ここから本文です
役立つかどうかは怪しいIBM Notes/Domino系の技術メモです。 (いわゆる免責はプロフィールにて)

書庫全体表示

こちらは3月開催の「のの会」でのスライドとメモ。「@関数Talk」としては10回目です。


@Middleと@MiddleBack

2月に、「文字列の左右を取り出す関数」を扱いました。
そうなると、親類である「文字列の途中を取り出す関数」もつづきとして見ておかなきゃなと、ここで出してみたのですが、スライドで触れてるように私もあまり使った記憶がありません。

「左右を取り出す関数」を複数組み合わせれば、代替できてしまうせいか、この2つの関数を使ったことがある方、会場にもあまりいなかったように思います。
特に@MiddleBackを使ったことのある方はNotes開発者でも少数では。というのは、スライドに出した「不可視文字」の件、みなご存じなくて大ブーイングでした。

@Statusbar

には、なぜかクロスリファレンスが載っていないのですが、
この関数にはLotusScriptでいえばprintが相当すると思います。

私は、printのほうは以前から知ってたのですが、printのヘルプにもやはりクロスリファレンスがなく、@Statusbarのほうを長らく知りませんでした。。


メッセージを出す関数です。が、プロンプトが出るわけではなく、ステータスバーに指定のメッセージが表示されるだけです。
「目立たない」という宿命をかかえています。

printのほうは、かつて、sleepと組み合わせることで点滅させるという目立ち対策の方策案を提示したことがあります。

実はtalkの準備段階では、同じような目立たせ方を@Statusbarでできないかな?と調べていたのですが
式言語にはsleepに該当しそうな@関数が見つからず断念。とはいえ今でも探索中です。

そもそもこの関数では、複数値を表示できることが提示されています。が、例えば
@StatusBar("A": "B": "C": "D": "E": "F")
やってみると実質確認できるのは最後の"F"のみ。複数扱える意味は?とこれまた模索中です。

なお、スライド中でも触れたように@Middleと@MiddleBackについては、準備の時間切れで中間報告のようになってしまいました。
第2弾のお話は、1回置いて、5月の「のの会」にて。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事