ここから本文です
大型GWは4月28日(日)〜5月6日((月)までおやすみさせて頂きます。

書庫全体表示

記事検索
検索

全233ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

5-D総会に参加

昨日の午後(症例検討会)、今日は朝から所属している5-Dというスタディーグループの総会に参加してきました。当院の的場、望月先生、歯科衛生士5人も一緒に参加です。日々、スタッフ共々診療の向上を目指しております。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 1

駒沢パークサイド歯科口腔外科の竹味です。
2月11日(祝)に日本歯科大学で行われたOJミッドウィンターミーティングに行ってきました。
インプラントの臨床家によるミーティングです。臨床医はただ漠然とないところにインプラントを入れるというような単純な仕事をするだけでなく、長期的に安定し患者さんが満足を得られるためには常に新しいことを勉強し自身のスキルを高めていかなければなりません。インターネットばかりで誇大な宣伝をし数ばかり集めている商業主義なDrはあまり勉強会やスタディーグループに入っていないような気がするのが私だけでしょうか?

開くトラックバック(0)

待合室に花

イメージ 1

駒沢パークサイド歯科口腔外科の竹味です。
受付周りが寂しかったのでお花を飾りました。もうすぐ春ということで春のお花で。
お花とガラスの花瓶は医院前の寄せ植えと同じ駒沢公園通りのエンヤズガーデンさんでお願いしました。
とってもいい香りがしますよ。

開くトラックバック(0)


外傷やう蝕などで歯が骨と同じくらいかその下までなくなった場合は生物学的幅径※が破壊されているので恒久的な歯周組織の維持ができなくなるので抜歯が適応となります。
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_17
※ 生物学的幅径の図 (参考文献 コーエン審美再建歯周外科カラーアトラス)

 下の写真の患者さんは交通事故で上顎前歯を受傷し地方の口腔外科で応急処置を受けてから当院を紹介された20歳代の男性です。
X線写真は左右逆になりますが、右側中切歯は歯槽骨と同じ高さで横に破折、左側中切歯は歯冠中央で破折し紹介医にて抜髄処置を受けています。一般的に右上1番は抜歯が適応ですが、矯正的挺出(エクストルージョン)をして折れている部分を歯肉から出すことによって残すことにしました。
歯根は相対的に短くなりますが、天然の歯を使うことができます。抜歯してブリッジにすると隣の健全な歯を削らなければなりませんし、インプラントも今や安定した長期予後を得ることができますが前歯は審美性を求める場所なので臼歯部に比べ難しくなります。なので、もし挺出させて予後が悪くても挺出させたことにより歯根側の骨ができるのでインプラント埋入時に確実な初期固定を得ることができます。この様に当院では色々な技術を駆使してできるだけご自身の歯を残す努力をしています。
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_1
初診時口腔内
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_0
初診時X-P

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_4
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_5
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_6
破折した歯牙、口腔内写真

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_2
左右上顎中切歯の根管治療終了後X-P

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_7
矯正的挺出開始時口腔内写真
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_8
仮歯をつけた状態

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_3
矯正的挺出終了時X-P。 根管治療終了後X-Pより右上中切歯が挺出できたのがわかります。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_10
矯正的挺出終了後、骨が歯に一緒についてきていてこのままだと隣の歯と歯肉のラインが合わなくなり審美的に問題が残ります。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_11
隣在歯と歯肉のラインを合わせるためにクラウンレングスニングという方法で隣在歯の骨と同じように骨を削除します。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_12
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_13
カーボンファイバーとレジンでコア(支台)を作成し仮歯で歯肉が落ち着くのを待ちます。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_14
数ヶ月後の歯肉の状態。まだ赤みがあります。歯肉が落ち着いてきたら最終補綴物(ジルコニアオールセラミッククラウン)の型取りを行います。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_15
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/120903/85/65222185/img_16
最終補綴物(ジルコニアオールセラミッククラウン)セット時の口腔内写真。これで将来、残せなくなったらインプラントを選択します。

開くトラックバック(0)

駒沢パークサイド歯科口腔外科の竹味です。
お神輿を担いだ翌日から半纏をスーツに変え岡山で行われた日本口腔インプンラント学会学術大会に参加、勉強してきました。歯科の中では最も参加人数の多い学会で、おそらく4000人ほどの歯科医師が岡山に集まってきました。ですから、夜はお店の予約の争奪戦でどこに行っても歯科医師だらけでした(笑)。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/122592/89/65207189/img_0
岡山駅東口の大通りにはずっと学会の旗が飾られていました。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/122592/89/65207189/img_1

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/122592/89/65207189/img_2
「ももチャリ」という自転車を借りて昼も夜も移動。エコです。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-0c/jfhcq196/folder/122592/89/65207189/img_3

開くトラックバック(0)

全233ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事