ゼフのフィ−ルド日記

地元の渓を中心に釣り歩くフライフィッシャ−。釣行記や自然観察日記を三河より発信。

フライフィッシング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

中津川(2019.06.22)

本日の天気予報は大気の状態不安定、急激な雨に注意とある。
こんな時は安全に川から撤退できる里川がいい。

ここ中津川市内を流れる中津川は花崗岩で形成された川だけに、地質が脆く河川工事が進んでいる。
堰堤続きの景観は今一つではあるものの、障害物も無くある意味フライフィシング向きともいえる。

イメージ 1

フラットな流れは表層の押しが強く、ドライフライを流す場所は少なくおまけに数十メ−トル間隔で堰堤が現れ、これを巻くのに一苦労。

それでも小さなタルミで綺麗なニジマスが反応してくれて何とかこの川で一匹確保。
数回のジャンプを繰り返し、ロッドを大きく曲げ引き味だけは楽しませてもらいました。

イメージ 2


決して魚影が濃いとはいえず、早々に撤収し、川上川へ転戦。
ここでは仔アマゴ数匹に相手をしてもらい、本日の釣りを終えました。

開く コメント(0)

巴川支流(2019.06.02)

今シ−ズンの渓流用に購入したCampanellaさんの#2ロッド。
硬からず柔らからず、バットもしっかりしているに何より20cmクラスのサカナでも掛けてからのやり取りが楽しい。

本日はそのロッドの感触を味わうため、我が家から最も近い渓流釣り場、巴川の支流にやって来ました。

ただし、このあたりの河川はシ−ズンが深まるとアマゴの数は極端に減るから、今日は恥ずかしながら上流の管理釣り場から逃げ出した”ニゲマス"で釣味を楽しむ魂胆だ。

放流直後のニゲマスはフライへの関心は低く、本来はエッグフライなんかを沈めて釣るのが釣果を得る近道なのですが、本日は少し野性味を取り戻したサカナをドライで狙ってみる。
イメージ 1
少し水深があって、ゆっくり流れるこんな流れに入っているやつは時々ドライにも飛び出してくる。

泡が連続して流れるあたりにエルクヘア−カディス”#12を浮かべれば狙い通りのアタック。

掛けた瞬間から三回のジャンプを繰り返すことからニゲマスに違いない。

大きく弧を描くロッドの感触を味わいながらランディング。
イメージ 2


相手はニゲマスながら、こんな思惑どおりの釣りも楽しいものですね。

開く コメント(2)

飛騨川上流(2019.05.30)

イメージ 1

このところのホ−ムグラウウンドでもある飛騨川の支流。

いつ来ても期待に応えてくれるこの川も前日の冷え込みと乾いた晴天のせいか、本日はサカナの反応も極めて悪い。

午前10時の入渓から2時間釣ってドライに反応したイワナはわずかに一匹。

ほとんど水の動きの無い場所からフライを咥えた。

こんな日は何をやっても結果に結び着くことはなく、しいていえばひたすた釣り続けること。


午後二時を過ぎたころにフライに飛び出したイワナは本日の最大寸27cm。

もう少しシ−ズンが深まってから出直します。

開く コメント(0)

石徹白川(2019.05.24)

ここ数年の恒例行事となった石徹白川。

だだし、前年と大きな違いはいつも最初に入渓する大進橋の上流200mが禁漁区になっていたこと。
イメージ 1

この付近は瀬続きになっていて、入渓者が多いものの必ず数匹のイワナが相手をしてくれる。

今回は橋の下流でイワナとヤマメを各一匹取り込み久しぶりにC&R区間へ。

スキ-場下やキャンプ場あたりはすでに人影も多いことから、今まで釣ったことのない上流部へ入渓。

入渓点にはこのあたりの流れとしては、やや大きめのゆったりと流れるプ−ルがあり、何匹かのイワナがライズを繰り返している。

ただし、以外に手強く最初の一匹を釣るまでに20分を要してしまった。

イメージ 2



そういえば何時からかC&R区間では釣数制限が設けられている。
又、ランディングネットの網目は10mm以下であること等規則がある。

7匹目を釣ったところで、一旦ここを離れ本流へ。

そして夕刻に再びC&R区間に戻り、予定通りの10匹で本日の釣りを終えました。



全国に広まったC&R区間設定もこの地方では太田切川や西野川など継続できなかった河川も多い中で、今も様々な工夫と努力で継続している峠川。
ル−ルは守りたいものです。

開く コメント(2)

長良川支流(2019.05.11)

GWも過ぎ渓流もドライフライの釣りが最盛期を迎える。

平坦な里川の釣りから、木々に覆われた渓流は新緑の美しさもあり、爽快な気分だ。

ただし、久々の小渓流でフライを木の枝に取られたり、ティペットの絡み等で多少のストレスも。

本日の予定である、シ−ズン初イワナも手にすることが出来、まずまずのアマゴも取り込んだ。
イメージ 1


そして本日の目的である長良川本流でメタボなアマゴを釣り上げる事。

イブニングライズを待ち続けるも水面に変化は無く、唯一20cmサイズのアマゴがジャンプしたのみ。
ただ、その魚体はまるでフナのような体高。

大型のドライを流すもウエットで釣り下がるも何の反応も無く、日没となりました。

イメージ 2

イブニングの本流

開く コメント(0)

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事