ここから本文です
ユニークな山登りのブログ始めました!

書庫全体表示

日時:2014年2月1日

コース:金沢浄水場→尾根取付き→女火山→男火山→牧場→林道分岐→金沢浄水場

イメージ 1
                           (岩手県)

イメージ 2
林道は金沢浄水場まで除雪されていました。積雪は50㎝位でしょうか

イメージ 3
 今回は、林道先の左側の尾根から取り付き女火山へ行き、男火山を登った後に右の尾根を下って来ます

イメージ 4
 尾根に取付くのに、林道を200m位右カーブした所まで歩き、小沢を登り尾根に出ました

イメージ 5
 女火山への尾根は、南側は植林地で北側は灌木林になっていますので、その間を登りました

イメージ 6
植林林が終わると灌木の籔が濃くなって来ました

イメージ 7
 女火山(めんびやま)山頂手前の南斜面です。ここは灌木が無く展望が良かったので東側の山々が望めました

イメージ 8
 女火山(めんびやま)山頂手前から振り返り見る、登って来た東側の尾根です。遠景は六角牛山〜片羽山方面です

イメージ 9
 女火山(めんびやま)山頂手前から振り返り見る、登って来た東側の尾根です。遠景は愛染山〜五葉山方面です

イメージ 10
女火山(852m)山頂には山名が書かれたプレートが有りました

イメージ 11
女火山から眺める男火山です

イメージ 12
 尾根鞍部から眺める男火山です。女火山から男火山までは展望の無い藪尾根を歩きます。また鞍部付近には小さな雪庇が出来ていました

イメージ 13
尾根鞍部から振り返り見る、女火山です

イメージ 14
男火山(おんび)山頂手前の南斜面にも開けた空間が有りました

イメージ 15
男火山への山頂部です。雪が深いです

イメージ 16
男火山(おんび・878m)山頂にも山名が書かれたプレートが有りました

イメージ 17
 男火山(おんび)山頂から眺める北側の稜線です。遠くは物見山です。男火山の山頂付近は展望が良く、場所を変えれば360度の展望が有りました。また山頂から北側に雪庇が出来ていました

イメージ 18
男火山から眺める北側の貞任山です。遠くに早池峰が見えます

イメージ 19
男火山から藪を漕いで北側の住田牧場のコルに下ります

イメージ 20
 住田牧場のコル付近には高さ10m位の雪庇が出来ていました。北上山地では珍しいです。牧場にする為、灌木などを伐採し障害物が無くなってので、風下に出来た人工的な巨大雪庇でしょうか。スキー場付近でもよく見る風景ですね

イメージ 21
 雪庇の上から振り返り見る、男火山です。コル付近の雪は乾燥雪で風雪地帯は硬かったので歩くのに楽でした。※雪庇の先端にはいけません

イメージ 22
 振り返り見る、男火山とコル(住田牧場)付近に出来た大きな雪庇です。コル付近は風が強く、東側の牧場の雪が飛ばされて巨大雪庇になっています。コルからの下山は雪庇の小さい所を崩して下り東尾根に乗りました

イメージ 23
 東尾根の下りです。東尾根は分岐していて分り難いのでGPSで確認しながら灌木の尾根を下り、出発した金沢橋に出ました

イメージ 24
 金沢浄水場付近へ戻って来ました。今回は雪が思いのほか多く有り、藪も埋まっている所も多く、歩き易かったので早く回れました。この後、住田町の母衣下山へ移動します

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事