ここから本文です
役立つかどうかは怪しいIBM Notes/Domino系の技術メモです。 (いわゆる免責はプロフィールにて)
 昨年(2016年)9月にさかのぼってのお話から。
テクてくLotus技術者夜会にて、
第3弾の「テクてく・カフェ」として「IBM Notes/Domino よ、この機能を「装備」せよ!」を開催しました。
簡潔にいえば、Notes/Dominoにこんな新機能が欲しいです、と語りあっていただく会です。

 Notes/Dominoは、例えば、ユーザー操作の痒いところへの手の届き加減は…表現や操作のバリエーションは、やや控えめに見ても、この製品からの移行を謳う大半の競合製品の、数倍でしょう。
 双方を体験した方には周知のように。
こんなことできる?と聞かれて、できない、となることが他製品より圧倒的に少ない、それどころか複数の案を提出できたり、最悪でも代替案くらいは提示できる。
こと、クライアント周りに関しては、例え開発手段をシンプルアクションと式言語に絞ったとしても、この面の優位は圧倒的でしょう。
 多くの競合製品が、むしろシンプルな構築を売りにしている側面があり、業務自体をシンプル化してもよい場合や、統合よりも業務ごとに専門ソリューションに切り分けたい場合など、単純に優劣をつけられないところもあるのでしょう。

とはいえ、長年使ってきた中で、いやいや、こんなところに手が届いて欲しいと思うところはみなさん多々おありでした。
私は話し合いには直接参加しなかった代わりに、ホスト役の特権で、自分はこんなのが欲しい、と、ひとつだけハリボテの絵を出しました。
イメージ 1

  時間もなかった中で、発想の中身は、予備知識のある一部のひとにしか分からなかったろうと思います。
改めてその発想を伝えるのに、こんな手段を取ってみては、と思うようになりました。

こういう将来図を描くのは、手をつなぐ相手であるWatsonさんへの理解としても合っていますか?




講演者が持ち上げてみせたのは、黒い、四角の箱

旅の秘密アイテムのひとつをお見せしたいと思います。
わかりますか?いわゆるノートパソコンです。

それは何となくわかったけど、知っているものより、ずいぶん四角張った印象である。海外のものかな?

当時のノートパソコンなんです。

(つづく)

書庫その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事