ここから本文です
役立つかどうかは怪しいIBM Notes/Domino系の技術メモです。 (いわゆる免責はプロフィールにて)
6月のこの回、スライドの枚数はいつもより多めですが、私のスライドはページ当たりの情報量が薄く、やたら大きなコマわりでページ数を稼いでいた一部の少年マンガのようなもの、さほど中身は濃くありません。
@関数Talkとしては13回目。
@@-notes knows community- 2019/06/13?ƒ??‚??‚¢?‚??‚·?‚¹? ??¼?¼???¾?€€?˜??ƒ¨??(tw:) @abesat@?–¢?•°Talk?¬¬13?›? ?…¬?–‹?‰ˆ

DEFAULTキーワード

私は、過去の開発・改修で、使ったことも、見かけたこともなかったので、
会場の皆さんも使ったことないでしょう?、
という予想をして臨んだのですが、IBMチャンピオン以外にも、「あ、そういえば使ったことある」何名かの手が上がりました。

関数の使い方として、ヘルプには3つ挙がっているのだけど、そのうちの1つしか実際の用い方を見つけていないというのが私の現状です。

また確認できた使い方も、式の組み立てがより簡潔になるという以外の活用が見つからないかな、というのを引き続き探したいと思います

Let(LotusScript)

脱線してロータススクリプトの話をしました。
実は、ロータススクリプトでの変数の代入にはLetというステートメントが隠れているというお話。
多くのベテランの方には既知だったのかもしれません(私は知らなかったけど)。とくに、VBに詳しい方にとっては。
(ロータススクリプトはVBに準じた仕様で作られているので)

@Platform

このPCのOSは何?このサーバーのOSは何?というのを、見分けることができる関数なのですが…
いま現在、変な特徴を持った関数といえそうです。
スライドに出しましたように

・現状、古いバージョンしか表示できないOSがある(Windows)

その一方で

・サポートされたばかりのデバイスに対応している(iOS)

iPadで利用できるNotesのクライアントアプリ「IBM Domino Mobile Apps」は、この(2019年)4月にようやくリリースされたアプリです。
「のの会」会場では、吉田さんに実機で見せていただけましたが
きちんと「iOS」が表示されるのを確認できました。

なお、こちらに書きました背景によるのですが、前回からNotesの検証には、10.0.1 英語版を使用しています。今回切り出しているDesignerのショットのように、製品画面は当面、英語版での提示になると思いますので、ご了承のほど…。

書庫その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事