ここから本文です
役立つかどうかは怪しいIBM Notes/Domino系の技術メモです。 (いわゆる免責はプロフィールにて)

書庫全体表示

5月の「のの会」では、2つ前の回でやり残した感を持っていた「@Middle」「@MiddleBack」について改めて各引数の組み合わせパターンを確認しました。
@関数Talkとしては12回目。

@@-notes knows community- 2019/05/08ネオアクシス株式会社 阿部覚(tw:) @abesat@関数Talk第12回 公開版

3回にわたって「@Right」「@Left」「@Middle」と、それぞれに「Back」がつく名称の関数を扱いましたが
当初思っていたほど各関数間の動きに統一性をみつけられておらず、しかしまだ何か最小公約数的な説明のつけようがあるのではないか、
というのをまだ気にしています。

発見したことを"@Randomに"、順次報告してゆくスタイルをとっているせいもありますが、初めから6つの関数の動きを押さえたうえでトークを開始していれば、この3回分はもっとわかりやすい構成になったろうと思いまが、とりあえずはおゆるしください。

なるだけ共通の考え方で、もっと短く胸に落ちやすい解釈を見つけ、将来改めて説明できたとしても、@MiddleBackの不可視文字君だけは、例外として扱うしかなさそうですけど♪

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事