや、この地方の降雨量は少なく以前の渇水状態に戻っているようだ。

ここまで来たからには帰る訳にもいかず、つり人社の「いい川」に紹介されている乗政川に決める。

数年前に一度だけ来たことはあるものの、その時の印象と同じく魚影は薄くサイズも小さく、何より一級ポイントからはほとんど反応が無い。

入渓者が多く場荒れしているのか、そもそも魚影が薄いのか?

唯一、反応があるのは暗い岩陰や落ち込み脇の小さなスポット。

そんな場所にしつこくフライを浮かべると小さなイワナが反応する。
フライを喰い損ねることが多く、完全に消し込まれてから合わせを入れると何とか20cmクラスが釣れて来る。

こんなスポットだから釣れて来るイワナはすべてが真っ黒な魚体。
ただ、思惑どおりに釣れた時はそれはそれで結構楽しいもので、失敗と成功の繰り返しに何だかサカナに遊ばれた一日でした。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

ここ数年通い続けている益田川上流域。

飛騨川に合流する秋神川や青屋川を中心に釣り上がるものの、毎年新しい支流を探すのも楽しみの一つ。

何といっても本日は平日、まずは青屋で泣尺イワナ。ここまでは例年通りの筋書きですが、気合の車中泊で翌日に続くのであります。
イメージ 1


そして翌日、今回初めての支流へと入渓。川と道路が並走しているが谷は意外に深く、入渓が見当たらず何とか踏み跡をみつけて川へ降り立ったのは14:00を少し過ぎた頃。

最初の一投でサカナが反応するもフッキングに至らず、それでもサカナが居ることが解り一安心。

数メ−トルを釣り上がったところで19cmのアマゴがヒット。
続けて23cmのイワナを追加。魚影も濃く快調に釣り上がります。

100mほど釣り上がったところで明らかに今までと違う大きな頭が水面を割った。残念ながらこれは空振りに終わるもよく見るとヒラキに大きな魚影が二つ。明らかに尺は超えている。

そういえばここは上流に養魚場があると聞いていた。恐らくそこから逃げたサカナであることは察しがつくが、ここは釣り師の悲しい性(サガ)なのか、目の前の尺クラスを見逃す訳にもいかず、とりあえずドライフライを投げる。

数投目で一匹が激しく飛び出した。強烈な引きに久々のリ−ルファイトまで楽しみ取り込んだのは比較的鰭の綺麗な尺二寸イワナ。
イメージ 2

長いやり取りでティペットに巻かれてしまいましたが。

その後もアマゴと綺麗な居着きイワナを何匹か取り込んだものの、大イワナのことが頭を離れず釣れてもネットを使うことも無く即リリ−ス。魚影自体もすこぶる濃い。

このまま帰る訳にもいかず、再度下流より入渓。
案の定、今度は尺三寸の逃げイワナ。

更に二時間ほど釣り上がると、先ほど尺二寸を取り込んだプ−ルに来た。
遠くから目を凝らし覗きこむと、1mほどの水深の底に特大の魚影を発見。管理釣り場以外ではお目に掛かれないほどの大きさがある。


ティペットは5Xに張り替えた。フライはアピ−ル性の高いイワイイワナの#10に替えた。リ−ルファイトを想定してラインはあらかじめ巻き取った。

大事な最初の一投。

フワリと浮いてきたが、直前のドラッグにより反転した。

そして7投めにしてついにフッキング。今での尺サイズとは明らかに引きが違うし、何度か対岸の柳にまかれそうになった。それでも今日は尺慣れ(笑)しているせいもあって何とかネットに収めた。

サイズを測ると尺五寸。リールとほぼ同じサイズの頭部、まるで鮭のような大イワナ。

イメージ 3

普段は「やれネイティブだとかヒレピンだとか」言っているのに、目の前の逃げイワナに熱くなっている自分はやはり三流フライフィッシャ−なのでしょうか?

この記事に

開く コメント(0)

長良川上流(2017.06.10)

本日「釣り人社から発行されている「岐阜渓流いい川」に紹介されている長良川上流の鷲見川。

この本で紹介されている入渓点の鷲見大橋付近は有名河川ということもあり、橋の上からでも数名の釣り人が確認できる。
こんな時は、餌釣り師が帰った夕方に釣り上がるのが良いのだが本日は大気の状態が不安定とのことで午後からの釣りが難しい状況。
仕方なく鷲見大橋から一キロほど上流の部落より入渓。

このあたりは河川工事が進んでおり、掘り起こされた石の間を水が流れ、おまけに水量も少なく期待外れ。それでもせっかくなので、好ポイントのみ叩き上がることにする。

予想どおりサカナからの反応は薄く、時より出るのはどう見ても放流サイズ。
水量は益々少なくなり、場所を変えようと思いここが最後の堰堤下のポイントと決める。
何投目だっただろうか?本日初めてまともなアタックがあり、ティペットに巻かれたままランディングしたのは21cmのアマゴ。サイズは小さいものの魚体も美しく何とか"オデコ”をを免れた。
イメージ 1



渇水の影響なのか、朝の低気温のせいなのか?相変わらず反応はイマイチ。こんな時渓魚は白泡の下でジッとしているのか?

セオリ−どおり白泡付近を何度もトレ−スすると、ついに出ました。フッキングと同時にジャンプを繰り返しニジマスかとと思ったものの、無事にネットに収まったのは27cmの幅広アマゴ。
イメージ 2


どう見てもここはイワナの渓であるのに、何故か今日はアマゴばかりが掛かる。

渓流釣りには良くある事なのですが、明らかに今日はアマゴ日和ということでしょうか?

この記事に

開く コメント(4)

平谷川(2017.06.04)

本日は赴任先の中国から一時帰国した釣り友と長野県の最南端に位置する平谷村への釣行です。
イメージ 1

この数日は涼しさを通り越し、ここ平谷の最低気温は4℃と漁協の監視員さんは言っていました。

さて、この平谷川漁協管轄の河川は花崗岩で形成された柳川と、平谷峠を水源とする入川。
両河川とも魚影の薄いことが最大の特徴かな(笑)

ただ、入川は上流部に管理釣り場があってニゲマスやニゲブラウンも時々釣れることから、連日入渓者があるようです。

開けた河川は比較的ロッドも振りやすいことから、個人的にはフライフィッシングにはオススメ河川なのですが。

対象魚はアマゴ、イワナ、ニジマスにブラウンが釣れることもあり、サカナのコンデションさえ拘わらなければ結構楽しめます。

まずはアマゴ
 例年12月に稚魚放流され釣れて来るサカナはすべて綺麗です。この時期は速瀬に入っていて、ここから釣れるのはすべてアマゴと考えていいでしょう。
ただし、サイズは18〜20cmといったところか。毎年3月、4月、8月に成魚放流をするようですが、ここの成魚の鰭はボロボロです。
ヒレピンが釣れればそれは稚魚から成長したものか、自然再生のサカナでしょう。
イメージ 2


次にイワナ
 居着きのイワナにアメマス系のイワナまで混ざりサイズは30cmを超えることも。
ただし、大型魚はアメマス系で、管理釣り場からの落ちたサカナのようです。イワナらしく影のあるポイントや巻き返しから出ることが多いですが、小型はサラサラと流れる浅瀬のひらきにも定位しています。
イメージ 3


そしてニジマス
 比較的高確率で釣れますが、痩せた個体が多く自然河川で生きていくことが難しいのでしょう。
ただ、フッキングと同時にジャンプを繰り返すヤツも居てそれなりに引きを楽しむことができます。

 水深が40cm以上あり、やや緩い流れを好むようです。
サイズは23〜30cmがアベレ−ジ、もちろんニゲマスですの鰭の丸い個体も多くいます。
イメージ 4


魚種によって生息場所が違う為、フライを流すポイントも広く”渓流のフライ道場”ととしては最適かも?

因みに昨年は柳川との合流点下流で57cmのブラウンも釣れたようです(監視員談)

この記事に

開く コメント(0)

このところの年中行事となった石徹白川釣行。毎年この時期を選ぶのは雪代が落ち着き、ドライフライへの反応も良くなり、いつも安定した釣果に恵まれることだ。

いつものようにここ石徹白の最大人気スポット”大進橋”下流のプ−ルを覗いてみる。
今日は平日ということもあって、釣り人が陣取っていることも無い。
イメージ 1


水面を目を凝らしてみていると、流れ込みからのバブルラインで、小さなモジリを発見。
少しづつ距離を詰めながら#14のパラシュ−トフライをライズポイント2m上流に投げ入れる。

フライが1mほど流れたところで、フッとフライが消えた。

一年振りに使う竹竿を大きく曲げ、独特のロ−リングを繰り返す事から”良型アマゴ”と推測できた。

期待したほどのサイズでは無いものの、本流育ちの幅広アマゴらしくよく引いてくれました。
イメージ 2


午後からは、いつものイワナ巡りの予定だったが、陽が射したかと思えば、どしゃ降りの雨。
そんな天気の繰り返しに翻弄されつつも21〜25cmのイワナ数匹に遊んでもらい初日の釣りは終了となりました。

そして翌日、寒気が入ったことでこの時期としては異常なほど寒く、水生昆虫の姿も無く早々と撤収とあいなりました。


この時期の石徹白攻略方は、気温が高く水生昆虫がハッチしている状況であれば、落ち込み脇や反転流を攻めるべき。明らかに平均サイズはアップする。

ところが今日のような低気温ではそんな場所から飛び出すサカナは少なく、水底にジッとしている。

こんな時は、水深が浅くフラットな流れをトレ−スしていくと相手をしてくれるイワナはいるようです。
ただしサイズは少し落ちますが!
イメージ 3

朝の気温は13℃、それでも数匹のイワナが遊んでくれました。

この記事に

開く コメント(0)

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事