ここから本文です
役立つかどうかは怪しいIBM Notes/Domino系の技術メモです。 (いわゆる免責はプロフィールにて)

書庫全体表示

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Notes/Dominoと、かかわる人々にとって、2019年7月は、17年ぶりに変化の7月でした。

17年前の2002年7月、製品の母体がLotusからIBMに変わりました。
日本での実感を申せば、このとき、そんなに変化した感はなかったです。
製品名は「Lotus Notes」「Lotus Domino」のまま。
当時、五反田にあったLotus社のビルへの出入り機会が多かったのですが、Lotus社でなくなってからも、ビル看板のかけ替えもなく、外目にはここがIBMであるとはわからない状態のまま、しばらくここでの業務が継続されいました。

「Lotus」の呼称は、IBMのいちブランド名として維持されました。


10年以上後になって、製品名が冠するブランドは「IBM」だけになりましたが、「Lotus」は、まだ完全に無くなってはいません。「LotusScript」と、日本には「テクてくLotus技術者夜会」が残っており😉。

17年後のこの7月、製品の母体が今度はIBMからHCLに変わりました。今回はだいぶ外見上の変化を伴います。HCLに転籍された皆さんは、IBMのビルを離れ、仮オフィスに移られました。
製品名も、「HCL Notes」「HCL Domino」に変わったようです。

「IBM」の呼称は、HCLのいちブランド名として維持される…、なんてことも、常識的に考えると、なさそうです。


閑話休題。7月の第16回「のの会」における、第14回の「@関数Talk」では、そんな今昔の名前の変化とは直接関係ないものの、@Name関数を扱うことにしました。

@@-notes knows community- 2019/07/11?ƒ??‚??‚¢?‚??‚·?‚¹? ??¼?¼???¾?€€?˜??ƒ¨??(tw:) @abesat@?–¢?•°Talk?¬¬14?›?

前半は、そもそもNotes/Dominoが扱う「名前」の形って…?と、少し脱線。
「名前」「作成者」「読者」の3タイプのフィールドに共通の動作を、ややひねくれた観点から確認しました。

正しい適切な形式で設定されれば、
  • 内部データ上は「CN=」などの「構成要素名」がつく形
  • 表示上は構成要素名が略され隠されている形
というのが、この3種類の"名前型"フィールドの共通特徴といえるでしょう。

「@Name」の話に入ってからは、構成要素の取り出しを含む「アクション」のお話。
いま公式なヘルプを使って学ぶ人は、いきなり23種類のアクションを目にするため、この関数が少々入りづらいのではないかと思います。
そこまでアクションの種類が豊富でなかった昔のNotesエンジニアのほうが学習はしやすかったかも。
初心者にはやや高度で、自分が説明するのは難しかったのもあり、スライドでは触れなかったアクションの中には、電子メールの書式をあつかうものがあり、公式のヘルプにはRFC 821、RFC 822アドレス形式という言葉で説明していますが、それって何?はここでは分かりません。仕方なくネットで調べても、簡潔な説明はすぐに見つからず、わかるのは、今ではもっと新しい形式が存在することくらい。こういったあたりもほんとはここで躓かないよう、ヘルプをアップデートして欲しい部分です。
まずはスライドであげたNotesの名前形式で使用される構成要素と、それにまつわるアクションさえ認識いただければ、この関数の基本的なところは押さえられると思います。

6月のこの回、スライドの枚数はいつもより多めですが、私のスライドはページ当たりの情報量が薄く、やたら大きなコマわりでページ数を稼いでいた一部の少年マンガのようなもの、さほど中身は濃くありません。
@関数Talkとしては13回目。
@@-notes knows community- 2019/06/13?ƒ??‚??‚¢?‚??‚·?‚¹? ??¼?¼???¾?€€?˜??ƒ¨??(tw:) @abesat@?–¢?•°Talk?¬¬13?›? ?…¬?–‹?‰ˆ

DEFAULTキーワード

私は、過去の開発・改修で、使ったことも、見かけたこともなかったので、
会場の皆さんも使ったことないでしょう?、
という予想をして臨んだのですが、IBMチャンピオン以外にも、「あ、そういえば使ったことある」何名かの手が上がりました。

関数の使い方として、ヘルプには3つ挙がっているのだけど、そのうちの1つしか実際の用い方を見つけていないというのが私の現状です。

また確認できた使い方も、式の組み立てがより簡潔になるという以外の活用が見つからないかな、というのを引き続き探したいと思います

Let(LotusScript)

脱線してロータススクリプトの話をしました。
実は、ロータススクリプトでの変数の代入にはLetというステートメントが隠れているというお話。
多くのベテランの方には既知だったのかもしれません(私は知らなかったけど)。とくに、VBに詳しい方にとっては。
(ロータススクリプトはVBに準じた仕様で作られているので)

@Platform

このPCのOSは何?このサーバーのOSは何?というのを、見分けることができる関数なのですが…
いま現在、変な特徴を持った関数といえそうです。
スライドに出しましたように

・現状、古いバージョンしか表示できないOSがある(Windows)

その一方で

・サポートされたばかりのデバイスに対応している(iOS)

iPadで利用できるNotesのクライアントアプリ「IBM Domino Mobile Apps」は、この(2019年)4月にようやくリリースされたアプリです。
「のの会」会場では、吉田さんに実機で見せていただけましたが
きちんと「iOS」が表示されるのを確認できました。

なお、こちらに書きました背景によるのですが、前回からNotesの検証には、10.0.1 英語版を使用しています。今回切り出しているDesignerのショットのように、製品画面は当面、英語版での提示になると思いますので、ご了承のほど…。

5月の「のの会」では、2つ前の回でやり残した感を持っていた「@Middle」「@MiddleBack」について改めて各引数の組み合わせパターンを確認しました。
@関数Talkとしては12回目。

@@-notes knows community- 2019/05/08ネオアクシス株式会社 阿部覚(tw:) @abesat@関数Talk第12回 公開版

3回にわたって「@Right」「@Left」「@Middle」と、それぞれに「Back」がつく名称の関数を扱いましたが
当初思っていたほど各関数間の動きに統一性をみつけられておらず、しかしまだ何か最小公約数的な説明のつけようがあるのではないか、
というのをまだ気にしています。

発見したことを"@Randomに"、順次報告してゆくスタイルをとっているせいもありますが、初めから6つの関数の動きを押さえたうえでトークを開始していれば、この3回分はもっとわかりやすい構成になったろうと思いまが、とりあえずはおゆるしください。

なるだけ共通の考え方で、もっと短く胸に落ちやすい解釈を見つけ、将来改めて説明できたとしても、@MiddleBackの不可視文字君だけは、例外として扱うしかなさそうですけど♪

6月の作文にて恐縮ながら、こちらは4月の「のの会」の補足。

3月に行った@Middle、@MiddleBackのお話が中途だったので、4月は続きをやるべきじゃないの?と、思いましたが、一回休みとさせていただきました。。

平成最後を締めるべく、中野さんがNotes/Dominoの改元対応に伴う日時表示のお話をされ、
直接リンクしないものの、私のパートでも何となく日時関数のお話をさせていただきました。「@関数Talk」としては第11回。


@Createdと@Modified

「作成日」と「最終更新日」の@関数です。

いえいえ。

たしかに、メニュー上でも、そう表示している箇所があるけれど(スライドの4、5ページ目ご参照)
厳密には「作成日」と「最終更新日」ですね。

主として、「@Modifiedをフォームで使用した場合に、使い方によっては実際の更新日時とは違う値を出してしまうこと」にフォーカスさせながらお話しさせていただきました。一見おかしく思えるそのふるまいは、保存時の動作を考えた場合に、決しておかしな仕様とは言い切れないことも申し上げたかった次第ですが、そこまでうまく伝わったかな…。

関連して…
フォームに計算結果で置いた@Modifiedは、$Revisionsフィールドの最後の値と一致することに触れました。(スライド14ページ)
$Revisionsは日本語で言うなら「保存履歴」でしょうか。
この日参加していたコミュニティの大御所・御代さんから、
$Revisionsに触れるんなら、その「エントリー制限」にも触れようよ、というリクエストが。

@関数から少し外れますが
この作文で補足しますと、標準の設定では文書を保存するたびに履歴が追加され増える一方であるところ、
データベース(アプリケーション)のプロパティで保存する履歴のエントリー上限を設定することができます。
10にすれば最大10件。履歴が10件に達すると、以降は保存する都度、最も古い先頭の履歴が消され、10件に保たれます。

初期設定は0ですが、これは「履歴の数を制限しない」という意味です。

イメージ 1

したがって設定上は、$Revisionsに全く履歴を保存しない=0件にすることはできないわけです。
新規保存時を除き、最低でも1件は履歴が残ることになります。


最後に、「作成日」「更新日」に使用可能な式とフィールドの種類の組み合わせについて触れました。(スライド16ページ〜)
可能な組み合わせを一通り挙げたなかで、赤丸をつけているのが、私が適切と考えた組み合わせになります。

赤丸の基準については会場でもあまり触れませんでしたが、以下のようなところかと思います。
  • 「わかりやすい」
  • 「計算回数が少ない」
     …作成時の計算結果は1回しか計算しないので○
  • 「日付だけでなく時間も残る」…@Todayは時刻が残せません
  • 「サーバーの日時が取得できる」…@Todayは常にクライアントの時間になってしまいます。

なお、@Nowでサーバー日時を取得するためには、以前(第2回のトークで)触れた[SERVERTIME]引数の使用がひつようになります。

こちらは3月開催の「のの会」でのスライドとメモ。「@関数Talk」としては10回目です。


@Middleと@MiddleBack

2月に、「文字列の左右を取り出す関数」を扱いました。
そうなると、親類である「文字列の途中を取り出す関数」もつづきとして見ておかなきゃなと、ここで出してみたのですが、スライドで触れてるように私もあまり使った記憶がありません。

「左右を取り出す関数」を複数組み合わせれば、代替できてしまうせいか、この2つの関数を使ったことがある方、会場にもあまりいなかったように思います。
特に@MiddleBackを使ったことのある方はNotes開発者でも少数では。というのは、スライドに出した「不可視文字」の件、みなご存じなくて大ブーイングでした。

@Statusbar

には、なぜかクロスリファレンスが載っていないのですが、
この関数にはLotusScriptでいえばprintが相当すると思います。

私は、printのほうは以前から知ってたのですが、printのヘルプにもやはりクロスリファレンスがなく、@Statusbarのほうを長らく知りませんでした。。


メッセージを出す関数です。が、プロンプトが出るわけではなく、ステータスバーに指定のメッセージが表示されるだけです。
「目立たない」という宿命をかかえています。

printのほうは、かつて、sleepと組み合わせることで点滅させるという目立ち対策の方策案を提示したことがあります。

実はtalkの準備段階では、同じような目立たせ方を@Statusbarでできないかな?と調べていたのですが
式言語にはsleepに該当しそうな@関数が見つからず断念。とはいえ今でも探索中です。

そもそもこの関数では、複数値を表示できることが提示されています。が、例えば
@StatusBar("A": "B": "C": "D": "E": "F")
やってみると実質確認できるのは最後の"F"のみ。複数扱える意味は?とこれまた模索中です。

なお、スライド中でも触れたように@Middleと@MiddleBackについては、準備の時間切れで中間報告のようになってしまいました。
第2弾のお話は、1回置いて、5月の「のの会」にて。

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事